Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

涼秋は ゆく・・・

9月25日が誕生日だった父が黄泉(夜見)の国へ旅だってから 今年の12月で3年目を迎えることになり
ました☆

母親が早逝して父の手元に3人の子供が残された時、私だけがのり付けするように父にくっつけておかないと
火がついたように泣き叫ぶ始末の悪い子だった(`´)と、父と親戚からも言われ続けてきました☆


1晩秋へ


もしも私が、父のように慈しみ深く とても器用で何でもやりこなせる大人になっていたら・・・。
今とは違う生き方をしていたかも知れませんが、私はひっそりと過ごしていくのが自分の性に合ってるような
気がします☆

普段の生活は、化粧っ気無し・・・服装に無頓着・・・(^^ゞ
お洒落だった父の嘆きをよそに、私は宮沢賢治の<雨ニモマケズ>のような生き方が好きなので☆


・・・露草と


優しい父のことを、みんな~ みんな~ 我が家の寡黙様だって大好きでしたから、家に来てくれた日は家族
全員が饒舌になってとても賑やかだった懐かしい日々☆☆☆


晩年の父は両目が見えなくなっていただけでなく、足腰が完全に不自由になっていましたが、姉が見つけて
くれた介護施設で、介護士の皆様に本当に良くして頂く中で、 眠るようにして亡くなりました☆☆☆


晩秋へ


姉は、大好きな父がお世話になっている施設へ 朝も・昼も・就寝時間の時も声を掛けに行ってたのですが、
ある日のこと。。。

「今日ね、私はおじいちゃんが言ったことに泣けてしまって涙がとまらなかったのよ。なんて言ったと思う?
私が行った時はうつらうつら眠っていたけれど、暫くすると おじいちゃんは両手を高く上げて『おかあさ~ん。おかあさ~ん。早く迎えに来てよ~。』と、悲しげな顔をして叫んだのよ。」

そう言いきる前に、滅多に泣顔を見せたことがない姉の目から大粒の涙が零れ落ちていました☆

父は母親の許へ早く行きたいと言って、姉を悲しませて~悲しませて~そして困らせたのです☆

けれども不思議なことに、父が亡くなった翌年の彼岸の頃に、周辺に野原がない長女の家の庭に、彼岸花が一輪咲いたのです!! 黄泉の国へ行ってしまったら…今度は孫やひ孫に会いたくなってしまったのでしょうか~☆


玉すだれ雨粒を溜めて


~ 涼秋の 美しい満月 ~を見あげた翌日。。。

私は父の形見のアコーディオンを たどたどしく弾きました!!

「あんたは いつまで経っても 下手だね(*^_^*)」「もちろんですとも(^^♪」私は、父に言われる前に 二つの会話をつなげながら指を動かし続けました☆

里の秋・・月見草の歌・・十五夜お月様・・浜辺のうた・・旅愁など、哀調を帯びた曲ばかりを~♪

早いもので暦は もう10月になりました!!
黄泉の国も寒くなってきたでしょうか~★ 今夜はヒューヒュー冷たい風の音が聞こえています★★★







 



 




 <小さな幸せのある暮らし>の中に、私は・よろこびも・かなしみも・織り交ぜて心模様を綴って
    いますが、訪ね来て下さる皆さまがいらっしゃることに☆
    そしてあたたかなコメントを寄せて下さる皆さまがいらっしゃることに☆ 
    感謝の気持でいっぱいです☆  皆さま 本当に ありがとうございます☆☆☆

    新たな出会いを下さった皆様にも心から感謝して☆ どうぞ これからも宜しくお願い致します  


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

にほんブログ村

ランキングに参加しています☆
クリックして頂けたなら幸せです♪



10 Comments

ふりかけ  

おはようございます
昨夜は強い風が吹いていて
今は雨が凄く降っています
そちらは大丈夫でしょうか?

今年の夏は残暑がなかったように思います。
四季が崩れてきていると感じます。

お父様
本当に優しい方でしたね
皆様も幸せだったと思います。
周囲に幸せを配れる人って素晴らしいです。

彼岸花が咲いたのですね
きっと会いにきてくれたのではないか と思います。
彼岸花は相思華とも言われていますから

アコーディオンも弾いてもらtって偲んでもらい
お父様はきっと喜んでいらっしゃると思います

2015/10/02 (Fri) 05:18 | EDIT | REPLY |   

S-masa  

こんにちは。

優しいお父さんだったのでしょうね。
ここに書かれた思いがお父さんに届いていると思います。

私の父母はまだ健在ですが、そんな気持ちになれるのはいなくなってからかもしれません。
今から親孝行・・・してますよ!。

2015/10/02 (Fri) 15:51 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: タイトルなし

e-75 ふりかけさん、今晩は(^_^)/

昨晩は、ふりかけさん地方では強風に加えて 雨もひどかったのですね。
こちらは強風だけでしたから、深夜は綺麗な下弦の月が見えました♪

最近は異常気象が猛威を振るっていますから 被害が出るたびに辛くなりますね。

9月に誕生日だった父。。。
叶わぬことですが、9月を迎えると父に会いたくなってしまいます。

父の側に姉がずっと寄り添っていたのに「お母さん。」のもとへ
帰りたいと言って姉を悲しませた時は、私も泣いてしまいました。

長女の家の庭に、咲いた彼岸花。。。
父が会いに行ったのでしょうか~☆

私の家に残してあるアコーディオンを、子供達が弾いてくれたら
父が喜ぶと思うのですが、引き継いでくれないのですよ(*^_^*)
父も、アコーディオンも、寂しいと思っているような気がします☆

ふりかけさん、お身体は、大丈夫ですか?
いつもコメントを寄せて下さって有り難うございます!!
私は心から感謝しています☆

~ 今夜もお月様がみえるでしょうか~☆
  ふりかけさん、おやすみなさい☆☆☆ ~

 

2015/10/02 (Fri) 22:52 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: こんにちは。

e-75 S-masaさま、今晩は(^_^)/

masa様のお父様とお母様は、お元気でいらっしゃるのですね♪♪

私は父のことを思うと胸がいっぱいになります。
自分もですが、子ども達も可愛がってもらってきたまま
亡くなってしまったような気がします。

masaさまがお元気でいらっしゃっることは
ご両親様のお幸せに繋がるような気がします!!

いつものmasa様の、素晴らしいフォトを
お父様とお母様にも見せて差し上げたら、喜んで下さるような気がします☆

これから寒くなっていきますから、風邪をひかないようになさって
素晴らしいフォトをUPしてくださいね。
いつも、楽しみにしています☆

masa様、嬉しいコメントを寄せて下さって有り難うございました☆
私は心から感謝しています☆


2015/10/02 (Fri) 23:22 | EDIT | REPLY |   

とらっく屋 さちこ  

さくらさん

おはようございます

さくらさんの心に、

いつまでも、いつまでも心の奥深く沁みついている

お父様への愛情の深さを思います

-----人様々ですが

本当に素晴らしい方だったのですね


両手を高く上げておかあさ~んと言う場面で

胸が熱くなりました

------。



母の存在は偉大ですね

意識していませんが、ドジで天然の私も母ですが

子供にとって

それだけ価値があるのですね


お父様の話から横道にそれてしまいましたが

お父様はさくらさんの

里の秋・・月見草の歌・・十五夜お月様・・浜辺のうた・・旅愁を

黄泉の国でお父様は、味わって聞かれた事でしょう

いつもすてきなブログ有難う



2015/10/03 (Sat) 10:02 | EDIT | REPLY |   

petero k  

さくらさん、こんにちは。
昨日はせっかく頂いたコメントを謝って消してしまい
ほんとうにごめんなさい。
それにも関わらず、あたたかいコメントをお寄せ下さり
感謝の気持でいっぱいです。
お父さまの温かいお心は、さくらさんがちゃんと受け継いでおられますね。
きっとお父さま、喜んでおられると思います。
ありがとうございました。

2015/10/03 (Sat) 13:58 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: タイトルなし

e-75 トラック屋 さちこさん、こんにちは(^_^)/

さちこさん・・・
いつも心に染み入るコメントを寄せて下さって有り難うございます!!

姉は1才半の時に自分の母親と死別して そこからずっと、父の心に
寄り添い続けていました☆
晩年は父の手となり 足となっていましたから、施設から帰る時は
いつも辛いと話していました☆

私も、ですが「帰るね。」と父に言うと、悲しそうに顔を背けて
帰りなさい、手を振っていましたが。。。

父は亡くなる一週間ぐらい前から 殆ど、うつらうつら眠っている中で
母親を恋しく呼び…それから間もなく、逝きました☆☆☆

さちこさん、ほんとうに母の存在って 偉大なのでしょうね☆

さちこさんは 意識していないけれど、ドジで天然なのでしょうか~(*^_^*)

私は大いに自覚している、ドジ母さんです☆ 
ここは、さちこさんに自慢できるところです(笑)
子ども達から注意される事ばかりで、
本当に頼りない母親だと思っています(=_=)

それでも、もしも…母が偉大ならば、心の何処かで必要とされている間は
元気でいるように 心がけていかなくては、と思いますね☆

父が遺していったアコーディオンは、私にとって
存在感がありすぎると言うものです☆
毎日のように肩にかけていますが、へたっぴーです(~_~;)

さちこさん、ありがとうございます☆

さちこさんの あたたかな思いが、私の心の中でふくらんできました☆

外はもう秋。。。
季節の変わり目ですから、体調が崩れないようになさって
お仕事に、お励み下さいね(*^_^*)






2015/10/03 (Sat) 16:59 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: タイトルなし

e-75petero kさん、今晩は(^_^)/

ご丁寧なコメントを寄せて下さって有り難うございました!!
petero kさん、私には何も心配なさらないで下さいね(*^_^*)

私は毎日のように失敗ばかりしています。
そして自分で修正出来ないことは、長女頼みなんです(=_=)
ですから、petero kさんのお気持ちが とてもよく分かりますから。。。

父は9月に亡くなりましたから、美しい月夜の晩になると、
特に懐かしくなるのだと思います。

お月様に向かって。。。
「たくさんの思い出を有り難う~!!」私はそう呟くのですよ☆

petero kさん、日ごとに秋景色になっていきますね☆
ワンちゃんとお散歩して、素敵な夕暮れの写真をゆっくりと
UPして下さる日を私は 楽しみにしています♪

お身体を、本当に大切になさって下さいね☆☆☆

2015/10/03 (Sat) 18:28 | EDIT | REPLY |   

燕雀  

読ませていただきました。
私はコメントをやり取りするというようなことは苦手で、殆どしたことはありませんが・・・。

さくらさんの感受性に共感するところが多くて書きました。

素敵な文章そしてお話ですね。私も父のことを思い出していました。読みながら、悲しいことも、切ないことも、美しいことなのかもしれないと思いました。そうではないのかもしれませんが・・・。

2015/10/30 (Fri) 20:04 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: タイトルなし

e-75 燕雀さん、今晩は☆

燕雀さん、とても嬉しいコメントを寄せて下さって有り難うございました☆

父と子ども達。。。
父は小さな楽団を率いてアコーディオン奏者をしていた時期がありました☆
昭和の歌謡曲、そしてジャズ・タンゴなどを家で練習していましたから
燕雀さんのエッセイの一つ一つの歌の中に、懐かしさが込み上げてきて
思わずコメントを残していきたくなってしまったのです☆

継母が来てからの日々は辛いことがいっぱいありました☆
けれども~今は切なくも懐かしい思い出となって甦ってくるような気がします☆

燕雀さんとの出会いに心から感謝して・・・
どうぞ、これからも宜しくお願い致します☆☆☆

2015/10/31 (Sat) 00:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment