Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

今度、生まれ変わるなら・・・・・

先日、近くに住む長女の子供が思いつめた様な顔をして
『あのね、お母さん、自分はもしも生まれ変わるなら、目に見えない
小さい虫になりたいの… たとえば~、ダニとか…… 』

驚いた娘が 『えっ、何でダニになりたいの 』と聞いたら
『だって… 一日中、犬にベッタリくっ付いていられるでしょ…。』と
答えたそうです。

長女の下の娘は、だいだいだいだ~~いの犬好き

物心ついた頃から小学4年生になった今でも、お誕生日もクリスマスプレゼントも
{絶対に、犬がほしい}と言い続けてきて、母親にも孫にもアレルギーがあって
飼う事はできないと分かっていながら、困らせている

孫の頭の中は、飼いたいわんちゃんへの思いが絶ちきれなくて、
浮かんでは消え、消えては又、浮かんでくるようです。

「はぁ~」とため息をついている
目がウルウルしてきた
「お願い、犬を買って 」と言い続ける…で、
買って(飼って)しまおうかそんな気持ちになってしまう事もあるそうです。

孫の、だいだいだいの、犬好き!そして小さい子が大好きは、私と同じなので
遺伝してしまったのかも知れません

私は子供の頃、父に内緒で小犬を拾って来ては飼ってしまったり、子猫も
拾って来ては餌やりをしていたので、孫の気持が痛いほど分かりながら、
アレルギーがあるので飼う事はできないと、私も思っているので辛いです。

孫はだいぶ前に*新潟中越地震*の激震で被災された方々が、そこに
住めなくなってしまって、故郷を離れざるを得なくなってしまった時の
映画を、自宅のビデオで見たそうです。

犬を連れて行くことはできないと・・・

家族の一員であった愛犬を、置き去りにして行かなければならなくなって
鎖を外し、車で走り去っていく~。

愛犬は全速力で、その車を追いかけている~。

孫はその場面を見ていたら、座布団に顔を押しあてて大泣きしていたそうです。

長女はその時の様子を「お母さん、あの時はバスタオルを持たせるほど、
わ~~んわん泣いていたのよ。
その後で『犬が可哀そうだから、自分はもう絶対に犬は飼わない。』
そう言って諦めてくれたのだと思っていたのだけど…。」と話していました。

いま孫は、大人になったら、ひろ~~~い庭付きの家を買い、そこで犬を
たくさん飼うことにする」と、これ又、実現しなさそうな夢を抱いています。

数日前に、「目に見えない小さな虫になりたい!ダニになって大好きな
ワンちゃんに、一日中くっ付いていたい!」と、言う切ない気持ちを知った
母親でしたが・・・。

長女の、極めて現実的な答えは、「犬を飼ったら、保健所に連れて行って
ダニや寄生虫が寄り付かないように予防注射をしなくてはいけないのよ」でした。

                  

孫の家には、家族の一員であったネジを巻くと「わんわん、く~んくん」と
鳴きながら人にすり寄ってくる「マリちゃん」がいましたが、壊れてしまって
もう動かなくなったと話していました。

今年の夏休みに、長女の家の近く地区センターで「どんなに壊れている
玩具でも直します」と言う話を聞きつけて、娘と孫が連れて行くと
「これは重症だから、2,3日入院になるね。」と、言われたそうです。

退院予定日!?に娘が行くと、ちゃんは分解されて、未だバラバラの
状態だったそうです

「幾つも骨折していて、思ったよりも重症だったからね。
でもキッと治るから後日、来て下さいね。」

長女はそう言われたけれど、あのバラバラの状態ではもう直らないのでは?
そう思っていたそうです。

指定日に長女と孫が一緒に迎えに行くと「わんわん、く~んくん」と、
聞き覚えのある鳴き声が部屋から、聞こえてきたそうです

「わんわん、く~んく~ん わんわん、く~んくん

手術代金は無料であったと聞いて、私はご年配の方達がそのような活動を
ボランティアでして下さっていることに胸がいっぱいになってしまいました。

壊れたワンちゃんの代用品はを、私が買って上げる事も出来ますが、
孫は両親から買って貰ったワンちゃんを、どこへ行くにも連れ歩いていて
大切にして可愛がっていたので、今はもう、少し薄汚れてきてしまいましたが、
私もマリちゃんが!孫の気持ちが!愛おしくてなりません。


・こちらに参加しています・

にほんブログ村
クリックをありがとうございます。

14 Comments

ふりかけ  

No title

さくらさん
こんばんは~

お孫さん
ワンちゃん大好きなんですね。
実は家も大好きで飼うまでになんと20年近く頑張ったのです・・・

カミングアウトしますね

長女は小学校上がる前から犬が欲しくて
ず~~っと
ず~~っと言っていたのですが
主人が許してくれなくて
大学卒業近くにもう我慢ができなくて私を連れてペットショップに行きました。
一度は他の犬に決めたかったのですが
やはり私は飼うのはだめだと思いあきらめさせました。
でもやっぱりあきらめきれない長女は後日他のペットショップに連れていき、そこで今の犬に会いました。
そうして無理やり飼ってしまい
ばれたときは大変でしたが今は家族の一員です(態度は一番デカイかも!?)

飼ってしまってからは・・・
世話をしなくなったのは
どこの家も一緒みたいです(苦笑)
あれほど言っていた長女も社会人になり家を出ていってしまいました。

さくらさん
犬を触りたかったらこちらにきたら思う存分触らせてあげますよ♪
遠慮なく仰ってくださいね☆

でも可愛がっているマリちゃん
無事退院できてよかったですね!
汚れてきたのは愛情の証ですね☆

2013/10/06 (Sun) 21:00 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: No title

〇 ふりかけさん、今晩は☆

ふりかけさん お忙しくていらっしゃるのに
いつもコメントを寄せて下さって、私は心から感謝しています(*^_^*)

ふりかけさんのお嬢様も、幼いころから欲しかったのですね。
長いこと辛抱されましたね!

私も思うのですが、飼ったら子供達は可愛がると思いますが、
世話するのは母親になってしまうでしょう・・・と。

長女もアレルギーがあるので飼う事はできないのですから
ここは、我慢してもらうしかないのですがね。

本当に、ふりかけさんのお家が近かったなら、
ふりかけさんが そう仰ってくださるのですから、
私は、毎日でも孫を連れて遊びに行きたいです。
(ついでに、私も遊んでもらいたいです。可愛いワンちゃんに!)

私が先日、娘の家に遊びに行った時に、
テーブルの上に「犬がほしい~~~」と、
ごちゃごちゃ書いてある紙が広がっていました。

矢張り、代用品のワンちゃんでは心が満たされないのでしょうね。

それに・・・・ぬいぐるみから卒業する、お年頃になってきたのでしょうか?

それでも、心から大切なマリちゃんに違いないので、
ず~~と大切にしていくのだと思います。

ふりかけさんは、多忙なご様子ですが、
お身体は大丈夫でいらっしゃいますか?

このところ、急に涼しくなってきましたから、
風邪をひかないようにしてくださいね。

それでは、ふりかけさん、おやすみなさい☆☆☆

2013/10/07 (Mon) 00:23 | EDIT | REPLY |   

とらっく屋 店長 さちこ  

No title

さくらさん

お孫さんのその気持ち良くわかります

動物の存在って本当に大きいです

気持ちが癒されるし病気にもなるし手間もかかります

何か小さな他の小動物で代わりは出来ないかな

なんて思いました

十姉妹の小鳥とか本当に生き物はめだかとか金魚でも


ダニになりたい

いつも一緒にいられるから

本当にいとおしいですね

その気持ち大事にしてあげたいです


子育てしていた頃

娘は妹のように子犬を大事にして

ず-ッと面倒を見ていました

その犬の名前マリでした

奇遇ですね

甲斐犬と秋田犬の血が流れ気の強い犬でしたが

私の事より娘に服従でした

そんなこと思い出しましたが


マリちゃん直ってよかったですね

2013/10/07 (Mon) 18:07 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: No title

〇 トラック屋 店長 さちこさん、今晩は☆

いつも、お優しいコメントを寄せて下さってありがとうございます!
私は心から感謝しています(*^_^*)

「ダニになって一日中、くっ付いていたい。」

犬が大好き!犬を飼いたい・・・。
それが叶わぬなら、ダニになって犬にくっついていたい・・・。

孫の、そんな切ない思いを娘から聞いた時、
私は胸がえぐられるような辛さを覚えました。 

どうにもしてあげられないのですからね。

大事に大事にしている代用品のワンちゃんは
幾つか骨折していたそうですが、助けて下さって(直して下さって)
本当に有り難かったです。

素晴らしいですね!
子ども達が大切にしていたもの、その殆どを
ボランティアさんたちが直して下さるのだそうですから!

薄汚れてしまったのは、家族との時間の長さなのでしょうね。

さちこさんのお孫さんのワンちゃんも、マリちゃんでしたか~!!
さちこさん、色々と重なることがありますね(^^♪

この数日、蒸し暑さを覚えますが
さちこさん、お身体は お変りありませんか?

さちこさんがお仕事へ取り組んでいらっしゃる
お姿に、私はいつも心から応援しています。

それでは、さちこさん おやすみなさい☆☆☆










2013/10/07 (Mon) 22:14 | EDIT | REPLY |   

めぐみ  

No title

さくらさん

私は、実は犬は苦手です。
嫌いではないのですが、怖いんです。
私が子供の頃、祖父がポインタ(猟犬)を飼っていて、
その子が私をいじめるんです。
むこうは遊びたかったのだと思うのですが、
私は大きな犬に恐怖で一杯でした。

でも、猫は、26年も生きたチイという雌猫に、
死んだ後も抱かれて眠っている夢をよくみました。
私が抱いているのではなく、
猫に抱かれて私が慰められている。
だから、猫は私にとってどうしても
離れられない存在になりました。

犬でも猫でも、生き物をいとおしむ心は
きっと大人になっても優しいひとに育つ
主要因になると思います。
アレルギーはつらいですけど、
その優しいおこころを大切にして上げて下さいね。

AKBでもモデルでもできそうな
とってもキュートなお孫さんたち。
どうか、これからの未来が明るくて
幸せでありますように祈っています。

2013/10/08 (Tue) 22:44 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: No title

〇 めぐみさん、今晩は☆

台風は大丈夫でしたか?
そして、お身体の具合は如何でしょうか?

孫(下の子ですが)の気持は、私も小さい頃に犬と猫を拾って来て
父に叱られながら飼っていたことがあったので、とても良く分かるので辛いです。

家では息子が幼い時に、いつも犬が寄って来て、
息子は、怖がって泣いていました。

でも…、息子が大きくなってから分かったのですが、
犬は息子が好きで寄って来ていたのだと。

私と息子が出かけると、私達二人に柴犬がシッポが
ちぎれそうなほど振って、顔を寄せてくるのですから(*^_^*)

「かわいい~~~~!!」

人も、熊吉ちゃん達も、生きているもの(ぬいぐるみも)
全ては尊い!
皆が、そんな心を大事にして成長していってほしいと、
私は願っています。

めぐみさん、コメントを寄せて下さって
私はとても嬉しく思っています。
ありがとうございました!

めぐみさん、お身体を大切にしてくださいね。

それでは、お休みなさい☆☆☆


2013/10/08 (Tue) 23:38 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/10/09 (Wed) 10:05 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: No title

〇 鍵コメさん、訪ねてきて下さって、ありがとうございました。
私が最初に、訪ねて行きました。

私はたいへん、嬉しく思います!
「ありがとうございます」

2013/10/09 (Wed) 10:50 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/10/09 (Wed) 10:56 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: こんにちは

〇 鍵コメさん、訪ねて来て下さってありがとうございます。

今晩、そちらへ伺いますね。
宜しくお願いします(*^_^*)

2013/10/09 (Wed) 11:44 | EDIT | REPLY |   

reimi01  

No title

さくらさん こんにちは~

お孫さん 本当にワンちゃんが好きなんですね~
それもダニになりたいなんて
大人からみると嫌われものなのに
子供の気持ちって柔軟で純粋なんですね~

お孫さんの気持ち
本当に愛おしいですね。

大人の私は
反省させられるようなお話ですね
ありがとうございます。

2013/10/09 (Wed) 13:55 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: No title

〇 reimi01さん、今晩は☆

お元気でいらっしゃいますか?
多忙でいらっしゃるのに、訪ねて来て下さって
私は心から、感謝しています。

孫の犬好きは、私も良く分かるので切ないです。

「ダニになって、くっ付いていたい。」
どうして、子どもってそんな発想ができるのでしょうね(*^_^*)

孫に限らず、子供って、純粋で、一途で、健気で・・・・。

最近は嫌な事件が多発していますが、
私達、周囲の大人が 子供達の持っている、よいもの、美しいものを
大切に守り、育てていってあげたいですね。

reimi01さん、今日は綺麗な三日月を見ました。
感動も、子ども達に~!そう思っています。

それでは、お休みなさい☆☆☆




2013/10/09 (Wed) 21:44 | EDIT | REPLY |   

とわ  

No title

さくらさん、こんばんは☆
こちらは木曜日のすこし肌寒い朝を迎えています。

お孫さんの気持ち、地区ボランティアの方の気持ち、そして娘さんとさくらさんのなんとかしてあげたい想いも
とてもとてもあたたかくて・・

私も小さい頃、のらねこを拾って来ては父に反対されて、隠れ家(どこかのアパートの階段の下)に、ネコ用ベッドを作って育てていたことがあります。
ある日、なくなってしまいましたが。。。

ダニになりたいお孫さんの気持ち、愛おしいですね。
現実的な話だと、私も娘さんと同じことを言うと思いますが(^.^)

最後は私にもマリちゃんの声が聞こえてきましたi-228


いつかさくらさんにお会いしたいですe-418

2013/10/18 (Fri) 00:42 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: No title

〇 とわさん、今晩は☆

コメントを寄せて下さってありがとう!!
とわさんの温かなお気持ちが、私の心にじわ~~と
広がってきました。

私も小さい頃に捨て猫や、犬を拾ってきて、
父に内緒で飼ったりしていたので、孫の気持ちは
痛いほど分かるので、辛くなります。

でも、健康を損なうとなったら、どしても我慢させなくては・・・ですね。

地域のボランティアさんは、すごいですね。
娘が話していましたが、どんなに壊れていても~と、
言って直して下さるそうですよ。

それでも、マリちゃんがバラバラになっているのを
見た時は、もう諦めなくてはいけないかな?と
思ったそうですが、迎えに行った時に、可愛い声で鳴いていたと
聞いて、私は涙が出てしまいました(*^_^*)

孫は大切にすることを、再認識させられたのではないでしょうか。

とわさんのお家には可愛い家族(猫ちゃんたち)がたくさんいるのですね。

私も、いつの日にか、とわさんに会いたいです。

とわさん、元気でお過ごしくださいね。
それでは、お休みなさい☆☆☆

この数日は、こちらも涼しくなりましたよ。

2013/10/18 (Fri) 02:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment