Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

願わくは花の下にて・・・

~ 西行法師様のお歌を想いつつ ~

さくら25


☆☆ 願わくは花の下にて春死なん その如月の望月のころ ☆☆

西行法師様は平安時代の末に生まれて71歳まで生きた方だそうですが、自分が愛したさくらの木の下で
お釈迦様と同じ日に死にたいと辞世の句を詠まれたのは、亡くなる10年ぐらい前だったそうです☆



5さくら1


1190年2月16日・お釈迦様の命日の翌日に亡くなられた西行法師様☆☆

江戸時代中期に西行法師様を慕っていた広島の歌僧・似雲法師が 西行法師様の墳墓を発見した時からお墓を
囲むようにしてさくらの木を植えて弔ってあげたそうで、今では1500本ほどにもなる さくらの花を見に
訪れる方が多いそうです☆



6さくら2


☆☆ ながむとも 花にもいたく慣れぬれば 散る別れこそ 悲しけれ ☆☆

        ー 西行法師様のお歌ですー

7さくら


私はいつ頃からさくらの花が大好きになったのかを思い出せないのですが、さくらの花を見ていると
そしてさくらの花を思うと、西行法師様のお歌が思い浮かんでくるようになりました☆



さくら8


今年も待ち焦がれていたソメイヨシノの<さくらの花咲く季節>その美しさを心に留めることができました☆

けれども今は、風もないのにハラハラと散ってゆくさくらの花びらを見ていると<散る別れこそ悲しけれ>と、
思う気持ちが、堪えきれないほど溢れてきてしまいます☆☆☆












よろこびも・かなしみも・織り交ぜて<こころ模様>を綴っているブログへ訪ねて来て下さる方々と
   コメントを寄せて下さる皆さまに、感謝の気持ちでいっぱいです☆☆☆
   私は皆さまとの心の触れ合いを大切にして参りますので、どうぞこれからも宜しくお願い致します 


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ

clickして頂けたなら とても嬉しく思います♪



2 Comments

トラックやさちこ  

さくらさんコンニチワ

☆☆ 願わくは花の下にて春死なん その如月の望月のころ ☆☆

私の友もこの歌が大好きです

時間は永遠にあるかの如くノンキに過ごしている

私と違って

難病を抱えてもいつも前向きで

身体障害者の方に付き添って映画を見に行ったり

しています

彼女は、春が来て

桜を、見る事が出来た春は

幸せをいつも

かみしめている様子

活き活きと、時間を大切に過ごしている

彼女を思い出しました

さくらさん

素敵な写真有難うございます


<散る別れこそ悲しけれ>

私の心にも

しみじみと沁みてゆきます


徳島の桜が今日は満開のようです

行く春を惜しみつつ

今しばし、桜の花に心を奪われましょうか

2016/04/08 (Fri) 12:09 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: タイトルなし

e-75 トラックやさちこさん、今晩は☆

さちこさん、とても心に染み入るコメントを寄せて下さって
有り難うございます☆
私は何度も拝読させて頂きました☆

☆☆ 願わくは花の下にて春死なん その如月の望月のころ ☆☆

さちこさんも、この歌が大好きでいらっしゃるのですね☆

さちこさんは、いつも時間を大切になさって過ごして
いらっしゃるのだと、私は思っています☆

ほんとうに、世の中は様々な苦しみを抱えながら
前向きに過ごしておられる方が大勢いらっしゃって
皆さまは、いつも今を大切にして過ごしていらっしゃるのだと思います☆

春が来て・・・
桜を、見る事が出来た春に
幸せをいつも
かみしめていらっしゃる、
さちこさんのご友人は活き活きと、時間を大切に過ごして
いらっしゃるのですね☆

<散る別れこそ悲しけれ>

徳島の桜は今が満開なのですね☆

行く春を惜しみつつ、今しばし、桜の花に心を奪われて・・・

さちこさんが下さったコメントが痛く心に染み入ってきました☆

素敵なコメントを寄せて下さったさちこさんに
私は心から感謝しています☆

さちこさん、お身体を大切になさってお仕事をなさってくださいね☆
私はさちこさんのご健勝をいつも心からお祈りしています☆

~ それでは おやすみなさい☆☆☆ ~

2016/04/09 (Sat) 01:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment