Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

映画「きみはいい子」を観て☆☆☆

7月9日、木曜日に私は映画「きみはいい子」を観て来ました☆

この映画は、中脇初枝さんによる 日本の連作短編集。書下ろしで2010年の大阪2幼児置き去り死を
きっかけに執筆された、児童虐待をテーマとした 作品だそうです☆

けれども、重いテーマでありながら 全ての作品が、誰かの思いやりや言葉によって 光がもたらされる
優しい結末になっている☆
育児放棄や、虐待される側だけでなく、する側の心の闇(問題)にもスポットをあてて、丁寧に描かれている
事で、反響をよんでいるという、ご本の紹介がありました☆

映画の中では 幾つかの家庭を通して子どもの姿が描かれていましたが、我が子へ直ぐに手を上げてしまう
母親の姿を見ているうちに、私は 今から8年前に 長女家族が以前住んでいた家の前の団地で泣いていた
幼い男の子の姿が思い浮かんできました☆

私は長女の家を帰る時に玄関を開けるまでは、男の子の声は外で遊んでいるように聞こえていたのです☆

さくらの花

「お母さん、男の子の声は遊んでいると思っていたけれど、さっきから ずっと泣いていたのね。」と長女に
言うと「あそこの家はいつもなの。」と応えたので、私は少しの間 様子を見ていましたが、辺りが暗くなり
始めたので、男の子が泣いているマンションまで行って見ることにしました☆

3~4才ぐらいの男の子は、裸足で泣きながら、「おかあさん~おかあさん~」と言ってドアを叩いていた
ので「ぼく、おかあさんは中にいるの?」と聞いても、おかさんを呼ぶばかりでした★★

「おばちゃんが抱っこしてあげる。」と言うと自分の身体をドアーに寄せて、抱かれようとしませんでした☆ 

私は男の子を坐って抱き寄せて、チャイムを鳴らしました☆
「すいません、お母さんはいらっしゃるのではありませんか?お外で裸足では寒くなってきますから お願い
です。開けて下さい。」と、声を掛けている私の後ろを、上の階へ上がって行く方が「ここの家はいつもこうで
すよ。」と言って通り過ぎて行ってしまいました☆

私が離れれば 開けてもらえるのかしら?と思って暫く無言でいる私の側で泣いている男の子を、向かい側の
マンションの窓から見ていた方が来て下さって、「毎日のことだから、今日は警察に電話してみますから。
あとは私に任せて下さい。」と言って下さったので、私はその場を離れる事にしました☆

帰り支度をして、長女の家を離れた頃に パトカーのサイレンの音が近づいて来ました☆

藤の花

呉美保監督さんが映画化された「きみはいい子」の作品は、最優秀アジア映画賞に輝いたそうです☆

小学校の下校時刻を知らせる時に流れてきた~夕焼け 小焼け~の曲と、ベートーベンの第九・歓喜の
歌の挿入歌が、物語を とても温かくまとめられていたような気がしました☆ 

この映画は、ほんの少しの思いやりが生むかもしれない光を描き出した 作品だそうです☆

マンションで泣いていた男の子は今、どうしていることでしょうか。。。






 <小さな幸せのある暮らし>の中に、私は・よろこびも・かなしみも・織り交ぜて心模様を綴って
    いますが、訪ね来て下さる皆さまがいらっしゃることに☆
    そしてあたたかなコメントを寄せて下さる皆さまがいらっしゃることに☆ 
    感謝の気持でいっぱいです☆  皆さま 本当に ありがとうございます☆☆☆

    新たな出会いを下さった皆様にも心から感謝して☆ どうぞ これからも宜しくお願い致します  


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

にほんブログ村

ランキングに参加しています☆
クリックして頂けたなら幸せです♪










16 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/07/11 (Sat) 04:45 | EDIT | REPLY |   

ふりかけ  

おはようございます
さくらさん
映画観ていらしたのですね。
私も観てみたいと思います。

男の子
どうしているでしょうね
幸せに暮らしていたらいいのですが・・・

絵はさくらさんの絵でしょうか?
優しく包んでくれるようです。

いい週末を過ごしてくださいね☆

2015/07/11 (Sat) 05:43 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: タイトルなし

e-75 鍵コメ〇〇さん、おはようございます(^_^)/

鍵コメさんのお気持ちが とても静かに心に染み入ってきます☆

~ありがとう~ありがとう~☆

さくらの花の絵は、毎日のように 描いていたいです☆
花びらの中で 埋もれてしまうほどに。。。

鍵コメさんの お気持ちを 私も☆ いつも心から大切にしています☆

鍵コメSん、お元気でお仕事にお励みくださいね☆☆☆

2015/07/11 (Sat) 08:21 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: タイトルなし

e-75 ふりかけさん、おはようございます(^_^)/

「きみはいい子」は、とても良かったですよ☆

幾つもの テーマを織り交ぜていましたが、中脇初枝様が
訴えたかった思いを、呉美保様(映画監督)が
あたたかなオブラートで くるんであげているような
<心に余韻の残る映画>であったような気がします。

私は、この映画を もう一度 観たい、と思っています。
心に温もりを ずっと、長く残していきたくて。。。

私は絵の具を出すと、さくらの絵を描きたくなります☆
この絵が 優しく つつんでいるように見えるようでしたら
私は とても幸せです☆☆☆

梅雨があければ 猛暑が始まるのでしょうか。。。
暑さに負けないで、お元気でいらっしゃてくださいね(^_^)/

ふりかけさん、いつもコメントを寄せて下さって
ありがとうございます☆
~ 私は感謝の気持ちで いっぱいです☆☆☆ ~

2015/07/11 (Sat) 08:56 | EDIT | REPLY |   

ポーター  

便利な世の中、物質的に豊かになった日本人。
「人様」「他人様」なんて言葉は、「俺様」に変わり、
自己中心的になった日本人。
その中で、人の苦しみに寄り添えなくなった人々。

そうした状況が児童虐待の背景にあると考えます。


これまで何度か虐待される児童を受け持ったことがあります。
その母親は、見るからに暴力的な感じの人、
というわけではありません。
いい子育てをしようと一生懸命な人がけっこういます。
ですが、
残念なことに、
子供が言うことを聞かなかった時の対応が直線的。
だから、子供と歯車がかみ合わないまま、
結局、力で言うことを聞かせたり、
途方に暮れて自分一人で悩んだり。
誰かが一言言ってくれたら、
誰かがほんの少し手助けしてくれたら、
そのお母さんたちも、
血のつながったわが子を、
ひどい目に合わせなくて済んだのではないか、
と思うことがしばしばありました。

スーパーで駄々をこねる子供を、
汚い言葉で怒鳴りつける母親を見かけることが多くなりました。
彼女たちは、他に方法を知らないだけ。
直球だけではなく、
時にはカーブやシュートやフォークボールを投げてやればいいに…。
私を含め、
周りの誰かが一言声をかけてやればいいのに。
(その勇気のない私たちです。さくらさんは素晴らしい!)
そう思います。

そんな勇気はない私ですが、
小さい子供がいたら、笑いかけるようにしています。
「可愛いねえ。」と、さりげなく呟いてみることもあります。
もちろん、変質者と思われないように、細心の注意を払って。
すると、
たいていのお母さんは、それまでのしかめっ面から、
子供に笑顔を見せるようになります。
子供にかかわってくれて、嬉しいからなのでしょうね。



職業柄、たくさんの子供を相手にするので、
子供との接し方で、いろいろ学ぶことが多いです。
私には子供がいますが、
我が子を子育てする時も、
無意識にその経験を役立てているのかもしれません。

2015/07/11 (Sat) 13:53 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: タイトルなし

e-75 ポーターさん、こんにちは(^_^)/

心に染み入るコメントを寄せて下さってありがとうございました☆ 
私は、何度も~何度も~拝読させて頂きました☆

映画の中で、間もなく幼稚園へ行く子供を育てている母親が、夫の単身赴任している
寂しさもあってでしょうか、何かと我が子に辛くあたってしまい、叩き始めると、
とまらなくなってしまうのです。

親子で仲よくしている友人の家でも、一寸したことで叩こうとしていた その瞬間に、
友人は、叩かれようとしていた子供を守るのではなくて、母親を抱きしめて止めて、
「あなたは、小さい時に 虐待されてきたのでは?」と。。。

ママと子供たちが いつも仲よくしているので、叩かれてばかりの女の子に
「おばちゃんの家の子になる?」と聞くと「ママがいいのー!」と、いつも
答える子供の言葉に、ママはその都度、何かを考えているようでした☆

私が長女の家の近くで見た、泣いていた男の子のお母さんも、部屋の中で、
☆いつも☆ 何かを思って、泣いていたかも知れませんね。

その男の子が 毎日、そうして泣いていると聞いた時は 本当に辛かったです☆

「おばちゃんが、抱っこしてあげる。」と言っても ドアに身体を寄せて
抱かれようとしない姿を見ていると、「お母さん、お願いだから 聞いて下さい。
この子は お母さんが一番 好きなのです☆」と、言ってみたかったです☆

私は何度か ブログに載せている言葉がありまが。
~ 子ども達は メディシンボールのようなもの ☆☆☆ ~ 
 (山本有三さんの小説の中で出てくる言葉です。)

子ども達は、おじいさんのものではなく、子ども達のものでもない。
落っことしたりしないで、大切にして 親から子へ~そして孫へと手渡して
あげなくてはいけない<未来の宝物>ではないかと ☆☆☆☆☆

ポーターさんが、ニッコリ小さい子に笑顔を見せてあげると・・・
小さい子も、笑顔になり・・・ママもニッコリ(^^♪
想像して、私もニッコリ・・・・♪
 
ポーターさんのお仕事は とても大変なような気がします☆
けれども、私はポーターさんが、羨ましい!?です☆

ポーターさん、お身体を大切になさって お仕事にお励みくださいね(*^_^*)

2015/07/11 (Sat) 15:47 | EDIT | REPLY |   

愛希穂  

「きみはいい子」、私も視てみたいです。でも、調べてみたら、私が住んでいる四国では上映予定がないのです。

子どもが生まれるまでは、子どもに関心はありませんでした。
でも、子どもを持ってから、我が子だけではなく、他の子ども達、特に厳しい環境にいる子ども達のことが気にかかるようになりました。

教員ではありませんが、小学校で支援員として数年働き、子ども達と関わる中で、厳しい環境にいる子ども達と何人も出会いました。その子どもたちのために何かしたいと思っても、具体的に実のあることはできませんでした。ただ、声をかける、休み時間でも勉強もみてあげる、一緒に本を読むとかしかできませんでした。

子どもが、みんな誰も愛情をいっぱい受けて生きていく、それが当たり前の世の中となってほしいです。

「ほんの少しの思いやり」、1%でもいいから、持てる力にあと1%の思いやりをのせて、まわりの誰かを支えていけたらいいなって思います。

2015/07/11 (Sat) 19:40 | EDIT | REPLY |   

cael  

このお子さんのお母さんも 誰にも頼る人が居ないのでしょう。
そして近所の他人には 遠慮をして頼めない。

なんだか 昔を思い出します。

ここまでは酷くはないけど
多かれ少なかれ 子どもに当たる事は ありました。

そして、ご自分の母親と娘さんが仲良く赤ちゃん連れで
歩いていらっしゃる姿をみて 羨ましく思ったり。

子育て中は 例えば親切にして頂いたとしても
受け取る側が、気持ちのが付いていかなくて

それで ピンポンしても出る気持ちの状態じゃなかったのかも
ですね。。。。

思うのは 偏見の目でなくて 暖かい目なのでしょう。

2015/07/11 (Sat) 22:26 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: タイトルなし

e-75 愛希穂さん、今晩は☆

「きみはいい子」は、本来は、子どもへ虐待などの難しいテーマの
作品なのですが、とても温かくまとめられていたような気がしました☆

私も若い頃に、子どもさんをお預かりする仕事をしていたことがありました。
2人きょうだいのお子さんは、離婚の後でお父様がお子さんを育てていらっしゃって、
お預かりした頃は、笑顔が見えなくて いつもお姉ちゃんと弟が手をつないでいて
離れないでいました。

私は、その二人のお子さんの気持が痛いほど分かるので、ただ 温かく包みこんでいて
あげるだけでしたが、今度は 私が出勤していないと、上履きに履き替えるのを拒んで
私を待っていた時の姿が 今でも思い浮かんできます。

私は、二人の顔に笑顔が見えるようになった時、何かをしてあげるのではなくて、
そっと温かくつつみこんであげることが大事なのかなと思いました!!

「きみはいい子」の映画は、家の近くでも上映されてなかったので
少し遠くまで行って観たのですが、もう一度 観に行きたいと思っています☆


~ 子どもが、みんな誰も愛情をいっぱい受けて生きていく、
  それが当たり前の世の中となってほしいです。
  「ほんの少しの思いやり」、1%でもいいから、持てる力にあと1%の
  思いやりをのせて、まわりの誰かを支えていけたらいいなって思います。~

愛希穂さんが こう、仰るように、子ども達を周囲の大人が大切にして、見守ってあげて、
明るく元気に育っていってほしいと 私も願っています☆

愛希穂さん、心に染み入るコメントを寄せて下さって有り難うございました☆
私は心から感謝しています☆

~ それでは おやすみなさい☆☆☆ ~



2015/07/12 (Sun) 02:33 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: タイトルなし

e-75 cael さん、今晩は(^_^)/

コメントを寄せて下さって有り難うございました☆
私はうれしく 拝読させていただきました!!

男の子のお母様は、お部屋で 泣いていたのかもしれませんね☆ 
疲れていらっしゃるのでは?と 思いました☆

男の子が、泣き続けていた姿は、今でも思い浮かんでくることがあります。
元気で、明るくなっているでしょうかと。。。

私も、子育てをしている真っ只中の頃は 自分が疲れてきて 
泣きたくなったこともありました。
2人の子供が 同時に熱を出して「抱っこして~抱っこして~」と、一人を
抱いている私の足元で もう一人が縋りついて泣かれてしまった時に。

泣きたくなる☆☆ そんな時は。
そっと 手を差し伸べて下さる方に甘えて・・・助けてもらって・・・
「皆で子育てをしていきましょうね☆」 
そう思っていただける様な世の中であってほしいな~と、私も思いました☆

cael さん、お返事が遅くなりましたことを 深くお詫び申し上げます☆

~ それでは おやすみなさい☆☆☆ ~

2015/07/12 (Sun) 03:04 | EDIT | REPLY |   

あおい  

さくらさん
おはようございます♪
お元気でお過ごしのご様子嬉しく思います

【きみはいい子】
興味深い映画です
まだ見ていないのですが…
読書好きな家族が本を買っていて読み終えてるようです
さくらさんの記事を拝見して
是非読んでみようと思います

スマホやPCに依存気味の昨今 (笑) (^^ゞ
この機会に(日中外出を控えているので)沢山の書物に触れたいと思います♪

さくらさん
また急に暑くなりましたので
体調崩さないように くれぐれも気をつけて
お過ごし下さいね

いつも ありがとうございます m(._.)m

2015/07/12 (Sun) 09:17 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: タイトルなし

e-75 あおいさん、こんにちは(^_^)/

こちらへ 訪ねて来て下さって 私はとても嬉しく思っています☆

「きみはいい子」は、それぞれの家庭の問題を、あぶり出している中で、
とても温かくまとめられていましたから、心に残る映画であったと思います☆

つい最近、学校でいじめられていた中学生のお子さんが あまりにも 
惨たらしい死を選んで命を絶たれてしまったことを知って、「きみはいい子」の
映画が思い浮かんできました。

いじめられて・・・一人で悩んで・・・(先生から理解されないで)命を絶って
しまうことなど絶対に あってほしくないですものね☆

いじめる側の 子ども達の心は・・・

家庭とか、家族のかたちが 多分、一つとして同じではないような気がするのです☆
その中で、幼い子ども達にとって、とても大切なことは、
親は子供の目線に立って「ありがとう~☆ あなたはいい子だね☆」と言ってあげることや
甘えたい盛りの子ども達なら いっぱい、いっぱい抱きしめてあげることが大事なのかな、と
思いました☆

          ☆    ☆   ☆

あおいさん、梅雨があけなくても 日差しは大敵ですから
私もそうですし、次女も、お日様から逃げまくっています☆

あおいさんも、お身体を守って お元気でいらっしゃって下さいね(*^_^*)
私は あおいさんのお身体を いつも思っています☆

~ それでは またね☆ ごきげんよう☆ 明日、私は また 訪ねて行きますね ~

2015/07/12 (Sun) 11:49 | EDIT | REPLY |   

reimi01  

さくらさん こんにちは~♪

子供は親を選べない
幸せになるのも
不幸になるのも親次第
昔はどんな子でも、たとえお金がなくても親の愛があったような気がします
日本は
豊かになって何か大切なものが欠けてしまったのでしょうか?
どんな事情があっても無抵抗の我が子を虐待する事は許されない事です
悲しい事ですね~



楓花も一週間いて昨日帰りました
自我も芽生え大人の言うこともほぼ理解出来て
行動的で毎日、遊んでもらえました^^
幼子はとっても可愛いです♡




2015/07/12 (Sun) 12:14 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/07/12 (Sun) 23:14 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: タイトルなし


e-75 reimi01さん、今晩は(^_^)/

楓花ちゃんの健やかな ご成長は、私もとても嬉しく思っています。
reimiさんは、楓花ちゃんを見てあげていたのではなくて、
遊んで頂いたのですね(^^♪
reimiさんの お気持ち、とても、よく分かります☆

私は、孫が眠くなってきた時に 抱っこして~子守唄~を歌ってあげる時が
とても幸せな時間であったような気がします♪
どんなに泣いて、ぐずっていても、私が抱上げて歌い出すと、まるで
催眠術に掛けられたように、コッロと眠ってしまう瞬間が、
いとおしかったです♪

=子どもは親を選べない=
本当に、私も そうおもいます。
ですから 子育てに悩んだり、疲れてしまった時は・・・そんな時こそ、
周囲の方々と触れ合って、気持ちを外へ向けてほしいですね☆

reimiさんが 仰るように、昔はお金がなくても心が豊かだったことを
私も実感しています☆
新しいものが得られると、何かを失っていくのかも知れませんね☆

reimiさん、心に染み入るコメントを寄せてくださって 
ありがとうございました☆

reimiさんと、御家族の皆様の ご健勝を 私は心からお祈りしています☆

~ それでは おやすみなさい☆☆☆ ~ 


2015/07/13 (Mon) 00:46 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: タイトルなし

e-75 鍵コメを下さった〇〇さん、今晩は(^_^)/

私の名前・さくら・は、ハンドル名です☆
さくらの花が大好きなので(^^♪

鍵コメさん、やさしさと、あたたかさが しみじみと伝わってくる
コメントを寄せて下さって有り難うございました☆
私は 何度も 拝読させて頂きました☆

いつも、ありがとうございます☆
そして、これからも どうぞ宜しくお願い致します<(_ _)>

鍵コメさん、お身体を大切になさって お過ごし下さいね☆

~ それでは おやすみなさい☆☆☆ ~

2015/07/13 (Mon) 01:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment