Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

緊急電話が入った日の夜の・騒動から

今から二週間前のこと・・夕方から出かける用事でバタバタしていた時に、家の電話が鳴り
ました。

「こちらは市立〇〇病院の救命救急センターの看護師××と、申します。
救急車で搬送された〇〇さんが、お兄さんの電話番号を伝えられたので、連絡します。
今日の午後7時から8時までの間、もしくは明日の夕方はまだ時間がはっきりしませんが、
患者さんの容体について、担当の先生から説明があるので、今日、明日のどちらかで来て
頂けますか?」と、一気に言われたのです。

「ごめんなさい。今、メモを取りますから。 もう一度、仰って頂けますか?」
私はそうお願して、確実にメモを取った…と、今でも思っている・・・(^^ゞ

その後で「それでは今日、伺います。本人は話が出来ないほど深刻な容体ですか?」
「いいえ、話はできますよ」と答えて下さったので、私は夕方の用事を済ませてから病院へ
向かったら「お名前の方は入院していませんよ」と言われてしまいました\(◎o◎)/?

病院名を聞き違えたって・・(@_@;)
看護師さんの説明を、私は復唱しながらメモを取ったはずなのに・・・(-"-)
先生からお話を伺う時間になっていたのに、病院が分からないって・・(-"-)

看護師さん・先生との約束時間が過ぎてしまっているのに、連絡することも出来ない(>_<)
焦りまくる気持ちを抱きながら、急いで自宅へ戻りました。

固定電話に、どこの病院から連絡がきたか分からない緊急・救急の知らせ。

そこから私のパニック状態の、混乱の2時間が始まりました(;_:)

市内の救急司令部・お客様相談窓口へ、事情を話して「救急搬送された方を調べて頂けますか?」と、訪ねてみましたが「該当する人はいなかったです!」という返答でした。

義弟は都内に勤務先があるので、そこから搬送されてきたのかと、管轄のお客様相談窓口に同じ
ことを話して・調べて頂いたけれど、応えは同じでした(-"-)

私の焦りを助けてくれていた次女が「お母さん、その時間に入った病院の名前を電話局に事情を
話して、教えてもらったら?」と言ってくれた時は、もっと早くにそのことに気付けばよかった
のか?と軽い気持ちを抱きながら、問い合わせしてみました!!

すると…「お客様の御事情は分かりますが、今は個人情報保護が厳しく定められているので、お教
えすることはできません」と、断わられてしまいました!!

「どこの病院なのか分かっているのですよね。このような事情ですから、お願いです、教えてください。」
「当然、分かっています。ですが・法に触れるようなことはできません」と、真摯で忠実なる男性の、立派な答えが返ってきてしまいました☆ (巷では個人情報保護が漏れまくっているのに・と、私は心の中で。)    

焦りで身体が披露困憊していく中で、時間が信じられないほどの速さで流れていきました。

次女は別のかたちで調べていてくれていて、私は市内の病院一覧表を見て、順に電話をしていた先で「お名前の方はいらっしゃいますよ!!」と辿り着いた私と同時に、次女が調べていてくれたところから、入院先が分かったそれは、驚くほど同じタイミングでした\(◎o◎)/!

直ぐに病院へ電話を入れて、先生が待っていて下さった事へのお詫びを看護師さんに託して、翌日に義弟の容体を主治医の先生から伺った、その日から二週間経ちました☆☆☆

義弟はやせ細っているのかと、会うのが不安・・怖い・・そう思っていましたが、以前にも増して太っていたように見えました(むくみもあったのですが
超がつくほど真面目な義弟は「自分が持っている仕事の任期が後、一年半ある☆」と言って、復帰することに意欲満々でした!!!!

義弟は「飲み薬が、とても良く合っているので自宅療養でよいかも知れません」と、先生に言われたそうです☆

最新医療の目覚ましい進歩☆ より良い新薬の開発☆などに大きな期待が寄せられている中で、飲み
薬だけで回復への希望があるのかと、私は大きな期待を抱いています!!!!

けれども、薬は薬で福作用も伴うもので、義弟は若い頃から高血圧の薬を服用し続けなければいけない身体であったのに、今・出されている薬を飲み始めてから、血圧の上が100を切るようになったと言い、暫くしたら副作用でめまいなどが発症すると言う説明を受けているそうです。

明日への希望を抱いて・・・私は今、そう思う気持ちでいっぱいです☆☆☆









= 訪ねて来て下さる皆様に、私はいつも心から感謝しています☆ ありがとうございます☆ =







4 Comments

窓  

大変な目に遭われましたね!

さくらさん、こんにちは!

本当に読みながらも、ドキドキハラハラでした。

終わりよければすべて良し、とは言え、
全くもって、この個人保護法は悪しき法律の何ものでもない、
と、私もかながね感じています。

腹立たしい気持ちを何度抑えたことか、です。

次女ちゃんご素晴らしい働きをしてくださいましたね〜!
義弟様のこと、ご心配でしょうが、お疲れ様でした!

2017/04/03 (Mon) 18:34 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: 大変な目に遭われましたね!

窓さん、今晩は☆

嬉しいコメントを寄せて下さってありがとうございました☆

私が取った電話の一件は緊急のことでしたから・何とか助けてほしい・
教えてほしい・そんな気持ちでしたから、個人保護法って、何?
そんな風に思ってしまいました。

今、私は毎日バタバタして落ち着かない日を過ごしているので、コメントを頂くと
コチコチになっている心と身体が気持ちがほぐれてくるような気がします☆

コメントを寄せて下さった窓さんに、私は心から感謝しています☆
本当にありがとうございました☆

2017/04/05 (Wed) 00:49 | EDIT | REPLY |   

りりた  

読んでるだけで胸が苦しくなってきました。
でも、連絡が取れてよかった!
1人で探すとなると心細いですが次女さんという強力助っ人がおられて助かりましたね~
保護法は時にはもどかしいですが、時には守ってくれてるかもしれないと思うしかないですね。

義弟さんの強い意志が何よりの治療薬となることでしょう。

2017/04/06 (Thu) 21:54 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: タイトルなし

りりたさん、こんにちは❀

りりたさんはご多忙でいらっしゃるのに、コメントを寄せて下さって
私はとても恐縮しています☆
いつも、本当にありがとうございます<(_ _)>

義弟のことでは、病名を先に聞かされていたこともあって
次女も私も、病院が分かった時に、どーっと疲れが出てきてしまいました。

薬が合うようだと言って二週間後に退院したのですが、様子が悪くなって
また、入院してしまいました。
何もかも…心が沈んでいってしまいそう…です。

そんな中、りりたさんの心の明るさや、頑張っていらっしゃるお姿が
私はいつも思い浮かんできます☆☆

りりたさんがお元気でいらっしゃっることは、私も嬉しいことですから
どうか、御身体を大切になさってお仕事になさって頂きたいです☆☆☆
疲れを溜めないようになさって下さいね(*^_^*)

2017/04/07 (Fri) 15:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment