Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

映画「沈黙」を観て来ました!!

昨日は遠藤周作さんが、江戸時代初期の鎖国の時代にあった、キリシタン弾圧の史実に
基づいて書かれた小説「沈黙」の映画を観てきました!!

遠藤周作さんご自身もクリスチャンでいらっしゃったそうで「沈黙」の御作品はキリスト
教文学として、海外でも高い評価を得ていて、ノーベル文学賞にノミネートされた時が
あったことを知りました☆

沈黙

マーティン・スコセッシ監督によるハリウッド映画「沈黙」の上映時間は、162分
に及ぶ大作でしたが、その長さを覚えることなく、凄まじいキリシタン弾圧を見た
私は、人々の心の拠りどころであるはずの信仰が、今の時代でも争いの具になって
一瞬にして尊い命が失われてしまう痛ましさが重なってきて、耐え難かったです☆

当時のキリスト像が描かれた血染めの踏絵は、今も遺されているそうです☆☆☆

【 この『沈黙-サイレンス-』 の舞台は、17世紀の江戸初期。
幕府による激しいキリシタン弾圧下にあった長崎で、キチジローの手引きによって
長崎に潜入した2人の宣教師の、過酷な運命が晒し出されている。
スコセッシ監督が原作と出合ってから28年間という長い時を経て、いつくもの困
難を 乗り越えられて実現することが出来た、一大プロジェクトだそうです。】








= こちらへ訪ねて来て下さってありがとうございます☆ 私は心から感謝しています☆=



2 Comments

六花  

踏み絵

見たかった映画です。 ありがとうございます。
たくさんの事書け無かったのだろうと
もっと知りたかった私はそう思いました。
最後の踏み絵 現存のことしりませんでした。

2017/01/31 (Tue) 09:02 | EDIT | REPLY |   

さくら  

六花さん、おはようございます。
コメントを寄せて下さって有り難うございました!!
私は心から感謝しています☆
六花さんが思われていたことは、その通りなのです!!

我が家をリフォームする時に、私が大切にしていた書物の殆どを
処分してしまいましたが、何度も読み返した遠藤周作さんの
御作品「沈黙」は、大切に残してあります☆

2017/01/31 (Tue) 09:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment