Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

広島駅に降り立って・・・<2>

8月17日
私達、一行の5人は10時頃に宿をたち、広島の原爆ドームと、広島平和記念
資料館へ向かいました。

前夜、路面電車乗り場を確認していた私達は、荷物を駅のコインロッカーへ
預けることにしていたので駅ビルに添ってロッカーまで行く途中で、私は
思いがけないそれとも~神様の救いがと思うような張り紙を見つけました。

少し先を歩いていた4人でしたが、私は次女を呼んで「お母さんね、いいもの
見つけたのなにって、それは戻って来てからにするね」と声をかけました。

               DSC_0794 (50x20)
私達が乗った路面電車は、駅から原爆ドーム前までの所要時間は、およそ
20分ぐらいでした。
原子爆弾が投下された朝、路面電車は一瞬にして焼け焦げてしまったそうです。

            DSCF2989 (240x180)
<松原美代子さんの被爆証言より> ~広島で一番、見てもらいたい場所は~
☆☆ 原爆ドーム・・核廃絶への願いのシンボルマーク ☆☆
☆☆ 広島平和記念資料館 ☆☆ ←カメラに収めていなくてゴメンナサイ。
             DSCF3012 (240x180)

                DSCF3064 (180x240)
写真を写したので分かりにくいのですが・・・↑
上は、カンナの花です(原爆記念資料館内の写真より)
原爆が投下されて広島の町が焦土となってしまった時、この先は何十年も
草木が生えてこないでしょう~と、言われてきた中に咲いたカンナだそうです!

             DSCF3006 (240x180)
この穏やかな川が、原爆が投下された直後は亡くなられた方と、救いを
求めていらっしゃった方々が浮いたり沈んだりして、地獄のようであったと。

                 DSCF3042 (180x240)
平和記念公園にある、原爆死没者の霊を慰め、世界の恒久平和を祈念するための
原爆死没者慰霊碑・(広島都市記念碑)です。

                     
5人共、足が棒状態で広島駅に戻りました。遅い昼食を摂ると兄が座席指定の
キャンセルの有無の確認へ行ってる間に、私は朝、見た張り紙の所へ飛んで!?
行きました


どこに部屋があるの?と思うほどの扉には~旅先でお困りの方はどうぞお声を
掛けて下さい~そんなメモが貼ってありました
入り口はこちらです。という矢印に添って曲ると、古びた扉がありました。
まるで宮沢賢治の童話の世界のような入口でした

「座席指定の予約しなかった私達が悪いのですが、足が痛くて立って居られない
一人だけ、指定席のデッキ、または通路で座らせて頂けますか?」と尋ねると
「新幹線は18日まで、180%の乗車率になっているので、ある程度は黙認
していますから。」という応えでした。

「ほんとですかありがとうございます。」とお礼を言って立ち去ろうと思ったら
「あれ~、この時刻だと広島始発が2本あるよ」ですって

私は、私がどこへ行ったのか知らない皆の所へ走って戻りました。
「始発があるの。急いで並びに行ってるから16番線乗り場に来てね!」
私はそう言って、次女を連れて走りました

階段を駆け上がると既に列ができていたので、次女は反対側で並んでみました。
信じられない~夢のような~、座席の確保でした

「どうして分かったの~?始発があることを~?」

そう……、それは私が朝、見た小さな張り紙に期待を寄せていた結果でしたが、
それにしても、この始発は駅員さんも知らない!?ようでしたよ
改札口で乗り場を尋ねると「始発はありませんよ。」と言って他の駅員さんに
確認をとって手間取っていましたからね。

身体も、心も寛ぐことができた夢のような2時間半のすわり心地

名古屋に着くとローカル線に乗って15分の所に兄夫婦の家が在ります。
駅前に自転車を預けていた兄が「先に行ってるよ」と言って元気にこぎ出しました。

もう日暮れは早く、前夜の月が益々美しく輝く中で、向こうの方から兄が手を
振っていました。「今日はここで夕飯を済ませる。予約していたのだからね!」

兄が行きつけのお寿司屋さんで、私達は特上のお寿司を御馳走になりました
ああ~、なんという美味しさだったでしょうか~
「お兄さん、ありがとう!そして何から何までご馳走さまでした」

明日はもう、ここを離れると思うと少し寂しいけれど~
とても思い出深い旅になりました


こちらに参加しています。
“ありがとうございます”
にほんブログ村
<こころの風景>は、私の大好きな居場所です。
皆様との出会いを心から大切にしていきたいと、
思っています。どうぞよろしくお願いいたします。


       

4 Comments

小松由佳  

No title

こんにちは。
写真の路面電車。6番系統ですね。
あたしが過去に住んだことがある「江波(えば)」という街から走ってきた電車です。
原爆は、あたしのライフワークでもあります。
二度と、このような悲惨な戦争は起こしてほしくないですね。
今は、一見平和に見えますが、戦争の足音が迫っているように感じます。
杞憂であればいいのですが。

2013/08/23 (Fri) 17:00 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: No title

〇 由佳さん、今晩は☆

由佳さんは広島に住んでいらっしゃた頃があったのですね。
それでは、私の下手な写真ですが(^^ゞ懐かしかったでしょう?

私は原爆の恐ろしさを、この目に焼き付けて~、そう思って行きました。

原爆ドームの周辺は、公園となって綺麗に手入れされているのですね。
広島平和記念資料館で、当時の生々しい写真を見て、
(実際は、もっと地獄のようだったのだと思いますが)
しっかり、心に焼き付けてきました。

今、どこを向いても…一触即発…そんな感じがします。
誰のものでもないこの地球を、皆で大切にして守ることができないなんて
ほんとうに、悲しいことだと思います。

今日の雨で、また秋へ一歩近づくのでしょうか?
由佳さん、体調はいかがですか?
よく寝、よく食べ、よく遊んでくださいね。

コメントを頂いて、私はとてもうれしかったです。
ありがとう!由佳さん。
よかったら又、遊びにきてくださいね。



  

2013/08/23 (Fri) 18:46 | EDIT | REPLY |   

ふりかけ  

No title

さくらさん
こんばんは~

原爆ドームは
忘れてはいけない
繰り返してはいけないことを伝えてくれていると思います。
二度とあってはならないはずなのに
深刻な原発の事故も起こってしまった・・・

今の異常気象は地球が悲鳴をあげているようにも思えます。
自分の傷を治そうと懸命になっているようにも思えてきます。
この心配も杞憂であってほしいと願います。

始発があったのはラッキーでしたね!!
きっと日ごろの行いがいいから
ご褒美だったかもしれませんね(笑)

思い出深い旅でよかったです!!
私もブログを拝見させていただきながら
一緒に旅したようで楽しませていただきました。

さくらさん
天候がまた不安定ですから
お気をつけてくださいね~

2013/08/23 (Fri) 21:43 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: No title

〇 ふりかけさん、今晩は☆

いつもコメントを寄せてくださって、私は恐縮しています。

新幹線の始発に座ることができて、ほんとうに夢のようでした。
あの日、助役室の張り紙に気づかなかったら、
座って行くことができなかったのだと思います。
前日は、ビニールシートと、折りたたみ椅子を買って覚悟していました。

広島の原爆ドームは、綺麗な公園の中にあるので、
私が子供のころに見た印象とは変わっていたような気がします。
けれども、その後で見た資料館には生々しい写真がありましたから、
原爆の恐ろしさ、そして福島で起きている深刻な事態を思わないではいられませんでした。
福島で起きている今、を思うと、私は原子炉は反対したいです。

ふりかけさん、最近は毎日のように集中豪雨と雷の異常気象には、
私も地球が悲鳴をあげている~、もしくは怒っているような気がします。

明日も雨になるそうですね。

ふりかけさん、体調はいかがですか?
ふりかけさんは、多忙なご様子ですから、私は心配しています。
無理をしないで下さいね。

それでは、お休みなさい☆☆☆

2013/08/23 (Fri) 22:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment