Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

二分の一成式を越えて!

長女の下の子供は10才のお誕生日を迎えました!

10才は小学4年生で、この学年の児童は2月に入ると 「二分の一成人式
おめでとう!」 といって、学校で簡単なお祝い行事があると聞きました。

その日は4年生の父母も招かれて、音楽会などを開いて過ごすそうです。

下の子供がお祝いを迎える頃に 私が 「二分の一成人式あめでとう~!」 と
言うと 『 あのね、もう“二分の一成人式おめでとう!”って言わないことに
なったのだって。
理由はね、そう言うと 二十歳でもう人生が終わるような気がするって、誰かが
言ったので “10才のお誕生日おめでとう!”って言うようになるのだって。』
と、そんな風に話していました。

『 そうなの~  何だか複雑な話ね~。』 と、私は長女に話しました。

『 10才は成人式の二分の一になるから、心構えをして!?もらうために
祝うみたいよ。 』
2年前は、そう話していた長女でしたが、今年は 二十歳で人生が終わりを
迎えてしまうようだと言う声がでたので “ 二分の成人式おめでとう!” と、
言わないことになったと、話していました。

考えてみたら、大人の仲間入りしてからの人生って、人それぞれに長さは違うと
思いますが、自覚を持って生きるって、途轍もなく長いような気がしました。

何はともあれ、下の孫も10才のお誕生日を迎えたことに、私はこの先の無事の
成長を心から祈らずにはいられませんでした。

お誕生日 おめでとう~! おめでとう~                  
それは、いつだって大勢集まって、お祝いしてもらうのが好きな二人

誕生日のごちそう

でもね、大勢集まるのが好き  は、我が家もそうでしたし、長女の
お婿さんも大勢集まるのがだ~い好きですから、近くに住んでいる私達
家族3人は声を掛けてもらったので、喜んで飛んで行きました 


寿司ケーキ


皆は夕飯まで続く御馳走に、どこかで休憩しなければいけないと思いつつ
とうとうそのまま延長して、私達は8時頃に帰宅しました。

長女の上の子供は今年 中学生になります!

小学生の間は、まだ親がかりで過ごしていられるような気がしますが、
中学生になると 目の前には自分の足で歩んでいくという、
大切な“心の自立の道”が広がっているような気がします。

自立への道は、成人式の二分の一を迎えた時でしょうか~?

それとも小学校を卒業する時でしょうか?

悲しいことに、今は小学校でも いじめが広がっていると聞きました。

子育てを とうに終えてしまった私ですが、長女の子供達などにも起こって
いる身近な問題を耳にすると、自分の力で新しい道を歩んでいくその時期が
きても、親が我が子を見守り続けていくことの大切さをいだき続けていって
ほしいと、願わずにはいられません。

そして、長女の子供たちに限らず、全ての子ども達は、親の手から離れて 
新たな学校生活を過ごしていく中で、人を思いやることの大切さを心にとめて、
何気ない事にでも笑いさざめく、楽しい日々を過ごしてほしいと、私は
心から祈っています。

  
 
ランキングに参加しています!

にほんブログ村
応援クリックをありがとうございます。