Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

~薄暮~

近くに 遠くに山々を いだきながら 悲しみの色して 沈む夕日


DSCF3621.jpg


友人は ただ黙って 私の側に たたずんでいる


DSCF3624.jpg


私は友人に どんな言葉を かけたらよいのであろうか


この日 私が友人の家を訪ねて行った時は

駅前に降り立つと 少し汗ばんでいたけれど~


DSCF3631.jpg


また来るわね またね またね


そう言って 

お別れする前に 友人が案内して下さった 小高い丘に登ると

これがいつも 私が遠くに見る夕日なのであろうか


DSCF3630.jpg


そう思うほど 深い悲しみの色に つつまれていました



「この記事の、コメント欄は閉じてあります。

・こちらに参加しています・

にほんブログ村
クリックをありがとうございます。