Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

☆ 祈り ☆☆☆

10月3日・金曜日
大型台風が、また沖縄地方と本州に接近しているそうですから心配が募ります。
当日の朝は、私の住む小さな町の空は このようなうろこ雲が広がっていました。

10月の空

前夜は、いつもの次女の迎えで駅に着くと、真正面に半月が浮かんでいました。
次女から { 電車が遅れている。} というメールがきたので、ゆっくりとお月さまを
見ていられると思う間もなく、半月は急に真っ黒い雲に覆われてしまいました。

お月様を隠してしまった真黒な雲・・・
その夜、私は眠りに就こうと思ったら、御嶽山の噴火で行方が分からない方々の
ご様子が思い浮かんできて眠れなくなってしまいました。

噴火する直前の美しい青空と紅葉を、登山された多くの方々が写していらっしゃい
ましたが、突然の大噴火で、一瞬にしてあたりの様子が一変してしまって・・・。
翌日、テレビを見ると 大勢の方が下山されている!と、思ったのですが、そうでは
なくて、 その朝も噴火して黒煙を上げているる山頂を目指して、救助隊員の方々が、
上って行かれるお姿でした!!

頂上あたりの山荘に辿り着くと、中ではご自身も怪我されたお身体で、重傷を
負っていらっしゃる方を元気づけてこられた方が、いらっしゃったそうです☆

『 よく信じて 待っていてくれましたね☆ 』 救助隊員さんに、そう声を掛けられると
救助を待っていらっしゃった方が、『 信じられない☆☆』 と驚かれたご様子だった
そうです。

希望の光

今回の大噴火で多くの方々が一瞬にして尊い命を奪われてしまいましたが、今も尚
行方が見つからない方々を捜索していらっしゃる救助隊員さんの行く手を阻むものは
有毒ガスの発生や 雨でぬかるんだ土石流で、雨の日は 晴天時と違って、山頂
周辺に辿り着くまでに1時間半も多く時間が掛かる(4時間半になる)そうです。

台風が接近してきている今、捜索活動は中断されてしまうかも知れない。
『 与えられた任務を遂行し、全力で救出したい☆☆☆ 』 
私は、そう話していらっしゃった救助隊員さんのご家族の皆様のお姿も、見え
隠れしてくるのです。

まだ行方が分からない方の中には、小学生の女の子を気遣ってあげておられた
方と、その女のお子さんも見つからないそうです。
そして、外国人の方も この噴火に遭遇して、言葉が通じなくて途方にくれながら
携帯を取り出して、話しをしていらっしゃるお姿を目撃された方は、相手の方に
お別れの挨拶をされていたのでは?と、話していらっしゃいました。

今回の大噴火で多くの方々が亡くなられてしまいましたが、噴火直後の映像が
残されている中には、亡くなられた方のお姿も残されているそうですから、私は
色々な思いが駆け巡ってきて、眠れない夜を過ごしてしまいました。

きっと・・・私は取材のマイクを向けられたら、怒りまくって!?泣きじゃくって。。。
何も答えることなど できないと思います。

どうか、行方が分からない方が一刻でも早くに お家に帰る事ができますように!
そして、広島の土砂災害が発生した時に、救助隊員の方が小さい男の子さんを
しっかり抱きかかえたまま、二次災害の土石流にのみこまれてしまった悲惨な
状況にならない事を 私は心からお祈りしています。


ー 御嶽山の噴火で亡くなられた皆様のご冥福を 私は心からお祈り致します ー










~  ・こころのふる里・ さくらのブログへ訪ねて来て下さった皆様へ  ~


     私は、よろこびも 悲しみもある日常を ブログ・心のふる里・に綴って
     いますが、こうして訪ねてきて下さった皆さまに心から感謝して、この
     出会い☆ 触れ合い☆ を 大切にしていきたいと思っています。

         - どうぞ これからも 宜しくお願い致します ー


ランキングに参加しています☆

にほんブログ村
応援クリックをありがとうございます。