Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

小さな赤い実を・・・

            ~ お一つどうぞ ~

私が肩凝りで通っている接骨院は 先生と奥様が一緒にお仕事をされていて
心から優しいご夫婦でいらっしゃるので、通う事が苦なりません
それどころか、行かれなかった日は夜になると、必ずといっていいほど、お二人の
お顔が思い浮かんできてしまいます(*_*)

順番待ちしている間は、通っていらっしゃる方がたのお話が 奥のベッドから筒抜け
ですが、皆さま楽しそうに最近の出来事の喜びや 時には嘆きや苦しみなどを語る
方もいらっしゃる~。

そんな時は、先生ご夫婦は 人生相談の先生のようでもあります

受付には患者さんから届けられるお花や手芸品などや、お花の写真、旅先の風景
写真なども届けられるので、いつも色々な場所に賑やかに 飾られています!

5月のある日、受付に 今にも倒れそうなサクランボの木が花瓶に挿してありました。

      お一つどうぞ

患者さん、分けても女性はみな一様に 『 ワ~☆これはサクランボの木ですか?
これって、食べられるのですか?
町で、と言うか このようなところでサクランボの木を見る事ができて嬉しいです☆ 』
等々と、言わずにはいられないようでした

先生は嬉しそうに 『 近所の方が届けて下さったサクランボの木ですよ。
僕もこのようなところで見る事ができるなんて思ってもみない事だから、嬉しかった
ですよ
皆、帰る時には熟れている実を一つずつ食べて帰って下さいね。 』 と、ニコニコして
勧めていらっしゃいました(*^_^*)

私のお会計の時になりました。
 『 さくらさんも 赤くなっている実を一つ選んで食べて下さいね~。』
奥様が そう仰って下さると、 『 さくらさん、今度来るころには無くなっている
かも知れないですよ~~。』 と、奥から先生も声を掛けて下さいました。

皆さまがあまりにも楽しそうにして赤い実を選んでいらっしゃったので、『 私は
カメラに一つ撮って(頂いて)帰りますね~! 』
そう言って収めてきた(頂いてきた)大切な一枝の<サクランボの木>です


ランキングに参加しています!

にほんブログ村
応援クリックをありがとうございます。





12 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/06/05 (Thu) 10:44 | EDIT | REPLY |   

さくら  

No title

〇 鍵こめSさん、こんにちは(*^_^*)

早速、コメントを寄せて下さって ありがとうございました。
私はとても嬉しかったです!

私も訪ねて行きますね。

梅雨に入るそうですから、体調を崩さないようにして下さいね~。

2014/06/05 (Thu) 12:28 | EDIT | REPLY |   

たけ  

No title

接骨院の先生、素敵な方ですね。
きっと、訪れた方は皆、いい気分で帰られたことでしょうね。

木に実ったサクランボを、私はまだ一度も見たことがありません。
さくらさんの写真で、目を楽しませていただきました。

・・・・・・おいしかったですか?・・・・・・たけ

2014/06/06 (Fri) 21:32 | EDIT | REPLY |   

さくら  

No title

〇 たけさん、今晩は☆

お元気でしょうか?
コメントを頂いて、私はとても嬉しく思いました☆

<サクランボ>
愛情が満ちている室内に挿してありましたから、
美味しいのだと思います。

皆さまが あまりにも嬉しそうにサクランボの実を
たった一つですが選んでいる姿を見ていたら、
私は遠慮したくなりました☆

そして、カメラのお口にパクッと(パチリ)してきました(^^♪

たけさん地方は、雨は大丈夫でしたか?
梅雨入りになりましたから、皆さまお身体を大切に
してお過ごし下さいね。


お疲れでない時に また、こちらへ遊びに来て下さいね。

それでは おやすみなさい☆☆☆

2014/06/06 (Fri) 23:00 | EDIT | REPLY |   

reimi01  

No title

さくらさん こんばんは~

人生相談の様な接骨院は皆さん頼りにされているのでしょうね~

サクランボもこんなに沢山実ってそれも患者さんに味見をしてもらうなんて優しい思いやりのあるご夫婦なんですね♪
行ってお話しているだけで心が軽くなりそうです(*^。^*)

優しいさくらさんの周りには優しさが溢れていて
羨ましいです^^

2014/06/07 (Sat) 19:12 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: No title

〇 reimi01 さん、おはようございます。

お元気でお過ごしでいらっしゃいますか?

reimiさんのフォトは、いつもやさしくて温かいですね。
一枚、一枚が うた♪(詩)になっていて私の心にフワ~と
広がってきます。

☆道草は楽しい~
そうですよね。私も楽しませて頂きました!
童話の中にでてくる絵のようでした☆

☆タンチョウのヒナ
愛らしいヒナを確りとらえていらっしゃって・・・
感動しました。
タンポポ畑でママとお散歩する姿は
reimiさんのお嬢様と、お孫さんの姿と重なってきたのではありませんか?
ヒナのつぶらなひとみを、よくとらえる事ができましたね(*^_^*)

☆ゆっくりと。。。春
そうであってほしいのでしょうけれど~
いきなり、私達が住んでいる所よりも猛暑になってしまって
心配していました。

☆デッカイドウ~
本当にね☆☆
まるで人が住んでいないようですからね。
私が北海道へ行った時は、4年前・・・。
reimiさんの素敵なフォトから、何もかもが
懐かしく蘇ってきます。

いつの日にか、次女の迎えがなくなったら
ゆっくりと北海道へ行たいと思っています。

reimiさん、訪ねてきて下さって
有り難うございました(^^♪

2014/06/08 (Sun) 08:31 | EDIT | REPLY |   

南の風  

No title

こんばんは ! ご丁寧に、ありがとうございました。
お変わりなくお過ごしの事と存じます。
人生は思うようにならない方が多いですし、楽しい出来事よりも
辛い時間を長く感じるのも事実です。
親御さんがいると直接行動に出せませんが、心の支えになられて
見守ってあげてください。

2014/06/10 (Tue) 19:55 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: No title

〇 南の風さん、今晩は☆

ご無沙汰していて申し訳ありませんでした。
私はアメブロへ移ってから もう6月になってしまいました。

気持あらたに、とまではいきませんが、少しずつブログを
更新していくようになりました。
南の風さん、色いろと御心配して下さって有り難うございました。

このところ、鬱陶しい梅雨空が続いていますが、
そちらは如何でしょうか?
南の風さん、どうぞお身体を大切にしてお過ごしくださいね。

それでは おやすみなさい☆☆☆



鬱陶しい梅雨空が続いています

2014/06/11 (Wed) 00:27 | EDIT | REPLY |   

るどるふくん  

No title

 さくらんぼ、お持ち帰り!
さくらさんの通われている接骨院は 今時の感じやない、遠い昔を思い出させてくれるような時代の先生ですね。

  アメーバブログのお父様への想いと 何かリンクしているような。
私も齢をとってきたせいでしょうか、それとも両親と、もう会う事のない想いからでしょうか。
ジヮ~っとくるものが ありました。

 アメーバブログの記事と、接骨院の先生の穏やかさが、遠い昔の良き想い出を 甦らせてくれました。

 今回の両方の記事に 感謝です。

2014/06/17 (Tue) 23:57 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: No title

〇 るどるふさん、こんにちは。

るどるふさんが、私の両方の記事をお読みくださって
17日にコメントを寄せて下さっていましたのに
コメント返しが遅くなって、申し訳ありませんでしたm(__)m

接骨院のご夫婦は 来院される方がとても居心地良さそうに見えますよ。

るどるふさんの、お父様・お母様も 
もう会うことができないところへ行ってしまわれたのですね。

私は何かの折に ふと、凹んでしまう人(^^ゞ
ですから、このようにブログを通してコメントを頂くと
前へ進んで行こう~☆という気持ちになりました。

るどるふさん、コメントを寄せて下さって ありがとうございました☆
私は ほんとうに嬉しく思いました☆





2014/06/20 (Fri) 10:29 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/06/20 (Fri) 13:28 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: No title

6月20日の鍵コメさん、今晩は☆

とても力強いコメントを、私に寄せて下さって
ありがとうございました!!

私のブログの立ち上げは、日々思う事から始まりました。

そのうちにコメントを頂くようになって、
私は有り難く受け止めてきました。

時には立ち止まり~考えてしまう事もありましたが
また、前進して行きますね。

鍵コメさん、本当に有り難うございました!

2014/06/20 (Fri) 22:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment