Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

~アンパンマンの思いも のせて~

少し前に遡るのですが・・・・・。
私は正義の味方の“アンパンマン”が世代を超えて愛されていると聞いて
いましたから、アンパンマンを読んでみたいと思っているうちに「アンパンマン」の
生みの親の、やなせたかしさん<本名・柳瀬 高>の御訃報を知りました。

私は子ども達に“アンパンマン”は、どんな人?と聞いたことがありました。

『 アンパンマンは、すっごくいい人なんだよ。悪いことする人をやっつけて
くれるの。アンパンは得意技で、ばいきんまんをやっつけてくれるけど、
優しいから相手が倒れるまで、やっつけたりはしないんだよ!」

お腹がすいている子どもには自分の顔をちぎって食べさせてあげるから
ヨレヨレの変な顔になってしまうけど、ジャムオジサンが新しいアンパンを
作って取り替えてくれるんだよ!』と嬉しそうに話していました

私は、やなせたかしさんが亡くなられてから一冊の本を買い求めました。

<希望のありか・なんのためにうまれてきたの?>です。  

             それいけアンパンマン

               そうだ うれしいんだ            
               生きる よろこび               
               たとえ 胸の傷が痛んでも           
                        
               なんのために 生まれて    
               なにをして 生きるのか
               こたえられないなんて
               そんなのいやだ

やなせたかしさんが戦争体験されて、振り返られた中で・・・。
『 戦争は絶対にやってはいけない行為。殺す相手は憎くもなんともない。
家に帰れば良いお父さんであったり、息子であったり・・・・。
でも、目の前の相手を殺さなければ、自分がやられてしまう。
相手も同じですよね。

そこに、どんな目的があるのか?
正義のためと言って、爆弾を落とせば罪のない子供たちが死んでしまう。

正義とは勝った方、負けた方によって、立場が逆転するもの。

真の正義とは、ひもじい人を助ける事ですよ。
そこに飢えている人がいれば、その人に一切れのパンを上げると言うことは、
A国へ行こうが、B国へ行こうが正しい行い!

その飢えを助けるのがヒーローだと思って、それがアンパンマンのもとに
なったんですね。』と、記述されていました。

やなせたかしさんは、ご自分にはお子様がいらっしゃらなかったそうですが、
子ども達を心から愛してアンパンマンを書き続けてこられたそうです。

体調がすぐれなくなったので、93歳の時に引退を決意されたけれども、
その年に東日本大震災が発生して、引退だなんて甘いことを言ってる時じゃない!
そう思われたそうです。

        アンパンマン

被災地の子ども達から『アンパンマンのマーチ』は、勇気や希望が湧いて
きて元気になる!という手紙が送られてきた時は、御体調が悪かったにも
関わらず、様々な支援活動をされて、翌年94歳で亡くなられたそうです。

                        

私は昨日のニュースで、大島で土砂災害に遭った御家族の方で、お母様が
大けがを負って入院していらっしゃって、そこで取材に応えていた小学一年生の
お子さんの姿を見ました。

「お父さんは、まだ帰って来ないんだ。早く帰って来て皆と一緒に過ごしたいよ。」

お子さんの顔を見た時、男のお子さんは じっと絶えているというのに、私は
涙があふれてきてしまいました。

 フィリピン、レイテ島を襲った大型台風・・・。

東日本大震災と津波のような甚大な被害が発生して、救援活動が思うように
進まない中で、大人も、子どもも泣いていらっしゃる姿を、遠い国へ旅立たれた
やなせたかしさんは、どんな思いで見守っていらっしゃることでしょうか~。

たった一つのパンはおろか、一片のパンさえ届かないで数日経っている被災地。

現地には欧米の救援隊や医療支援チームが派遣されて、日本からも自衛隊を
千人規模派遣し、救援活動にあたることになったそうです。

私は やなせたかしさんの…、あんぱんまんの…、勇気や希望への思いも、
そこにのせて、送り届けられることを願っています。

          ~ 100年後へのメッセージ ~
            100年後の世界では、 
            漫画的精神で、みんながなかよく、そして面白く、
            楽しく暮らせる世界になってほしい。
            希望を込めて、そう考えています。
                  
                        ・やなせたかし・より
  


・こちらに参加しています・

にほんブログ村
クリックをありがとうございます。






10 Comments

とらっく屋 店長 さちこ  

No title

さくらさん

当たり前の生活がなんとありがたいのかと

思う昨今です

命に危険にさらされている人のなんと多い事でしょうか

アンパンマンは永遠のヒ-ロ-ですね

アンパンマンは初め2歳くらいの幼児から火がついたと聞きました

孫達が歌うアンパンマンの歌を聞いてこれが子供の歌かと思うほどの

深い

内容にビックリしました

やなせたかしさんは天国に召されたのですね

知りませんでした

あの世からアンパンマンをいっぱい送り出して欲しいですね

というよりも

アンパンマンのような子供がたくさんいれば大人になっても

その心を忘れず歩いていけば世の中戦争なんて

なくなるかもなんて思いますが

夢だけは捨てないでいましょう

そんなやさしい世界ではないにしても



涙してくれている人がいる

思ってくれている人がいるそれだけでも

人は充分、勇気を貰うと思います

アンパンマンのブログ有難う

帰り道 月灯かり 金星の辺り 見えないけれど

さくらさんのような涙のアンパンマンがいっぱい飛んでいるかも

 それでは、帰りますね

 さくらさんも

 良い日曜日をお過ごし下さい












2013/11/16 (Sat) 18:16 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: No title

〇 トラック屋 店長さちこさん、今晩は☆

さちこさんは お仕事の後で 私のブログを読んで下さって…

帰る道すがら 月灯り 金星の灯り 見えないけれど

私の涙のようなアンパンマンが いっぱい飛んでいることを

願いながら お家に帰られたのですね。

さちこさん、いつも温かなコメントを寄せて下さって
ありがとうございます。
私は心から感謝しています。

私はアンパンマンのアニメは見たことがありませんでしたが、
子ども達にはとても人気があったそうですね。

アンパンマンが出来上がった時、他のヒーローと違って
いつも傷つき、弱音を吐き、ジャムおじさんに助けを求めて
顔を作り直してもらうことから、評論家からは、けなされていたそうですよ。

けれども、その弱い、カッコ悪いヒーローこそが
子供たちが応援したくなる、愛される「アンパンマン」で
あり続けたそうです。

        ・・・・・・・・・

さちこさんが おっしゃるように
あたりまえの生活が ある日突然に失われてしまう~。

最近は あまりにも多すぎて・・・・

救援活動に、夜を徹してあたって下さる方々のお姿にも
思いは深く~です。

さちこさん、アンパンマンのような優しい心を持った
子供達が、元気よく育っていってほしいですね。

子ども達を心から愛して下さった、やなせたかしさんが
見守る中で・・・・・。

さちこさん、今夜も美しい月夜ですね!
風邪ひかないようにしておすごしくださいね。

それでは おやすみなさい☆☆☆


2013/11/16 (Sat) 22:37 | EDIT | REPLY |   

ふりかけ  

No title

さくらさん

おはようございます。
アンパンマン 家の子も長女から大好きでした。
三女が一番好きな期間が長かったです。

親しみやすい丸い顔
自己を犠牲にして他者を助ける
なかなかできることではありません。
それが子どもたちの心の中に宿ってくれていればいいな と私は思います。
生きることが うれしい
そんな日々をおくってほしいと思います。

いま 何が起こるかわからない時代になったと思います。
地域や国を越えて助け合えることが大切ですね。
支援の輪が広がってくれるように願います。

本当にメッセージ通りに
100年といわず
一日でもはやく
みんながなかよく
そして面白く
楽しく暮らせる世界になってほしい
と私も思います。

さくらさん
いつも私の心配もしてくださってありがとうございます。
いそがしいことはありがたいことでもあると思っています。
無理はしないで頑張りますね。

2013/11/17 (Sun) 10:12 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: No title

〇 ふりかけさん、今晩は☆

アンパンマンを私は見たことがなかったのですが、
孫(小学4年生の子)にアンパンマンはどんな人?って
聞いたら、とても嬉しそうに、ブログに載せたような話を
していたのですよ。

アンパンマンは、初めのころは大人には不人気だったそうですが、
子ども達(幼い子ども)からは、直ぐに愛されるようになったそうですね!
それは、どこか弱くて、頼りなくて、ジャムおじさんに助けを求めたりして~。

きっと、それゆえに子供達もハラハラして、応援したくなって
見ていたのかも知れませんね。

やなせたかしさんは素晴らしいですね!
94歳で亡くなる直前まで、被災地の子供達を
心配されて旅立っていかれて~。

島倉千代子さんではありませんが、やなせたかしさんも
この世に(人の世に、子どもの心に)たくさんの花を
咲かせていってくれたのではないでしょうか。

ふりかけさん、私達も未来へ続く子供達を愛する心を
持ち続けていきたいですね。

やなせたかしさんが安心できる100年後へ向かっていくように~!

ふりかけさん、今夜も美しい月の夜ですね。

お月様を仰ぎ見ながら・・・・・
ふりかけさん、おやすみなさい☆☆☆

いつも、コメントを下さって、私は心から感謝しています!!


2013/11/17 (Sun) 20:39 | EDIT | REPLY |   

sara  

夜はパソコンができないので携帯から…チマチマと。

こんばんは。
うちの娘もしっかりアンパンマン世代ですが、好みがはっきりしていて、興味があった時期がとても短いです。

今にして思えば、感性や心を育てるにはもってこいの教則本でしたね。
歌詞を知ったのが数年前だったので、軽くショックでした。

こういうメッセージ性のある歌は時代を超えて歌い継がれて行って欲しいです。

2013/11/18 (Mon) 00:23 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: タイトルなし

〇 saraさん、昨晩は携帯から…チマチマと(*^_^*)
コメントを寄せて下さったのに、お返事が
遅くなってごめんなさいね。

アンパンマンをよく知る、孫二人が小学校の代休で、
泊りに来ていて振り回されていました(+_+)

やなせたかさんは、ご自分にお子様がいなかったけれど
子ども達が大好きで、いつも目線が幼い子供達に
向いていらっしゃっるって、本当の
優しさを持った方でいらっしゃたのでしょうね。

心を、かたちにして届けるって、
素晴らしいですね!!

私も、未来へ続く子ども達を大切にして
見守ってあげたいと思っています。

saraさん、コメントを寄せて下さって
ありがとうございます!
私は心から感謝しています!!

日増しに寒を感じるようになりました。
saraさん、風邪をひかないようにしてくださいね。




2013/11/18 (Mon) 15:12 | EDIT | REPLY |   

南の風  

No title

こんばんは ! 南国も寒い季節に入りました。
私の孫たちも、アンパンマンが大好きで、遊びに来た時は、テレビはとられてしまいます。
ゆさしい正義の味方、アンパンマンは、子供にはどう映っているのでしょうか。大きくなって家庭を持った時に、子にどんな話をするのか想像するだけでも楽しくなります。

2013/11/19 (Tue) 19:20 | EDIT | REPLY |   

さくら  

No title

〇 南の風さん、今晩は☆

私は残念ながら、アンパンマンのアニメを
見たことがありませんでしたが、幼い子供たちが
大好きだったと言う、アンパンマン(ヒーロー)は
どこか頼りなくて、ハラハラさせるものがあったのでしょうね。

応援したくなるようなヒーローだったのでしょうか・・・。

子ども達を愛し、優しい心を持つ事の大切さを
教えて下さった、やなせたかしさんは
亡くなる直前まで、東日本大震災で被災された方々や
子ども達を心配し続けていらっしゃったと聞いて、
心を動かされずにはいられませんね。

最近の自然災害は、世界の国々で発生していて
明日は、我が身ではないかと思ってしまいます。

いざという時に、アンパンマンがたくさん、いてほしいと
思っています。自分もそうなれるでしょうか(^^ゞ

南の風さん、いよいよそちらも寒くなってきましたか?
寒さの中を、風邪ひかないようにしてお過ごしくださいね。

南の風さん、コメントを寄せて下さって
ありがとうございました。
私は心から感謝しています。

それでは おやすみなさい☆☆☆

2013/11/19 (Tue) 21:21 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/11/20 (Wed) 12:02 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: No title

〇  鍵さん、こんにちは✿

私は鍵こめさんのように優しくて、美しい心を
持っていらっしゃる方が大好きです!!

そして、また、私のブログを読んで下さる方が
ご丁寧にコメントを寄せて下さる方の
お気持ちも大切にしていきたいと思って今日まで、きました。

私は 下さった、お一人ずつのコメントを、2~3回
読みかえしてから、コメント返しをしています。
相手の方の気持ちに添っているかしら?
などと考えて・・・・・。

私が訪ねて行った時にも、同じような気持ちで
コメントを残していってるつもりです。
その場合、コメントは
鍵コメがよいのか・・・?
鍵にしなくても良いのかを
考えて残していくようにしています。

鍵コメさんが御心配してくださった件では
その内容を忘れてしまった(^^ゞ
確か・・・・・鍵コメにしなくても
大丈夫かな~~と思っていたのだと思います。

ですから、何もご心配なさらずに
駒を進めて下さいね。

私にとって、鍵こめさんも
とても大切な方です。

これからもたくさん、たくさん、宜しくお願いしますね(*^_^*)

2013/11/20 (Wed) 14:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment