Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

晩秋の鎌倉で!

先週は晴天が続く中を一日、鎌倉へ出かけてきました

~晩秋の鎌倉~

鶴岡八幡宮へ通じる参道。
本殿へ通じるこの道は、春は満開になる桜並木に集う人々でいっぱいになります。

             満開のさくらが浮かんでくる道です

この日は、歩いていると少し汗ばむような日和の中を、鶴岡八幡宮で結婚式を
挙げる方が何組もいらっしゃいました
             
           

先頭の方は、白無垢姿の花嫁さんとお婿さんが見えるのを待っていらっしゃって、
その手には雅楽で演奏される笙や龍笛が用意されていました。

訪れた観光客から祝福の拍手が送られる中を、雅楽を奏でていらっしゃる方に
導かれながら、中央の舞殿へ粛々として向かって行かれるところです。

私も最後尾の方について行きたかったです 

           神殿へ向かっていかれます

この日は大安でしたから、七五三のお参りに訪れたご家族の方の姿も
見えました

           

神奈川県の天然記念物に指定されていた大銀杏の木は、平成22年に発生した
強風で、根元から折れてしまったために、天然記念物の指定が解除されて
しまったそうです。

              折れてしまった大銀杏の木

樹齢千年を超えると言われていた大銀杏の木は、鎌倉を愛する方々の
心の拠りどころであったそうですから、折れてしまった時は、言葉では
言い表すことができないほどの、悲しみにくれていらっしゃったそうです。

やがて、根の部分から出てきて若芽を見た時は、心が躍るような歓喜を
おぼえられたと言う皆様のお姿が、この日の私の心に思い浮かんできました


               
※この度、リンクは別の所に移動させて頂くことにしました

・こちらに参加しています・

にほんブログ村
クリックをありがとうございます。













            

14 Comments

ふりかけ  

No title

さくらさん
おはようございます。

鎌倉に行かれたのですね!
いいな~~
私も行きたいです!!
もう何年も行っていないな~~

でもブログにUPしてくださって
私もいった気持ちになります。
ありがとうございます。

鎌倉は好きなところで
出来たら住みたいです。
パワーをもらえそうな地だって思います。

大銀杏は残念でしたね。
でも若芽が出ているのですね。
ずっと長いことその場所でいろいろなことを見てきた銀杏も倒れて
きっと今度は新しい銀杏が見守っていくのですね。

晩秋の鎌倉
楽しませていただきました☆

2013/11/26 (Tue) 05:40 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: No title

〇 ふりかけさん、おはようございます☀

昨夜の一瞬の大雨が大地を程よく濡らした朝は、
お日様に照らされた全てがキラキラ輝いて見えます!!

程よい雨も、たっくさん ふりそそいでくれる陽の光も、
この大地の恵みに感謝しないではいられませんね。

ふりかけさん、お元気でいらっしゃいますか?

鎌倉は私も久しぶりに行きました。
本当は、もっとたくさんの所を回りたかったのですが、
相方さんが・・・・・(>_<)

そんなわけで、鶴岡八幡宮で幸せになる方々の
笑顔と、七五三の可愛い子供さんたちの笑顔に
触れながら、帰ってくることになりました。

樹齢千年という大銀杏の木は長い歴史ドラマを
見続けてきたのですよね。

大きな大銀杏の根元から、幾つもの若芽が伸びていましたから、
子々孫々に、また、長い時代を越えていくのだと思います。
私が塵になっていく中で・・・(^_^;)

鎌倉は巨大地震が発生したら、大仏様の所にも
津波が到達するそうですね。

ほんとうに長い間、人々が大切にして守り続けてこられた
全てを、災害で失なわれてしまうのは、堪らないですね。

私は様々なことを考えながら、鶴岡八幡宮にいました。

ふりかけさん、いつもコメントを寄せて下さって
ありがとうございます。
私は、心から感謝しています!!

いつもご多忙でいらっしゃる、ふりかけさん、
お身体を大切にしてくださいね~~ヽ(^o^)丿

2013/11/26 (Tue) 10:30 | EDIT | REPLY |   

SABRINA  

No title

こんばんは!
やっとブログを更新して、お久しぶりに再会できてとても嬉しいです!
鎌倉へ行かれたのですね。
お天気もよくて、素敵な結婚式や子供達で、幸せオーラに包まれて
素敵だったのでしょうね☆彡
歴史ある建造物や千年もの歴史を見てきた大木など、
ずっと昔のことに思いを馳せると、心が落ち着くというか、
タイムスリップしたような不思議な気分になります。
私もどこか、出かけたくなりました。
ゆっくりと。。。
まだ数年は育児でバタバタなので。。。(^_^;)
数年後の楽しみにとっておいて、
得意の妄想で、旅行に出かけます(*´∀`*)

2013/11/27 (Wed) 00:01 | EDIT | REPLY |   

さくら  

No title

SABRINAさん、おはようございます。

おひさしぶりですね(*^_^*)
私も訪ねてきて下さって、ほんとうに
うれしかったです♪♪♪

私はSABRINAさんの根気と集中力には
心から敬服しているのですよ。

自慢ではないけれど~、
絶対に私はそんなに頑張れない…と(^^ゞ

お子様の御成長は、楽しくて、そして
かわいいでしょう!

私は鎌倉で式を挙げていらっしゃる方々や、
七五三でお参りにみえた家族の方々の姿を
見ているうちに、自分が子育てをしていた頃が
堪らなく、懐かしくなってしまいました。

あの日、袴姿の5才の男の子さんを写そうと
お父様がカメラを向けていらっしゃるのに、
坊やはいつまでもふざけて、変顔ばかりしていて
それが何とも言えなく可愛かったです。

SABRINAさんのお子様も優しいご両親に
見守られて、心豊かにご成長されていく姿が
私の目に浮かんでくるのですよ(*^_^*)

SABRINAさんは、ご家族を大切にされていく中で
ご自分のやりたいものを持っていらっしゃるのですから
ほんとうに素晴らしいですね!!

私はいつもSABRINAさんを応援しています。

一にも、二にも健康でありますように!
そして お子様のお健やかなご成長を
私は心からお祈りしています。

長い歴史を見続けてきた大銀杏の木は
折れてしまいましたが、根元から若芽が
たくさん出てきて、また悠久の時の流れへと
進んで行くように見えました。

私達も、そうして流れていってるのでしょうね。

SABRINAさん、コメントを寄せて下さって
有り難うございました。

風邪の季節になりました。
お身体を大切にしてお過ごしくださいね。


2013/11/27 (Wed) 09:16 | EDIT | REPLY |   

sara  

こんにちは~

鎌倉。。。。いいですね~
ちょうどいい時期だったのではないですか?

関東にいる時に一度だけ観光した事があります。
いつかゆっくりと。。。。と思っているあいだに
遠ざかってしまいました^^
東京から意外と近いのに、行かないまま越した事を
かなり後悔しましたよ。
でも、行きたいと思っていればいつかは行けるでしょう。

神社での結婚式に遭遇すると、嬉しい気分になりますね。
祝福の空気に包まれ、参列者のお顔もニコニコですからね~

【もし、もう一度”結婚式”ができるなら(笑)断然、神社がいいな。
龍笛や笙の音色で導かれるなんて・・・】
そんな妄想でも嬉しくなれる私です(笑)

2013/11/27 (Wed) 11:18 | EDIT | REPLY |   

さくら  

No title

saraさん、こんにちは✿

先週は晴天が続いていましたから、
出掛けてきました。

私の家からですとバスと電車に乗りついで、
順調にいけば、1時間半ぐらいの所にあります。

鎌倉は京都とは又違う趣があって、
心が落ち着くところだと思っています。

京都が雅!?であったなら
鎌倉は侘び、寂ではないでしょうか?

丁度、行った日は何組もの挙式姿の方々に
出会って、また七五三姿のお子様連れの
皆さんにも出会って、私は遠い昔の
懐かしい日々が思い浮かんできました。

この日が大安だったことを家に帰ってから
知りました。

龍笛や笙などの音色はいいですね~!
私は参列される方の最後尾に
ついて行きたかったですよ。

場違いの格好をした、
変なおばさんなのに(笑)

この日は汗ばむような日差しが
降り注いでいた鶴岡八幡宮様一帯は、
幸せ色につつまれていたような気がしました。

もし、もう一度“結婚式”ができるなら(@_@)
saraさん、大切なご主人様と
是非とも、幸せ挙式を二度、三度!?
如何でしょうか(*^_^*)

その時は、私も最後尾で
ついて行かせてくださいね(^^ゞ

saraさん、コメントを寄せて下さって
ありがとうございました。
コメントを頂くとうれしいですね(^^♪

2013/11/27 (Wed) 12:28 | EDIT | REPLY |   

しんさく  

No title

鎌倉って行った事が無いけど
さくらさんのお嬢さんんが
しんさくさん来てって言うなら
『いざ‼鎌倉』しちゃうよ(笑)

大銀杏って
公暁が実朝を隠れて
待ち伏せした場所やったっけ?
その当時やったら
木も細かったような気がするけど
ホンマに隠れてたんやろか?(笑)

2013/11/27 (Wed) 13:35 | EDIT | REPLY |   

南の風  

No title

こんにちは ! いつも、ありがとうございます。
南国も冬の季節になって、今日の気温は7度と小雨交じりの寒い1日に
なりました。
仏閣めぐりは、落ち着きますし脳にも良い影響を与えてくれると言います。
樹齢のある樹木を見るのも、楽しみな一つです。
今日は月2回の神社にお参りに行き、子供の円満な生活を願ってきました。

2013/11/28 (Thu) 17:15 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: No title

〇南の風さん、今晩は☆

こちらこそ、いつも訪ねて来て下さって
ありがとうございます。
私は心から感謝しています!!

驚いた事に、九州はもう雪が降っているところがあるのですね。

私は12月の中ごろに、法事で九州へ行く事になっています。

今年の2月に行った時は、新幹線が途中 途中で
雪のために減速となり、大変な思いをしました。
来月12月はどうなる事やらです。

南の風さんは、月二回、神社へお参りに行かれるのですね。

私も、南の風さんの御家族の皆様のお幸せを
心からお祈りしています。

南の風さん、日ごとに寒さが増してきますから
寒さに負けないで、お元気でお過ごしくださいね。

それでは、お休みなさい☆☆☆


2013/11/28 (Thu) 21:35 | EDIT | REPLY |   

sai sai☆  

No title

結婚式や、七五三参りの方々に出会い、
しあわせをたくさんいただけてよい日でしたね♪
大銀杏の木から若芽…期待を一身に受けて、
木の生命力もすごいですね☆

2013/11/28 (Thu) 23:32 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: No title

〇 sai saiさん、今晩は☆

鎌倉行は、晴天に導かれて行ってみたのですが、
結婚式を挙げられる方々のお姿や
七五三の可愛いお子さんと出会って
本当に嬉しかったですよ!!

家に帰ってから、その日は大安だったことを知りました。

大銀杏の木は、生きよう~、生きるんだ!!
根元から、若芽が出ているのを見て、そんな力強さを感じました。

sai saiさん、コメントを寄せて下さって有り難うございました。
私はとても嬉しく思いました!

明日はとても寒い朝になるそうです。
風邪ひかないようにしてくださいね。

それでは、おやすみなさい☆☆☆

2013/11/28 (Thu) 23:57 | EDIT | REPLY |   

bonbonno  

No title

秋の鎌倉も いいですよね。(紅葉とかもw
鶴岡八幡宮は、いつ行っても人が多いですが
結婚式とか、七五三とか、お宮参りとかを見ると
なぜだか、うれしくなって気持ちがはずんできますよね
皆さんの幸せを一緒に祈りたくなりますw

2013/11/29 (Fri) 15:48 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: No title

〇 bonbonnoさん、今晩は☆

以前から行きたかった鎌倉へ
久しぶりに行って来ました。

結婚式や、七五三の晴れやかな姿の方達に出合えて、
私も幸せな気持ちになりました。

今回は出かけるのが遅かったので、
鶴岡八幡宮だけになってしまいましたが
次回は、もっと時間をとって寺院を回りたいと
思っています。

bonbonnoさん、コメントを寄せて下さって有り難うございました。

寒くなってきました。
風邪ひかないようにしてお過ごしくださいね。

それでは、お休みなさい☆☆☆

2013/11/29 (Fri) 21:16 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: No title

〇 心が多忙なご様子の、しんさくさん今晩は☆

鎌倉は京都とは趣が違う⇔私だけが勝手に思うのですよ(^^ゞ
ような気がします。
京都が雅なら、鎌倉は侘び、寂のような??

娘が呼んだら<いざ鎌倉へ>と、馳せ参じるお積りですか(@_@)
いつも寝ぼけている娘に伝えておきますね。
 ボケた私が忘れなかったらね。

大銀杏には公卿が隠れていた?と言われていますが、
 しんさくさんが仰るように、
この大銀杏の樹齢は、1000年と言われたり
800年とも言われたりしているそうですから、
その当時では、隠れる事ができなかったのでは??
と言う説もあるそうですよ(@_@)

多忙なしんさくさんだと思いますが、
 納得がいくまで調べてみてくださいね~。

しんさくさんは、いつもお元気でいらっしゃる!!
そう思っていて大丈夫ですか?

 では、お身体を大切にしてお過ごしくださいね。

2013/11/30 (Sat) 19:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment