Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

「お母さん」

ー あなたにとって一番大切なものは何ですか?ー

少し前に遡りますが、夕食後のテレビ番組の中で、チンどんやさんの出で立ちをされている方が
マイクを向けられて、インタビューに応えていっらしゃるところを観ました。

「チンどんやさんの収入は安定しているのですか?公的年金の保証はあるのですか?」
「保証は何もありません。収入は一年間で250万円そこそこです☆」

「どうしてそんなに若い方が、チンどんやさんをしていらっしゃるのですか?」
「大学を出てから企業に就職していましたが、ある日ライブに行った会場で心打つ演奏に惹き寄せられてしまったのです☆自分もこのような演奏が出来るようになって、その音色で人々の心を幸せにしてあげられるような仕事に就きたいと思っていた時、チンどんやさんを見て、これだ!!と思ったのです☆」

「収入が安定してなかったら、ご両親が心配して反対していらっしゃるのではないでしょうか?」
「反対はしていると思います。でも、自分は本当にこの仕事が好きなので、一生続けていきたいと思っています。これって…“真実一路”というのかな」と、男性はそう応えていらっしゃいました☆

6日2月
            (遠い山々の向こうに沈んでゆく お日さま!!)

「もしもよろしかったらお母様への取材も、お願いできますか?」と取材を求められて、お母さま
からお許しを頂くと、息子さんは静かに語り始めました☆

「お母さん、収入の安定していないチンどんやさんに就いてごめんね。
自分は社会人になってからとても心に残る書物を読んだのです☆ 人の命の長さは分からないけれど自分にとって本当に大切だと思っていることを=20=書いて傍に置くって、興味があったので自分も=20=書いて置きました☆

生きていく時=20=の中から要らないものが出てくるのを消していく。僕もそうしてきました☆
最後に残った大切な一つは何だったと思いますか
最後に残っているのは『おかあさん☆』」でした。僕はお母さんを心から大切と思っています☆
それでも自分には今、人々の心を優しくつつみ込んであげられるような仕事があって、チンどん屋さんを続けていきたいと思っている僕を、許して頂けますか?」と・・・。

最後に残っている言葉は「お母さん☆☆☆」

大粒の涙が零れ落ちてくる中でお母様は「有り難う!! お母さんを思ってくれてね☆
あなたも、身体に気をつけて大好きな仕事を続けていってね☆」と、応えていらっしゃいました☆

6日
         (あまりにも美しかったので 二枚も載せてしまいました)

私は乳幼児の時に亡くなった母を知ることもなく、父に育ててもらいましたが、もしも自分も
=20=の言葉を書いて置くなら お父さんを書き、そこにお母さんも書いているかも知れま
せん☆






=こちらへ訪ねて来て下さって有り難うございます。 私は心から感謝しています。=

6 Comments

cael  

私もこの番組観ましたが、
思った感想は
親が安定した仕事をされているから、
安心して
息子さんが好きな道に行けるのだな、と思いました。

2017/02/07 (Tue) 23:50 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: タイトルなし

caelさん、今晩は☆

こんなにも長くてまとまりのないブログに、コメントを寄せて
下さって有り難うございました☆
私は、とてもうれしく拝読させて頂きました!!

私も、caelさんと同じ感想を抱きながら観ていました。
息子さんは、ご両親が安定した仕事に就いていらっしゃったのですからね。
それも、普通以上に安定していると思って観ていました。

そんな中で、私は男性の真っ直ぐな心と優しさと、男性が読まれた書物に
魅かれて、私も読んでみたいと思いました。
そして、自分にとって20は、何があるかな?と、考えて観ていました。

心に余韻が残るテレビや映画・書物に出合うって、いいな~と思いました!!

2017/02/08 (Wed) 00:34 | EDIT | REPLY |   

六花  

もし・・

私もねいつか読んだ「千葉敦子さん」を真似て
したいこといっぱい書きだし もしあと10年生きられるとして
と問い消して行く あと三年ならと問いしたいことを絞り込んでいく
をしたことが有りそれを継続中なんです。
もし・・はいまは3つに絞られています。

2017/02/08 (Wed) 13:53 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: もし・・

六花 さん、こんにちは。

とても心に染み入るコメントを寄せて下さって
有り難うございました☆ 私は心から感謝しています☆

もし・・

六花さんも今、なさりたいこと(大切なこと)を
書きだされていらっしゃったのですね☆
今も継続中だそうで、もし・・はいま3つに絞られていらっしゃる
そうですが、その3つは消していくことなく 一つの花となって
これからも、ずっと大切に育てて行かれると、よいですね☆


2017/02/08 (Wed) 17:29 | EDIT | REPLY |   

ふりかけ  

こんばんは
一生続けて行きたい と思える仕事に出会えてし素晴らしいです!
今の時代は お金に左右されるような生活になってしまっているので、その中で このように思えることは凄いなと思います。

最後に残る言葉は
「お母さん」
これも素晴らしい と思います。
私の父は最期の時に お母さん と呼んでいたこと思い出しました。母の存在の大きさ 思います。

夕焼け とっても綺麗ですね
素敵なお写真のupもありがとうございました☆

2017/02/11 (Sat) 19:53 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: タイトルなし

ふりかけさん、こんにちは❀

昨日は、嬉しいコメントを寄せて下さって有り難うございました☆
ふりかけさんは、ご多忙でいらっしゃるのに、二つの記事に
コメントを寄せて下さって、私は恐縮しています<(_ _)>

<お母さん・・・>
息子さんのご両親は生活が安定していらっしゃるご様子が伺えましたが、
息子さんがとても大切と思ってなさっているお仕事を、許して
いらっしゃらなかったので、取材を申しこまれたようです。

=20書いた、大切な言葉=
「生きている中で要らない言葉を消していって、一番最後に残っている言葉は
何だっと思いますか?お母さん・・」

 ・・・・・・

私は、お母様の涙に貰い泣きしてしまいましたが、この男性の心の優しさに
魅かれて涙が溢れてきました。

ふりかけさんのお父様も、ご最期の時に「お母さん」という
言葉を遺されたのですね☆

私の父も、意識がある頃に「おかあさ~ん、迎えにきてちょうだいよ~」と言って
ずっと、父の側に寄り添っていた姉を悲しませたそうです。

母親の存在は、本当に大きいのですね☆

ふりかけさん、有り難うございました!!
心に染み入るコメントを、私は何度も読み返しさせて頂きました☆





2017/02/12 (Sun) 12:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment