Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

それはないでしょ~(@_@;)

 数日前に私が病院の会計を待っていた時の話です!!

会計の清算をしてあげたのでしょうか、病院の職員(男性)が私の隣に腰かけていた年配の女性に、お釣りと
明細書を手渡していました。

ご婦人はそこで立ち上がろうとしたのですが手足に力が入らなくて、持っている杖さえ役立たないようでしたから「お手伝いしましょうか?」と、私は男性に声を掛けてご婦人が立ち上がれるよう支えたのですが、2人がかりでさえ難しいと思うほど身体に力が入らないご様子でしたから「これからどこへ行くのですか?」と、私は尋ねてしまいました(・_・;)

「迎えに来ている息子が病院を出たすぐ側の薬局の前で待ってると思うので、そこまで行きたいのです。」と言われたので、例に寄ってお節介おばちゃんが←(家族がそう言うのです(-_-))「それなら息子さんを私が呼んできてあげますからお名前を教えて頂けますか?」と言ってしまったのです。


この段階で、病院の職員さんは離れて行ってしまいました


 薬局の前にいるはずという車を見つけた私が顏を近づけてノックしたのですが、怖い顔した男性はさらに怖い顔をして不審な私を睨みつけている。。。めげずに顔を近づけて話しかけると、怪訝な顔して窓を開けてくれたので「〇〇さんですか?お母様は会計が済んでいます。ここまで歩いて来れないようですから迎えに行って頂けますか?」と、私はオズオズして言ってみたのですが。。。

男性は車から降りる気配が見えないので、私はご婦人を車の所まで連れて行ってあげたいと思って戻り「息子さんは来ていましたから行きましょうね。」そう言って 絶対に二人して転んではいけないと心して、立ち上がって頂けるように頑張ってみました。



 左肩にバッグを掛けて・日傘を持っている私が女性と歩く難しさに難儀していると、車椅子に坐っていらっしゃった女性が「車椅子を利用した方がいいですよ!!」と言って下さったのですが車いすが見えないので、もう一度座って頂いて「玄関の所まで車を寄せて頂けませんか?」と息子さんにお願いしに行きました。


玄関口まで息子さんは車で来て、真正面から私の姿を見ているのにお母様を迎えに来ようとしなかったのです。


私が必死になってお母様を支えて一歩一歩と歩いていると、傍にいらっしゃった女性が反対側を支えて手伝って下さって、車の側に何とか辿り着きましたが息子さんは車から降りもせず…ドアを開けたまま私たちがすることを見ているだけでした(>_<)



お母さまが何度も私たちにお礼を言って下さっていた傍で、息子さんは車の中で無言を貫いたまま走り去って行ってしまいました。


 私は手伝って下さった女性に「どうも有り難うございました!!本当に助かりました☆」と、お礼を言って自分の会計を済ませるために病院へ戻ろうとすると「えっ(@_@;) 御家族の方ではなかったのですか??私はてっきりお身内の方だと思っていたのですよ!!
そうでしたか~。それでしたら、あの息子さんはお家ではきっと、母親を虐待しているのではないでしょうか?」


手伝って下さった女性は「虐待しているに違いありませんよ。」と、確信に満ちているようでした。



ガリガリに痩せていらっしゃったお母様・そして、私たちの前で怖い顔をして無言だった息子さんと。。。
私はあらぬ心配をしているのかも知れませんが「どうか息子さんはお母様を虐待しないで下さいね☆」と祈る気持でいっぱいです☆☆☆












たずねてきて下さる皆さまに 私は心から感謝して お礼を申し上げます!! 
    皆さま 本当に ありがとうございます  

12 Comments

孝ちゃんのパパ  

こんばんは。

昨日はコメントありがとうございました。
そうなんです、Tかっちゃんさんを尊敬している一人です(笑)

彼の素晴らしさをすごいものだと思っています。
応援したくなる人ですよね。

今日ここに書かれている男性とは正反対の人ですよね。
ここに書かれている男性はいつか自分のしていることのひどさに気づくでしょうか?

いつか自分の身に同じことが、いやそれ以上のことが
降りかかってくるような気がします。

人に対する思いやりに早く気づいて欲しいですね。

2016/04/04 (Mon) 01:43 | EDIT | REPLY |   

hiougi  

コメントをありがとうございました。
秋に作る本物の干し柿作りも私の仕事で、意外と上手に出来るんです。
これからも少しずつ身の回りのものを作ってみようかと思っています。
病院での出来事…心が痛みます。さくらさんの気遣い、優しさの行為が少しでも息子さんの気持ちに変化をもたらせばと思うばかりです。

2016/04/04 (Mon) 04:16 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: タイトルなし

e-75 孝ちゃんのパパさん、おはようございます❀

孝ちゃんのパパさんは、T・かっちゃんさんを尊敬して
いらっしゃるのですね☆
それでしたらT・かっちゃんさんも、孝ちゃんのパパさんを
尊敬していらっしゃるのではないでしょうか☆
尊敬の念は、お互いの気持ちが重なり合っているような気がします!!

私が病院で出会った息子さんの心が垣間見えて、とても悲しかったです。
人は誰でも老いることを息子さんも感じて、お母様に 孝養を尽くして
ほしいと願う気持ちでいっぱいです☆

昨日はこちらにコメントを下さって有り難うございました☆
私は心から感謝しています!!

孝ちゃんのパパ さん、お身体を大切になさってお過ごしくださいね☆
孝ちゃんパパさんのご健勝を私は心からお祈りしています☆☆☆


2016/04/04 (Mon) 08:29 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: タイトルなし

e-75 hiougiさん、こんにちは❀

hiougiさんは素晴らしい御趣味を持って持っていらっしゃるのですね☆
<干し柿>は本物にしか見えないですから、本当にビックリしてしまいました☆

病院で出会った息子さんとお母様のことは、私が女性から
助けて頂くことになってしまいました☆

母親を虐待している??
そうであったなら、本当に悲しいですね。
明日は我が身ですから、痛く脳裏に焼き付いてしまいました。

hiougiさん、こちらへコメントを寄せて下さって有り難うございました☆
私は心から感謝しています☆


2016/04/04 (Mon) 13:47 | EDIT | REPLY |   

おと吉  

こんばんは。

本当に読んでいて切なくなってしまいました。
さくらさんの好意を、何とも思わない息子さんの神経は信じられません。

病院側の対応も最低だと思います。

息子さんが虐待などしていない事を祈るばかりです。

2016/04/04 (Mon) 21:06 | EDIT | REPLY |   

りりた  

そのご夫人の隣にさくらさんが座っておられてよかったです。

それにしても息子さん、どうされたんでしょうね。
悪い妄想しかできません。

人それぞれご事情があると思いますが、せめて、ご婦人が元気になられることを祈るばかりです。

2016/04/04 (Mon) 22:08 | EDIT | REPLY |   

ばーびー  

さくらさんの記事を見て悲しくなるやら、腹立たしくなるやら…

そもそも、このご婦人が病院に来ていたのは、どんな症状があったからなのでしょうか?
もしかして息子さんが虐待して怪我をされたからとか?
悪い方に考えてしまうとキリがありません。
どうか、虐待などされていませんように…私は祈ることしかできません。

2016/04/04 (Mon) 23:09 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: タイトルなし

e-75 おと吉さん、今晩は☆

私は息子さんの態度がとても信じられなかったです。

「迎えに行ってあげて下さい。」と言っても無言で
車から降りないし、私ともう一人の女性と二人して
ご婦人を車まで連れて行くのが大変・・その様子を
真正面から見ているのに、迎えに出てこなかったのですからね。

そして、ご婦人が何度もお礼を言って下さる傍で、息子さんは
黙っていて車を走らせてしまって。。。

でも、私は虐待と言うことには考えが及ばなかったです。
言われてみれば、そうかも知れないと思いました。

私はとても悲しい気持ちで、今もその時のお母様の姿が
思い浮かんできます。

おと吉さん、コメントを寄せて下さって有り難うございました☆
私は心から感謝しています☆☆☆

~ それでは おやすみなさい☆☆☆ ~

2016/04/05 (Tue) 00:20 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: タイトルなし

e-75 りりたさん、今晩は☆

コメントを寄せて下さって有り難うございます☆
私は心から感謝しています☆

私の隣に座っていらっしゃった方は、とても痩せこけていて
身体のどこにも力が入らないように見えました☆

御病気で外来に見えていたのだと思いますが、息子さんも
ガリガリでいらっしゃったので、私は出過ぎた考えですが
とにかく、心が痛みました☆

老いると言うことと一緒に考えてしまいました☆

りりたさん、お身体の具合は大丈夫ですか?
ここへきて肌寒い日もありますから お身体を
大切になさって下さいね☆

~ それでは おやすみなさい☆☆☆ ~





2016/04/05 (Tue) 00:31 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: タイトルなし

e-75 ばーびーさん、今晩は☆

私はあの日の出来事が頭から離れないでいます。
明らかに、息子さんのお母様に対する愛情は全く
感じられなかったです。

車を正面まで移動させてきた時、私ともう一人の方とで
お母さまを車まで連れて行ってるのを見ていながら
車から出てこないだけでなく、走り去って行く時に
何も言わずに行ってしまったのですからね。

手伝って下さった方が仰ったように、もしかしたら
完全に足腰が萎えていらっしゃったお母様を疎ましく思い
虐待している~そう思えるような気がしました。

お母さまは、息子さんが頼りのはず。。。
今はどうしていらっしゃるのでしょね。

ばーびーさん、コメントを寄せて下さって有り難うございました☆
私は心から感謝しています☆☆☆

~さくらの花散る頃に、それでは おやすみなさい☆☆☆ ~
  

2016/04/05 (Tue) 01:56 | EDIT | REPLY |   

reimi01  

さくらさん こんばんは~
こちらにも書かせてくださいね~
本当にさくらさんの優しさと
息子さんの冷たさがあまりに対照的で
何といってよいのか。。。
あまりに冷たい息子さんの態度に
悲しくなりますね


以前に聞いた話をチョッと思い出していました
ある母親が自分の息子を長い間虐待して
息子は愛情を知らないで育ち
自分が大人になって今度は親を虐待してしまう負の連鎖

息子さんが冷たいのは
お母さんの育て方にも問題が有ったのかなって思ってしまいました
それにしても
年老いた母をもう少し労わる気持ちが無いのが切ないです


2016/04/05 (Tue) 20:18 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: タイトルなし

e-75 reimi01さん、こちらにもコメントを寄せて下さって
有り難うございます☆私は心から感謝しています☆

この日、出合った息子さんとお母様。。。

私はお母様が可哀そうで辛かったです☆

お母様は必死になって歩こうとしていましたし、車に乗る時だって息子さんには
何も言わずに頑張って乗ろうとしていましたから、普段から息子さんは老いたお母様への
愛を抱いていない?それとも疎ましく思っている?そのように見えました。

私を助けて下さった女性が「息子さんは母親を虐待しているのでは・・。」と
言われたので、私はお家でのお母様の姿が思い浮かんできてしまいます。

reimiさんが仰るように、お母様の育て方にも問題があったのかと~。

頼りの杖さえ役に立たないほど、足腰が萎えていらっしゃったお母様を
どうにかして差し上げたいと思う気持ちでいっぱいです。

reimiさん、一緒に考えて心配して下さって有り難うございました☆
ここにいて何もできないのは辛いですね。



2016/04/05 (Tue) 23:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment