Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

上村僚太さんを思うと☆☆

★★ 昨年の2月に川崎市の多摩川河川敷で殺害された上村僚太さん事件の裁判が始まって 全容が
明らかになりましたが、19才の少年が犯した罪と言うにはあまりにも凄惨であり過ぎて、それは
少年ではなく、また 人間とは思えないほどおぞましいと、私は思いました。

私は昨年に、上村僚太さんが殺害された現場へお花とお線香を持って行った日が思い浮かんできました。

2月の風は未だ冷たく、深夜に凄惨な事件があった川べりは、どんなに大きな声で助けを求めても誰にも
届かないと思われるようなところで、無抵抗のままこんなにも酷い仕打ちで殺害されてしまったと思うと、
本当に胸が張り裂けそうになります。


訪ねてバラ園を


★★ 残忍な罪を犯した19才の少年は「その場の雰囲気に流された。痛めつけて殺してしまい、申し訳
ない。」と謝罪したそうですが・・・。

僚太さんのお母様の嘆き悲しんでいらっしゃるお気持ちと お父様が、僚太さんが島を離れるまでの全てが
懐かしく、大切な僚太さんの姿をもう二度と見ることができないと思うと、命を奪った犯人たちを一生恨み
憎み、許すことはないでしょう、と、声を震わせて仰ったというお気持ちが胸に迫ります。


梅


★★ 検察側は「犯行はただただ酷い。」として、それでも懲役10年以上15年以下の不定期刑を求刑された
そうですが、弁護側は「反省しており、矯正は十分可能だ。」として、懲役5年以上10年以下が相当と訴えた
そうです。

どのような判決が下されるのか分かりませんが、まだ13才だった上村僚太さんが、想像を絶する残忍な殺され
かたをしたのに、弁護側の「反省しているので、矯正は十分可能」では、あんまりではないでしょうか。















 私は1月30日に「皆さま お元気でいらっしゃいますか?」というタイトルでグログを更新してから
    一週間経ってしまいました。
    その間、いつも変わらず訪ねて来て下さる方々に、そして風邪の心配をして下さった皆様に、私は
    心から感謝して、そしてお礼を申し上げます☆

     「皆さま ありがとうございました☆☆ お陰さまで、元気になりました!!
      未だ寒い日が続いていますから、皆さまも風邪をひかないようになさって下さいね☆
      マイペースのブログですが、これからも宜しくお願い致します☆」

8 Comments

ふりかけ  

さくらさん
こんにちは
お風邪が治ったようで良かったです。
インフルエンザも流行っているので お気をつけてくださいね。

いたましい事件が多いですね
私も同じ年頃の子供がいるので、人ごとには思えません。子育てが大変な時代だと痛感します。

もう少し余裕がある社会になってほしいですね。
デッドエンドな社会では育つものも育たないって思います。

今日は いい天気になりましたね。
雪にならなくて良かったです☆

2016/02/07 (Sun) 15:24 | EDIT | REPLY |   

りりた  

さくらさん

すっかり元気になられてよかった!

この事件に関しては、同じ島根県人として、息子を持つ母として、人として、いろんなことを考えさせられました。
関係ないことをしていても、ふと、僚太くんのことが浮かんできて、切ない気持ちになります。
一生忘れられない事件です。

荒んだ心が生まれない世の中になってほしいものです。
政治経済を動かすことは出来ないけど、私が出来る最低限のことは、笑顔でいること。
今日も、口角上げて、買い物してきました。

2016/02/07 (Sun) 16:45 | EDIT | REPLY |   

cael  

さくらさん、風邪の方は落ち着いた様で良かったです。
治っても暫くはだるい感が残りますものね。。。

上村僚太さんの事件は
同じ位の子がいるので 余計に他人事では済まないです。

犯行は残忍ですが、犯人も 親から暴力を受けていたとの事。

その親も 身内から暴力を受けていたとしたら
負の連鎖から、抜け出す事が出来なかったのか、と思うと
どうしようもない辛い気持ちになります。
 
世の中には 家族に虐待を受けるケースが多いです。
産まれた時からそんな環境で育ってしまったのです。

社会問題であり 生かされている私達の課題なのかもしれません。

どうしたって、被害者のご両親が 犯人を許せる訳がありません。

しかし、周りの私達が 少しだけ冷静になり
犯人を過度に偏見の目で見て、責めるだけが
犯人の厚生を妨げることになる気がしてなりません。

亡くなったら戻る訳ではありません。
一生抱えて生きて行かざるを得ません。

罪を憎んで人を憎まず・・・

辛いけど 苦しいけど。
哀しい出来事がこの世の中から 無くなります様に。。。

2016/02/07 (Sun) 17:48 | EDIT | REPLY |   

S-masa  

こんにちは。

痛ましい事件でしたね。
「反省は猿でもできる」と良く言いますが、
人間は猿ではない!
若い一生を無くしたことに対しいかに償い、
その無念の人生をどう考えるか、ですね。

2016/02/07 (Sun) 20:45 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: タイトルなし

e-75ふりかけさん、今晩は☆

私はお陰さまで風邪は治って、今日はコンサートへ行って来ました。
電車の中はマスクの方がいっぱいでした。
多分、予防のマスクなのかな?と思いました。

最近は痛ましい事件が多すぎて、胸が痛みますね。
若いママが(それともパパが?)我が子に熱湯をかけて
放置するとか、食べ物を与えないで放置してしまう。
周囲の方が異変に気付いていながら、一歩踏み出せない??

でも、どうにかして幼い子の命を守ってあげたいですし、
虐待しているママの(パパ)心も、優しさに餓えているような気がして
何か語りかけてあげたい気持ちになりはしないでしょうか。

孫が、祖父母を殺害させるなどなどなど、一体いつごろから
人の心がこんなにも壊れてきてしまったのでしょうね。

上村僚太さんは、無抵抗だったようで、本当に痛ましいです☆

デッドエンドな社会。。。
どうしたら、今を変えることができるのでしょうか。

私は答えの見い出だせないブログを載せてしまいましたが、
ふりかけさん、コメントを寄せて下さって本当に心配しています。
お身体の具合がいけないのですから、完治するまでは
たとえ読んで下さっても、読み捨てて頂きたいです<(_ _)>

ふりかけさん、ありがとうございました☆
どうか一日でも早くに完治できますようにと、私は心からお祈りしています☆

~ それでは おやすみなさい☆☆☆ ~

2016/02/08 (Mon) 00:16 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: タイトルなし

e-75りりたさん、おはようございます。

私の風邪を心配して下さって、そして快復したことに、
このようにあたたかい思いを伝えて下さって有り難うございました♪
私は心から感謝しています。お陰様で、元気になりました♪

上村僚太さんが殺害された現場(多摩川)は、私の家から車で
行くと40分ぐらいの所ですから、昨年は行かずにはいられなくて
お花と、お線香を持って行って来ました。
お花・お菓子・サッカーボールも沢山、置かれていて大きな輪になっていました。

上村僚太さんの事件に限らず、最近はおぞましい事件が次々に起こるので、
心が痛みますね。
息子も高校生の頃バスからバスに乗り換えての通学が厭になって、
遠くまで自転車で通っていましたが、遅い時間に不良グループに
お金を取られてしまったり、絡まれて顔に傷を負って帰ってきたことが
ありました。

荒んでいく心を、どうしたら食い止めることができるのでしょう~と、
思わないではいられませんね。

りりたさんが出来る最低限のことは笑顔でいることe-343
素晴らしいですね~(*^_^*)
それが家庭の中では一番大切なことではないでしょうか!!
私は子育て中は爆弾をいっぱい落としました。

ですから、私はりりたさんのその心に魅かれています☆

まだまだ寒い日が続きそうですから、りりたさんも風邪をひかないように
なさって下さいね☆☆


2016/02/08 (Mon) 08:49 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: タイトルなし

e-75caelさん、こんにちは。

上村僚太さんの事件についての、caelさんの思いを私は何度も読ませて頂きました。
とても丁寧なコメントを寄せて下さって有り難うございました。
そして、私の風邪のことでも心配して下さってありがとうございました。

私は遠い昔の父が私たちを育ててくれていた頃の姿が、何かの折に
思い浮かんでくることがあります。
父は本当に子煩悩でしたが、姉と兄が顔を叩かれた日のことが今でも
強烈に心に残っています。

姉は、継母が来てから家にいるのが厭になり、映画館のチケット売り場で
働いていたこともあって、自分の勤務が終わると最終時間まで(当時は
一回で入れかえではなかったので)観てから家に帰って来ていました。

ある日、いつも帰りが遅い姉を心配していた父が、家に帰り着いた姉の顔を
往復ピンタして「いい加減にしなさい。」と、怒鳴りつけたのです。

「親だからって、叩かなくてもいいでしょ。」姉はそう言って父を睨みつけて
いましたが、その時 父の目にも涙が溢れていました。
当時、私は未だ小学生でしたが「お姉ちゃんが悪いのでしょ。どうして、こんなに
毎日、遅く帰って来てお父さんを心配させるのよ。お願いだから もっと早く
帰って来てよ。私はお姉ちゃんが家にいないと寂しいよ~。」そう言って、
オイオイ泣き続けてしまいました。

ずっと立ち尽くしていた姉が私に言ったのは「もう泣かないで。これから
早く帰ってくるようにする。約束する。」そう言ってくれたのですが
僅か、3日ぐらいで その約束が終わってしまったのです。

家が嫌だったら、皆はどこへ行くのでしょうね。

私は父にベッタリでしたが、姉は映画の中に心を置いて過ごし、
兄は友人に恵まれていたので、友人の家で毎日のように夕飯をお腹
いっぱい頂いて育ててもらった、と兄はよく話していました。

今は社会のあり方が大きく変容してしまったのかもしれませんね。

  { 罪を憎んで人を憎まず。。。

    辛いけど 苦しいけど。
    哀しい出来事がこの世の中から 無くなります様に。。。}

caelさんの崇高なお気持ちを、私も大切に心に留めていきますね☆☆

caelさん、ありがとうございました☆☆☆

寒いこの時期ですから、caelさんもお身体を大切になさって下さいね(*^_^*)


2016/02/08 (Mon) 15:25 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: こんにちは。

e-75S-masaさん、こんにちは(*^_^*)

上村僚太さんの事件に限らず、最近は痛ましい事件が多すぎますよね。
このようなかたちで若い命が絶たれてしまう無念の気持ちを思うと、
本当に堪らないです。

幼子を虐待死させてしまう事件も後を絶ちませんが、
masaさんが仰るように{若い一生を無くしたことに対し
いかに償い、 その無念の人生をどう考えるか}ですね。

S-masaさん、答えを見いだせない今回の記事に、
コメントを寄せて下さって有り難うございました☆
私は心から感謝しています☆☆☆

masaさん地方は、まだ未だ厳しい寒さが続きそうですから
風邪をひかないようになさって下さいね(*^_^*)

2016/02/08 (Mon) 15:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment