Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

突然の来客が・・・

いつもの事ですが、数日前に「急だけど、今からそっちへ行っても
いいかな?」と千葉に住む息子から電話がきました。

「何時ごろ着くの?」 「昼ごろだけど、いい?何か食べるものあるかな?」
「あるもので作るから大丈夫よ。」と、私は応えました。

あるもの~と、いう事で、私はウインナーカレーとサラダを作りました。

家には日中私と二人でいる時は、音声は出ない!?殆ど動かない大黒様が
いますが、息子が来ると伝えると、「そうか!何時ごろ来るのかな?」と、
急にそわそわとして動き始めました

結婚して三年目になる息子は幸せな様子ですから、私も本当に嬉しいこと
ですが、話しの中心になっていた息子が独立してからは、妹もお兄ちゃんが
大好きでしたから、火(灯)が消えたような家になってしまいました。

大黒柱さまも寡黙になってしまいましたから、駅まで車で迎えに行き、
息子の顏を見ると、私といる時とは別人のように饒舌になりました

一人よりは二人。二人よりは三人

食事は大勢で食べた方が美味しいものですよね。
ウインナーカレーだと言うのに「おいしいね~!」を連発する息子に
私の心も美味しさ、うれしさでいっぱいになりました

久しぶりに賑やかな昼食時間を過ごす中で、まさかの量のカレーと
サラダを、三人で殆ど食べ尽くしてしまいました

いつも幸せ太りしているような息子は「自分の家に帰って来たようだ。」
そう言って、トドのように転がって寛いでいました。

私も話し相手に飢えていたので、何かと抱えている心配事を、まどろんでいる
様な息子に、話しかけ続けていました。

たちまち時間は流れていきました。

「今日、お兄ちゃんが来たのよ~。」と次女に話したらガッカリすることは
分かっていましたが、夕暮れ時に最寄りの駅まで送って行く事になりました。

家を出る時に息子は不意に、松尾芭蕉の<奥の細道>を諳んじ始めました。

~ 月日は百代の過客にして、行かふ年も又 旅人也。
舟の上に生涯を浮かべ、馬の口をとらえて老をむかふるものは…

『お母さん、あれこれ心配ごとを抱えないようにしなよ。
幾ら考えても心配ごとが解決していくわけじゃないからね。』

『・・・・・・・・・・・・』

『考えてもごらんよ、俺たちがこの先、いくら頑張って生きていったと
しても、100年も経ってみなよ。俺たちは、もうこの世にいないのさ。
だから、お母さんがどんなに心配しても、心配は届かなくなるし、今
心配している人さえも この世には居ないのだからね。』と言って、また。

~ 日々旅にして旅を栖(すみか)とす。………
予もいずれの年よりか、片雲の風にさそはれて、漂泊の思ひやまず…

~ 草の戸も 住み替わる代(よ)ぞ ひなの家 ~

『お母さん、お母さんたちが綺麗にしたこの家だって、100年も
経ったら、どうなっているのか分からなくなるだろ。
住む人はみんな代わっているのだからね。』

『何でも考え過ぎなくていいんだよ、お母さんは。』

息子は、何事にも心配性の私に、そう言い残して帰って行きました。

~片雲の風にさそはれて~

息子が帰り際に私を諭すように言って帰った言葉は、私の心の中に
風のように吹き抜けていったような気がしました。


・こちらに参加しています・

にほんブログ村
クリックをありがとうございます。

14 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/10/16 (Wed) 15:40 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/10/16 (Wed) 16:16 | EDIT | REPLY |   

めぐみ  

台風は・・・

さくらさん

息子さんの来訪、とても幸せそうなお食事風景。
思わず笑みがこぼれました。
それにしても、大黒様は、
もうすこし愛する妻に言葉を掛けるべきですよね~

息子さんは、文学青年なんですね。
私も、学生時代は好きで暗記しました。
方丈記や平家物語などと一緒に。
あぁー、この世のなんとはかないことか、
なんて呟きながら。
息子さんの仰るように、
幸いなる道を信じて、
生きていきましょう。

ところで、台風は被害ありませんでしたか?

たくさんの方がお亡くなりになり、
怪我をされて、また、行方不明になられて、
言葉もありません。
さくらさんご家族みなさまが
どうかご無事でありますように。

2013/10/16 (Wed) 17:23 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: 台風は・・・

〇 めぐみさん、今晩は☆

私は、今日こそは、今日こそはと思いながら、この数日が
経ってしまいました。
めぐみさんの小説、とても奥が深くて読みごたえがありますね。

ところで…、我が家の大黒柱さまはね~(>_<)
めぐみさんのお家のひろさんを、一日でもいいですから、
貸して頂きたいです(^^ゞ

帰り際に息子が私に語りかけて(投げかけていった)言葉は、
私の心に、すぅ~と入り込んで、
私の煩いが、~さらさらと~通り抜けていったような気がしました。

めぐみさん、今回の台風も大きかったですね。
災害大国日本は、どんなに小さくても亡くなられる方が
いらっしゃって、ほんとうに心が痛みますね。

神奈川も昨夜は、激しい雨でした。
念のために、夕べのうちに二階の物干しざおをおろして置きましたが、
風の音も激しくて、怖かったですが無事でした。

地震も、竜巻も、洪水も、明日は我が身ではないかと思います。

めぐみさんの温かい励ましの言葉に、私は本当に勇気づけられます!!

めぐみさん、いろいろとご心配して下さって、ありがとうございました。

私も、めぐみさんのことをいつも心配しています。
お身体の具合は如何でしょうか?
どうか、御無理をなさらないで下さいね。

めぐみさん、コメントを寄せて下さってありがとうございました。
私はとても嬉しく思いました。

それでは、お休みなさい☆☆☆

2013/10/16 (Wed) 21:30 | EDIT | REPLY |   

ふりかけ  

No title

さくらさん
こんばんは
台風は大丈夫でしたでしょうか?
大島の方は大変でしたね。
被害に遭われた方に心からお見舞い申し上げます。
今年は本当に自然の猛威を感じます。

ウインナーカレーですか~~
いいな~~
私も食べたいです♪
幸せな食卓が目に浮かぶようです。

さくらさん
そうですよ~~
心配ばかりしていたら先に進まない・・・
息子さん きっと心配してくださっているのだと思います。
お母さん思いのいい息子さんですね!
お嬢様たちもお母さん思いだし
本当に羨ましいです。
家の子に爪の垢を煎じて飲ませたいです!!

急に風が冷たくなりましたね。
さくらさん
お風邪引かないでくださいね☆

2013/10/16 (Wed) 22:32 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: No title

〇 ふりかけさん、今晩は☆

先日は!!ありがとうございましたヽ(^o^)丿
私はとても感激しています。
大切に、大切に心の糧にさせた頂きますね。

ふりかけさんも、台風は大丈夫でしたか?

こちらも、昨晩は眠れないほどの雨が降っていました。
風の音もいつになく大きかったけれど、被災された方々の
被害の大きさを思うと、何事もなかった事のような気がします。

自然の猛威は、激しさを増してくるばかりですね。
地震も、竜巻も、明日は我が身ではないかと、思っています。

息子のウインナーカレーは、予想外の喜びようでした。
私は冷凍庫から、お肉を解凍して上げれば良かったのですが
手抜きをしたのですからね。

息子は、寡黙な大黒柱さまの分まで、よく話して温かいです。
太っていますから(笑)

息子が私を諭すように言って帰った言葉は
心配性の私に、とてもよく効く煎じ薬のような気がしました。

近頃は、老いて子に従うことが多くなりましたよ(^^ゞ
子供が諭す言葉に、「ハイ。」と言って、
言うことを聞くばかりのお母さんになってしまいました。

ふりかけさん、今夜は冷たい風が吹いています。
ふりかけさんも、風邪をひかないようにしてくださいね。

いつも、お忙しい中をコメントを寄せて下さってありがとうございます。
私は、心から感謝いたしております。

それでは、お休みなさい☆☆☆

2013/10/17 (Thu) 02:06 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/10/17 (Thu) 09:16 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: No title

〇 鍵コメさん、おはようございます。

コメントを寄せて下さってありがとうございます。

私の心配性は、亡くなった父親譲りかも知れませんよ。
父は私よりも上手の心配性でしたから・・・。

性格って、なかなか変える事が難しいですよね。

でもね、私ってどこかに全く違う面もあるらしいですよ(^^ゞ
子供達が、そう言ってるので確かなことだと思います。

鍵コメさん、一緒にできるだけ(@_@)ポジティブに進んで行きましょうね。

寒くなりました。風邪をひかないようにしてくださいね。

2013/10/17 (Thu) 09:38 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/10/17 (Thu) 09:52 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/10/17 (Thu) 12:52 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: No title

〇 鍵コメさん

私は、いっぱい、いっぱい、うれしく思いましたよ(*^_^*)
これからも、たくさんコメントを寄せて下さいね。

いつも、楽しみにして待っています。

2013/10/17 (Thu) 13:34 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: No title

〇 鍵コメさんへ

一つ、見落としていてごめんなさいねm(__)m

~人生の花~
それは、生きているからこそ咲かせることができるのでしょうね。

鍵コメさん、たくさんの思いを、寄せて下さって
ありがとうございます。
私は、心から感謝しています(*^_^*)

2013/10/17 (Thu) 13:55 | EDIT | REPLY |   

南の風  

No title

こんばんは ! 親思いの立派な息子さんで、良い話ですね。
子が何歳になっても、子は子ですから、お気持ちは良く分かります。
私にも子供が二人いて、それぞれ独立し夫婦二人きりになりました。
話のほとんどは子供たちの事で、子離れしてないのか、生きている内は
これが続きそうです。

2013/10/17 (Thu) 19:55 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: No title

〇 南の風さん、今晩は☆

子育ては、親から、子へ、子から孫へと、大事なことは
言葉や思いを通して、受け継がれていくものですよね。

私の子育ては、父に導かれてきたものだと思います。
父はとても子煩悩でしたが、度が過ぎるほどの心配性でした。

私は父のように、子煩悩にはなれなかったと思いますが
心配性だけは、確り受け継いでしまったので、気苦労が~(>_<)

南の風さんも、二人のお子様が独立していらっしゃるのですね。

南の風さんは仲良し夫婦でいらっしゃるご様子ですから、
お子様方も同じ道を歩んでいらっしゃるのではないでしょうか!!

私は南の風さんの美味しいご夫婦の味を、いつも頂きにあがりたいです。
毎日のように、押しかけて(^^ゞです。

南の風さん、コメントを寄せて下さってありがとうございました。
私は、とても嬉しくおもいました。

寒い夜になりました。
南の風さん、風邪をひかないようにしてくださいね。

それでは、お休みなさい☆☆☆

2013/10/17 (Thu) 21:55 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment