Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

小さな演奏会の後で

私は数日前に 横浜市立中学校の生徒による吹奏楽の演奏会へ 出掛けて来ました。


倉敷市で下校途中に行方不明になった女児が 無事に保護されたと言うニュースを知った

日でしたから、今年入学したばかりの一年生が上級生に交じって晴れやかに演奏している姿を見ているうちに、保護された女児のお顔が浮かんできて、思わず 涙が零れそうになってしまいました☆



もっと沢山 聴きたかったけれど~、アンコールなしを告げられて外へ出ると、頭上に

雨雲が覆っていて、家に着くが早いか?雨が落ちるのが早いか?・・・。

落ち始める雨と、家に戻る車と競争するような中で 自宅に辿り着くことができました。


私が住む小さな町では、梅雨入りしてから まとまった雨が降ったのは一度限りでしたが

その日は 間もなく、激しい雷と土砂降りの雨が しばらく降り続いていました。


裏山にある大きな木に雷が落ちるのではないか・・・(>_<)

そんな恐怖に怯えながら~、それだけでも恐ろしいのに・・・。


電源を切って・・・、蠟燭がいるかしら?…などと考える中で・・・

マレーシアの民間航空機がミサイルによって撃墜されたというニュースが頻りに、思い浮かんできてしまうのでした。




犠牲になられた方々は、子ども達が80人も含まれていて、295人の方々が亡くなられたと聞きました。


ウクライナ東部にご遺体が散乱していたという痛ましさに、モスクワのオランダ大使館前や

マレーシア大使館前には、子供の犠牲者も多かったために、玩具やぬいぐるみが沢山 置かれていて { 私達を許して下さい } { 戦争はやめて } などのメッセージカードを 置いて行かれる市民の方々が 後を絶たないそうですが、ロシアのテレビなどでは殆ど報じられていないという事を知りました。




「私達を 許して下さい。」


いったい・・・この言葉は・・・この思いは・・・、誰が誰に向けて 言わなければいけない

言葉なのでしょうか~。



0 Comments

Leave a comment