Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

アリさんと・キリギリスさん達と(*^_^*)

~JR南武線・宿河原駅前の<素朴なさくら並木>を訪ねて~♪


ここは春休みになると毎年、長女と子供たちと合流してお弁当を食べて過ごす・さくら並木・がある町です☆

2人の孫は私のおにぎりが大好きなので、今年も作って行きました!!

食べ終わって一時すると「あっ、アリさんが鮭を運んでるよ(*_*)」とAちゃんが言うと、お姉ちゃんも駆け
寄って、2人は小さい子のようにアリさんをずっと見続けていました



31宿河原14宿河原


鮭は前から落ちていたのでしょうか、小さな小さなアリさんは自分の倍ぐらいある鮭を咥えて?後ずさりしな
がら必死になって運んでいました☆ それは、直ぐに割れてしまいそうなほど乾いている鮭でしたが。。。


「アリさんは、こんなにも大変な思いをして運んで行っても女王様に捧げてしまうのかも知れないね☆
おばあちゃんが、この橋を渡る向こうまで葉っぱに乗せて連れて行ってあげたい!!」と言うのと同時に、アリ
さんは小さな石畳の間に落っこちてしまったのです(>_<)



3宿河原6宿河原


中で気絶したか!?それとも下の流れに落ちてしまったと思って私たちが心配していると、アリさんは更に
小さくなってしまった鮭を咥えて?そこから這い上がってきて休むことなく又、運び始めたので 私はせめて
橋だけでも渡りきらせてあげたいと思って葉っぱを差し出したのですが、拒絶されてしまったのです(>_<)


けれども私は見るに見かねて、小さな鮭の破片が壊れないようにしてアリさんをそっと、渡る先の橋の向こうへ
運んであげてしまいました(^^ゞ



他のありさんたちも いっぱいウロチョロ歩いているのに誰も手伝おうとしない鮭の運搬!!
引き摺って行く鮭が巣穴に辿り着く頃にはどんなに小さくなっていることでしょうか~☆


昨日は曇天の中で見たさくらの花の美しさよりも アリさんの必死な姿が心に残った日であったような気が
します☆☆☆












たずねてきて下さる皆さまに 私は心から感謝して お礼を申し上げます!! 
    皆さま 本当に ありがとうございます  

6 Comments

トラックやさちこ  

さくらさん

おはようございます

さくらさんの事だからキット桜便り画像が見られるかなと

わくわくして訪れましたよ

毎年来られている場所なんですね

花いかだも見られるし

まぶゆいばかりの花の下に

汗流して

せいいっぱい生きている小さな生き物も

短い命の花の命もそれぞれに、いとおしい

ですね

さくらさん

いつも有難う、明日は私も花の下で

お結び食べたいな

2016/04/02 (Sat) 09:15 | EDIT | REPLY |   

おと吉  

お話がとても面白かったです。

小さな蟻さんも一つの大事な命ですからね。

一生健命に生きる姿は健気なしいですね。

そして、さくらさんの心の優しさ、再認識しましたよ。

2016/04/02 (Sat) 20:09 | EDIT | REPLY |   

りりた  

まるで童話になりそうなお話でした。

美しい桜の下で繰り広げられるのは、決してキレイなことだけではないのですね。
ちっちゃなアリさんですら、全身全霊で生きようとしてるのを目の当たりにしてたら、私、泣いてるかも・・・

急に、葉っぱで運んでもらったアリさんは、さぞかしビックリしたでしょうね~

2016/04/02 (Sat) 20:48 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: タイトルなし

e-75 とらっくやさちこさん、今晩は☆

昨日行ったところは毎年行ってる<小さな町の素朴な
さくら並木>で、私が大好きな所です♪
澄んだ青空に映えるさくらの花を見たかったけれど、昨日は生憎の
曇り空の下でした!!

家で握っていく・小さなお握り・を食べている時に
アリさんが人の食べこぼしていた鮭を必死になって
運んでいる姿を見て、とても考えさせられてしまいました☆

この地上で生きている小さな虫さん(生き物)達の必死な姿に、です☆

さちこさんも、さくら咲く素敵な今を 御家族の皆さまと
満喫してくださいね(*^_^*)

さちこさんに私は心から感謝して、そしてお礼を申し上げます☆
お仕事に就いていらっしゃるのに昨日も、今日もコメントを頂いて
本当に恐縮しています☆ ありがとうございました☆

~ それでは おやすみなさい☆☆☆ ~






2016/04/03 (Sun) 01:33 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: タイトルなし

e-75 おと吉さん、今晩は☆

お花見へ行った人々がこばした小さな小さな鮭の
かけらを必死になって運んでいたアリさんの姿を
見ていたら、つくづく考えさせられてしまいました!!

この地上で生まれた生きとし生けるものたちの
健気で尊い姿を、です☆

アリさんたちはいっぱいいました☆

もしかしたら、人が踏みつけてしまうほど
小さいアリさんたちも命の限り生きているのですね!!

おと吉さん、心に染み入るコメントを寄せて下さって
有り難うございました☆
私は心から感謝しています☆

~ それでは おやすみなさい☆☆☆ ~

2016/04/03 (Sun) 01:48 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: タイトルなし

e-75 りりたさん、今晩は☆

嬉しいコメントを寄せて下さって有り難うございました☆
私は心から感謝しています☆☆☆

一昨日行った私が大好きな素朴な町・小さな桜並木・の下で見た
アリさんの姿にとても考えさせられてしまいました☆

後ずさりしながら運んで行くので、ストンと石だたみの間に
落ちてしまったアリさん。。。
私は気絶しているのかそれとも水の流れの中に落ちて
死んでしまったのでは?と思っていましたから
出て来てくれと時は、本当に嬉しかったです♪♪

大きな大地で私たちは生かされているのですが、その私たちの
足元でいつ踏みつけられてしまうか分からない中で、小さな小さな
アリさんたちも必死になっていきている。。。

もしかしたら私たちは気づかないで踏みつけてしまうかも
知れないのですものね☆

仲間も沢山、うろうろ!?していましたが、みんな魂を持って
生きているのだと思いました☆

りりたさんは今、体調がすぐれないようですから私は心配しています☆
早くお元気になりますようにと 心からお祈りしています☆☆☆

~ それでは おやすみなさい☆☆☆ ~

2016/04/03 (Sun) 02:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment