Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

とこちゃんの手術の結果を聞いてから。

昨日は次女が大腸がんの手術をして頂いた後の結果を、聞きに行って来ました。

次女は出血があったので、町のかかりつけの胃腸科内科クリニックで受診して「癌のようなものがある」。と言われました。
紹介状を頂き総合病院へ行くと、出血は癌腫瘍から出続けていたそうです。

執刀して下さった先生が「年令が若いこともあって血流の流れが活発だったことが心配だったので、そこを焼き切って、更に念を押してもう一度焼いたところを確認してみて、大丈夫だから」。そう仰って頂きましたが、私は自分がなればよかったのに…そんな思いが駆け巡ってくるばかりでした。

「手術が終わったら美味しいものをいっぱい食べようね」。そう約束していた私と次女のもとへ、 買い物に来ていた長女も合流して、いつものお寿司屋さんへ行きました

3寿司 5寿司

それぞれが、大好きなものづくし!!!!

みどり7 みどり5

「手術を無事に終えたのだから、お母さんが御馳走するからいっぱい注文してね」。

「なによ<(`^´)> そう言ってるお母さんがいつものように食べないでしょ(-_-)/~~~ピシー!」と、二人して私にそう言って困らせるなんて・・・。

9寿司 8寿司


亡くなった父がいつも私に言っていた言葉が思い浮かんでは消えて、また思い浮かんできたからでしょうか、大食いの私なのに確かにいつもより少なかったかも知れません。

「あんた達(姉と兄と私)は、おじいちゃんよりも先に逝ってはいけないよ。もしも、あんた達がおじいちゃんよりも先に逝ったら、それが一番、親不孝なんだからね」。

7寿司

父の言いつけを守る如く、私と姉は父の枕辺にいて「おじいちゃん…おじいちゃん…」と呼び続けている中で逝った父でしたが、私は母親だからなのでしょうか、子供達が病んで苦しむことがあるなら、この子たちを置いて先に逝くことはできない。

そんな思いが駆け巡ってくるので、お寿司をいつものように食べることができなかったのかも知れません。

私が抱いている気持ちを長女に聞いてみたら「そうね。私も、子供達の行く末を見守ってあげたいかな~」。と応えていました。
順番からしたら、それは不可能な話なのですがね。

ねもうすぐ誕生日

もうすぐ、次女は誕生日を迎えます♪
12月24日☆ 私がこの日の誕生を望んで産まれてきてくれた次女☆

「お母さんがね、望んで・待ち焦がれて・産まれてきてくれたのだからね☆ 
きっと、元気で楽しい人生を送っていくって、お母さんに約束して長生きしてね☆」私は今、そう祈る気持ちでいっぱいです☆





0 Comments

Leave a comment