Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

花の風車

  • CATEGORY一片の詩
  • PUBLISHED ON2016/ 10/ 01/ 10:43
  • COMMENT0
~ 金木犀の花の香る頃 ~

10月に入ってからも秋晴れの空が広がってこないけれど、私が住んでいるこの町に 
小さな秋の訪れが見えるようになりました。

の空10月


こんなにも 淡く やわらかな 日差しを 浴びながら

    金木犀の葉が  生い茂る その先っぽに 

        群れて咲く 小さな  オレンジの花が 
               
金木犀に風車


微かな風に  誘われて

         くるくる  くるくる

    風車になって 

        舞い落ちてゆきます。


直し 花のじゅうたん1


みんなここに 集まって 

   もう一度  花になり  命の 耀きを放ちながら 

        小さな秋を  歌っているでしょうか


芙蓉


こんなにも  日の光りが  淡いけれど~

    芙蓉のお花も 小さな秋に 魅かれて

        まだ ここに 咲き続けて いたいのでしようか…





0 Comments

Leave a comment