Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

・この世の花・

先日、歌手の島倉千代子さんが亡くなられたと言う報道があった日は、
島倉千代子さんのヒット曲が何度も流れていたので、私も口ずさんでいました

デビュー曲・この世の花・は、実らぬ乙女心の初恋を歌う 島倉千代子さんの
可憐で透き通るような声が、悲しいまでに美しく私の心に染み入ってきました。

~初恋の花~ 誰にでも、そんな時があったでしょうか・・・・

       <作詞・西城 八十> <作曲・万条目 正>

            あかく咲く花 青い花
            この世に咲く花 数々あれど
            涙にぬれて 蕾のままに
            散るは乙女の 初恋の花

            君のみ胸に 黒髪を
            うずめた楽しい 想い出月夜
            よろこび去りて 涙は残る
            夢は返らぬ 初恋の花

一番と、三番の歌詞があまりにも美しくて、私の心は潤んできてしまいました。

島倉千代子さんの訃報を知った歌謡界や、芸能関係の方達が「島倉千代子さんは、
ほんとうに優しい方でした。」と、どなたもが涙にくれて話していらっしゃいました。

今、私達の目の前にあるこの地上の大自然の美しさは、四季ごとに巡りきて
人々の心を癒し、時には慰められることを私は日々大切にして受け止めていますが、
島倉千代子さんは多くの人々から愛されてきた中で、その美しい歌声と共に
“優しい心の花”を、人々の心に沢山咲かせて、旅立って逝かれたような気が
しました!

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日は私一人の ~ルンルン~夕飯時間  を過ごしていました(^^ゞ

そこへ携帯電話のベルが鳴りました。
「 俺だけど~。」 と、息子からでした!

「 あら、どうしたの? 今、帰り途中なの? あっ、分かった
月が出ているぞ~!でしょう(笑) おあいにく様、お母さんはもう見たからね~。」

「 月じゃないよ 今、帰り途中で町の灯を見ていたら、不意に家のことが
懐かしくなって電話したのさ。」

「 え~~?ちょっと前に会ったばかりじゃないの~~ 」

「 考えてみたら、俺の家っていい家だったな、と思ってね。
振り返れば思い出がいっぱい詰まっていた家だったと思ったら、何だか急に
望郷の念に駆られてしまったかな…。」 ですって

「 ちょっと、ちょっと。望郷の念に駆られるには未だ早いでしょ!
そんな事は、もっと年取ってから言うものよ。」

それに~、お母さんは子供が好きだったから家族を大事にしてきたつもり
だったけれど、子ども達には十分なことをしてあげる事ができなかったと、
今でもそう思っているのだからね。

それなのに、『 いい家だった!』 なんて言ってもらえるなんて、お母さん
嬉しいわよ。いつでも遊びに来てね。」 と応えて、電話を切りました。

しんと、静まり返った部屋で息子の言葉を反芻していると、私の心の中に
反抗期を迎えた頃の息子の姿さえも、懐かしく思い浮かんできてしまいました。

幼かった子ども達と過ごしていた日々が思い浮かんでくる中で、私の心を、
こんなにも温かくしてくれた息子の言葉は、平凡な中にあっても そこには
家族の絆と思い出が詰まっていたのかな、と思いました

「 なんと言っても、おじいちゃんの存在は大きかったね~!」 と言った息子の
言葉からして、亡くなった父へ寄せる思慕の念も“心の望郷の念”に駆り立てられた
中にあったのかも知れません。

仕事を終えた息子が、疲れた身体を引き摺って!?帰る道すがら見た都会の
町の灯り

そこには美しい山も川もないけれど~、それぞれの家族の団欒が営まれている。

それは何気ない日常生活であっても、住む人々の“心の世に咲く美しい花”と
なって、いつの日にか人々の心にも懐かしく蘇ってくるのでしょうか・・・。

思いがけない思いを届けてくれた息子からの電話は、私にそんな思いを
抱かせてもらったような気がしました。

「 ありがとうね~!自分も身体を大切にして、Kさんと幸せに過ごしてね~。」



・こちらに参加しています・

にほんブログ村
クリックをありがとうございます。




18 Comments

とらっく屋 店長 さちこ  

No title

さくらさん

こんばんわ

今仕事が終わり、ブログをチェックしていました

今晩のメニュ-にしたい料理があったりと

帰宅する前の何分間ですが

さくらさんのブログの更新に気がつきました

私も帰り道、よそ様の家の灯りをみながら

それぞれの家庭の温かさを思いつつ帰りますが



息子さんはとても優しい方ですね

お母さんの気持ちをとても、思いやることの出来る方で

お母さんのことも大好きなのでしょうね

思ってもなかなかTELは面倒なもんです

さくらさん いろいろなご苦労が過去にあっても

心配りのある息子さん娘さんな囲まれ

苦労も実りましたね

幸せに乾杯です 








2013/11/14 (Thu) 18:11 | EDIT | REPLY |   

南の風  

No title

こんばんは ! 今日の昼のテレビで島倉さんの葬儀の模様が中継されているのを観ました。
死期を悟った人間は、こんなにも感謝の気持ちで語りかける事ができると思ったら涙が出てしまいました。
私も”人生いろいろ”をカラオケで唄っていましたが、好きな歌手がいなくなって寂しい思いがしています。

しっかりした心優しい息子さんですね、私は子供が側に居る時は、何も意識することもなく接していましたが、独立してしまうと、あの時にあうすれば良かったと思う事が多々あります。
さくら さんの人柄と、おじいちゃんの支えの賜物なのですね。


2013/11/14 (Thu) 19:56 | EDIT | REPLY |   

おと吉  

No title

心ほんわかしました。いい息子さんですね。
私も嫁さんを貰いたいなぁ~って思います。
私、仕事頑張ってます。
不安は最初あったものの、今では少しやりがりを感じています。
気負わず頑張りますよ!
さくらさんも、体ご自愛下さいね。では♪

2013/11/14 (Thu) 21:30 | EDIT | REPLY |   

さくら  

No title

〇 トラック屋 店長 さちこさん、今晩は☆

今頃はお食事もすんで、寛いでいらっしゃるでしょうか?

お仕事を終えた直後に、私のブログを読んで下さり
コメントまで寄せて下さって、私は感謝の気持ちで
いっぱいです。

私の幸せに乾杯して下さった さちこさん!

優しいさちこさんに乾杯の盃をいただいて
私の心がヌクヌクしてきます。

いつも、やさしい思いを届けて下さって、
ありがとうございます。

         ・・・・・・・・・・

さちこさん、息子は父親に電話したのですが
出先にいたので、携帯に気付かなかったみたいで、
私に・・・・・ですよ。


冬の寒さが増してくると、町の灯りは
とても温かく感じてきますよね。

北国は雪が舞い、長く厳しい寒さが
始まりました。

さちこさんのお家の灯りも
幸せ色が 続きますようにと
私は 心からお祈りしています。

明日は雨模様になると聞きました。
さちこさん 風邪ひかないようにしてくださいね。

それでは、お休みなさい☆☆☆

2013/11/14 (Thu) 22:32 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: No title

〇 南の風さん、今晩は☆

私も、島倉千代子さんのご葬儀を観ました。
身体が辛かったのでしょうに、と思うと涙が溢れてきてしまいました。

死期を悟って、メッセージを残し、歌も歌って逝かれるなんて
島倉千代子さんは、とても繊細な感じがしましたが、
芯は強い方だったのでしょうね。

人はいかにして生きて、そして
いかにして死んでゆくかを私は深く考えてしまいました。


息子は父親にも、姉や妹にも優しいのですよ。
ですから、息子が遊びに来ると 家の中が賑やかになります。
寡黙な大黒柱様も、嬉しいのだと思いますが、饒舌になります。

寒くなってくると、車窓から見える町灯りは
とても、温かく感じられますね。
それぞれの家の団欒が思い浮かんでくるような~!

南の風さんのお家も、とても温かな灯が
掲げられているように思えます。

明日は雨模様になるそうですね。
寒くなりました。南の風さん、風邪ひかないようにしてくださいね。

嬉しいコメントを寄せて下さってありがとうございました!
それでは、おやすみなさい☆☆☆

2013/11/15 (Fri) 02:05 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: No title

〇 おと吉さん、今晩は☆

コメントを寄せて下さってありがとうございます!

お元気でお仕事に励んでいらっしゃるそうですから
私はとても嬉しく思いました(*^_^*)

今では、やりがいも見えていらっしゃるそうですから
安心しましたよ。

息子は、ほんとうにホンワカしているのかも知れません。

私と息子の話は、笑ってしまうでしょ?
いつもが、そんな感じですよ。

日増しに寒くなってきましたから、おと吉さん
風邪ひかないようにしてくださいね。

おと吉さん、私はいつもおと吉さんの心を応援しています。

それでは、おやすみなさい☆☆☆

2013/11/15 (Fri) 02:17 | EDIT | REPLY |   

ふりかけ  

No title

さくらさん
おはようございます。

本当にいいご家族で
いい息子さんやお嬢さんですね~
息子さんの言葉言われるのって理想です。
『いい家だった』
そう言ってもらえるって最高だと思います。
愛情をこめてきちんとキャッチボールして返してもらえて羨ましいです。
きっと息子さんもいい家庭を築くのではないかと思います。

島倉さんの人生は歌のようだったように感じます。
幸せだった と思えるような人生を送りたいですね。

さくらさん
寒いですから、お風邪引かないでくださいね☆

2013/11/15 (Fri) 05:36 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: No title

〇 ふりかけさん、おはようございます。

指先が冷たく感じるようになりました。
ふりかけさん、お元気でいらっしゃいますか?

息子が仕事の帰りに町の灯りをみて、望郷の念に駆られたのは
空腹と、寒さを感じて、早く温かな家に帰りたかったのだと思いますよ(*^_^*)

帰ったら、灯りがともっていて、夕餉の支度ができているって
ルンルン気分になりますよね。
望郷の念だなんて、言うには早すぎるでしょ(笑)

私・・・マイナス思考ですから・・・
住む人々の町の灯りを見ると、今も何処かの家で小さい子供が
虐待を受けているのではないか? そんな心配が頭をよぎります。

       ✿  ✿ ✿

私のブログは<心の風景>にありますから
いつも、心模様を写しているので、
子ども達との会話文も多くなります。
きっと、どこのご家庭でも、我が家のような会話があるのではないでしょうか。

ふりかけさんも、ほんとうに
お優しい方ですから、あたたかな~あたたかな~
ご家庭を築き上げていらっしゃるご様子が
私の目に浮かんできますよ(*^_^*)

        ✿  ✿  ✿

島倉千代子さんの告別式を私は昨日、見ました。
生きるということ、死ぬということ・・・。

島倉千代子さんは、この世にたくさんの花を咲かせて
旅だっていかれたのですね。

✿✿

ふりかけさん、私達も一日一日を大切にして過ごしていきましょうね。

生活の中に、ブログを通して寄せて頂く
心と心の交流も大切にして・・・!!

ふりかけさん、いつもコメントを寄せて下さって
私は心から、感謝しています。
「ありがとうございます。」

寒さに強い風邪などが流行し始めました。
多忙な日々を 過ごしていらっしゃる
ふりかけさん、お身体を大切にしてお過ごしくださいね。

2013/11/15 (Fri) 09:33 | EDIT | REPLY |   

めぐみ  

街の灯

さくらさん

寒くなりましたね。
でも、我が家ではまだ扇風機が活動しています。
冷え性と、乾燥肌なので、
暖かいとたすかります。

島倉さん、逝ってしまわれましたね。
山あり谷あり、
数十億の借金や病気。
ひとがよかったばかりにだまされて。

でも、幸せな人生だったと思います。
一生懸命にできたこと、打ち込めてきたことが
これから先もデーターとして残り、
たくさんのひとのこころの中にも残るのですから。
普通のひとはそうはいきません。
特に、子どもや親族、友人などがいなかったり
少なかったりするひとの存在と記憶は、
あっという間にこの世界から消滅してしまいます。

息子さん、いいひとですね。
さくらさんの教育のたまものですね。
私も、飛行機やフェリーや夜行バスや寝台特急で
病院に通い続けました。
窓から見える家々の灯り。
堺正章さんの歌に「街の灯り」(だったと思います)というのが
ありましたけど、
あの歌を口ずさみながら涙を流して
あたたかそうな家々をよく眺めました。

父と母と、祖父と祖母が恋しい11月です。

お元気でお過ごし下さいね。

2013/11/15 (Fri) 09:47 | EDIT | REPLY |   

しんさく  

No title

デビュー曲が西條八十作詞って
相当期待されてたんやね

しかし来年でデビュー60周年って言ってた
島倉千代子のデビュー曲が
唄える さくらさんって
何歳の方やねん!(笑)





2013/11/15 (Fri) 11:38 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: 街の灯

〇 めぐみさん、こんにちは✿

嬉しいコメントを寄せて下さってありがとうございます。

めぐみさんのことは、いつも思い浮かんできます。
お身体の具合はきつくていらっしゃるのですね。
私は何もできなくて 心が痛みます。

       ✿    ✿    ✿

島倉千代子さんは、人が良すぎたのでしょうね。

普通では考えられない、借金を背負ってしまって・・・。
でも、それが一度ではなく、何回もあったなんて
島倉千代子さんの人柄を見越して、利用した人々は
なんのやましさも感じなかったのではないでしょうか?

歌い続けて、借金を返し続けていく島倉千代子さんの姿を
見て、平然としていたような気がします。

とても人柄が良い方でしたが、芯がある方だったのですね。
私は、昨日の告別式をテレビで観ている時に、そう思いました。

舞台に立つことに毅然としていらっしゃって、
この世に美しい花を、たくさん咲かせて逝かれたのでしょうね。

        ✿    ✿    ✿

めぐみさん、
私のブログは、(ふりかけさんへのコメント返しにも入れましたが)
<心の風景>ですから、日常生活の何気ない会話も入れてしまいます。

日増しに寒くなってきましたから、息子は車窓から
見えた街の灯りがとても温かそうに見えて
「ただいま~~!おお寒いよ~!」と言う家が
思い浮かんできたのではないでしょうか(*^_^*)

望郷の念だなんて、言うには早すぎるでしょ!?

人生、まだまだひたすら歩き続けて
クタクタに疲れた時に、山も川もないけれど
自分が生まれ育った町の小さな片隅を
恋しいと思ってくれたなら、と思います。

       ✿    ✿    ✿

めぐみさん、飛行機やフェリーやバスや寝台特急で
病院へ通い続けていらっしゃって・・・・・。
私は、掛ける言葉が見つかりません。

それでも、今日と言う日を大切にして頂きたいです。

堺 正章の歌、私もうろ覚えですが、聞いた記憶があります。
しみじみとして、良い歌でしたね。

お父様、お母様、お祖父様、お祖母様を
恋しく思われる めぐみさんの心に
私はそっと、寄り添っていたいと思います。

めぐみさん、御無理をなさらないで下さいねヽ(^o^)丿

2013/11/15 (Fri) 12:28 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: No title

〇 しんさくさん、今晩は☆
  そして、お帰りなさい。

しんさくさんは凄いですね!
もう東京を完全に把握したのですって(@_@)
恐るべし、しんさくさん・・・です。

ところでね、島倉千代子さんのデビュー曲を
歌えるさくらさんは、何歳やねんですか(笑)

私の初恋の人は
明治19年生まれの 石川啄木さん、
違うかな?
明治20年生まれの 山本有三さん?
それとも・・・・
明治29年生まれの 宮沢賢治さんだったかしら!(^^)!

そして、私の<さくら>は、奈良時代から散っては咲き、
咲いては散っている<さくら>です。

そんなわけで、私の年齢は 幾つぐらいか分かるでしょ(^^ゞ

しんさくさん、西條 八十さんの詩は
美しいでしょう?
私は、こんな詩の中で埋もれていたいです!!

しんさくさん、コメントを寄せて下さって
ありがとうございます。

私は嬉しく!!
困惑しながら???
コメント返しを、いたしますね~ヽ(^o^)丿


2013/11/15 (Fri) 21:27 | EDIT | REPLY |   

sai sai☆  

No title

はじめまして
島倉さん、最後まで歌を諦めず、やさしくて、
たくさんの方に愛されていらしゃった方ですね。
息子さん、優しいですね。
ご家族の温かい様子を拝見し、こちらまでホットな気分になります。


2013/11/15 (Fri) 22:15 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: No title

〇 sai saiさん、今晩は☆

私のブログへ訪ねて来て下さってありがとうございます。

島倉千代子さんは、心の強い方でしたね。

癌というと、末期の頃は激痛で耐えられない、と聞いていましたから
私は、透き通るような美しい声で歌っていらっしゃる島倉千代子さんの
強い気持ちに、心打たれてしまいました。

息子は、仕事帰りの道すがらでしたから、寒くて 家の灯りに
早く辿り着きたかったのだと思いますよ(笑)

“望郷の念”そんなこと言ってましたが、そう言うには
未だ早い!?
人生をいっぱい歩いて、疲れてきたら言ってほしい。そう思っています。
厳しい、お母さんが言うことにはね(^o^)

でも…、
家族の温もりって、とても大切ですね。
寒い寒い冬は、心も温かく過ごしたいですね。

sai saiさん、寒い日々です。
お身体を大切にしてお過ごしくださいね。

それでは、お休みなさい☆☆☆

2013/11/16 (Sat) 00:34 | EDIT | REPLY |   

☆藤乃☆  

ありがとう~

何だかね泣けて来ちゃった。
最近どうしたのか涙もろくなってしまった気がします。
島倉千代子さん大好きでした。
お亡くなりになる前までお家でレッスンされていたとか。
同じような状況下にいる母を抱えていたるので、記憶に深いデス。


自分が旅立つ日
いつか分からないけど、私はそんなに長くはいきられないかもしれません。
せめても、おかあさん、ありがとうって子どもたちが心からそう思ってくれるよう、これからも肥やしをやりながら、心の中に花一輪があの子たちの中に永久に残るような花を育てて生きたいって思います。

話は変わりますが、いつも思うにご子息様は心根の優しい雪をも溶かせてしまうほどにあったかいお人柄ですね。
それはきっと、さくらさんの子育てが良かったのは勿論、家族と言う深い絆の元に今のご子息様がいらっしゃるのでしょうね。


今夜は他の記事も少し拝読させて頂きました。
本当にありがとうございました。
藤乃

2014/03/15 (Sat) 23:44 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: ありがとう~

〇 藤乃さん、今晩は☆

私の古いブログの「この世の花」と、他の記事も読んで下さって
ありがとうございました。
私はとても感激しています!!

島倉千代子さんが この世から旅立って逝かれる直前の
お姿は、まさに人々の心に咲かせたいった
美しい一輪の花であったような気がします。

沢山の苦労を重ねてこられても、誰を恨むでもなく~、
どうして、あのように気高く、美しい心で、この世から
旅だって逝くことができたのでしょうね。

人はいつ、その時を迎えるか分かりませんが・・・。

私は島倉千代子さんのような 崇高なお姿と重ね合わせる
ことなどは、決してできるものではありませんが、
私の大切な父が黄泉の国へ旅立つときに、いざという時の
自分の心の整理も、できたような気がしました。

子ども達には心の負担を一切かけたくない、と・・・。

藤乃さん、私は明日、藤乃さんの方へ訪ねていきたいと
思っています。

今日は、綺麗なお月様が見えていますね。

藤乃さん、お身体を大切になさってくださいね。

それでは おやすみなさい☆☆☆

2014/03/16 (Sun) 02:42 | EDIT | REPLY |   

風鈴  

しあわせが伝わりますね

やっと春が来ますね。
しあわせが伝わってきました。日々の積み重ねが良くわかります。なんでもない日常が大切ですね。

やさしいご家族は人生の成果ですね。
温かさがとても素敵です。

2014/03/16 (Sun) 14:49 | EDIT | REPLY |   

さくら  

No title

〇 風鈴さん、こんにちは。

お身体の具合は如何ですか?

私はコメントを頂いて、たいへん驚いていますし、
風鈴さんのお身体を心配しています。


たった今、私がテレビを観ていた時の話なのですが~。

~ 一緒にいられるときを 生きよう! ~

何気なく観て、聞いていた私でしたが、
~ 一緒にいられるときを 生きよう! ~
この言葉を聞いて、
私は思わず書きとめてしまいました (*^_^*)

一緒にいられるって・・・・。
人との関わりをいうのでしょうか?

生活を共にしているペットちゃんたちでしょうか?

それとも~、美しい自然をいうのでしょうか?

~ 一緒にいられるときを生きよう! ~
私は、このブログを通して、風鈴さんと出会うことが
できましたことに 心から感謝しています。

風鈴さん。
コメントを寄せて下さってありがとうございました。
どうか、御無理をなさらずに、お身体を大切になさって
お過ごしくださいね~。

2014/03/16 (Sun) 16:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment