Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

ふげん病って、なあに?

先日、よく笑いこける3人組の友人と久しぶりに会いました

けれども、ランチの席で私達がいつものような元気がなかったのは、
連日の暑さが原因だけではなかったのかも知れません……。

「さくらさん、最近は“ふげん病”という言葉が流行っているのを
知っていますか?」と聞かれました。

「男性が定年退職を迎えて家に居るようになると、夫婦お互いの
生活が一変するので、それまで家にいた奥さんにストレスが溜まって
きて心が病んでしまう。それを“夫源病”と言うそうですよ」と
友人は話していました。

「そうなの……それなら男性の方にも<婦源病>ありだわね」と、
私は応えました。

ふげん病?私は聞いたことがありませんでした。

(私はふげん病の「げん」という字は原因の「原」という字が思い浮かんで
きましたが、正しくは、ふげん病は、源(みなもと)という字で表すそうです)

そんな話をした翌朝の朝日新聞 『天声人語』で、友人と話していた
内容に関連するような記事が目にとまりました。

                    = 一部抜粋します =

男女に違いがあるのは当然として、どこがどのように違うのかを
言うことは簡単ではない。

浮かび上がったのは、高齢で独り暮らしの男性が孤立する危険である。

〇 生活と支え合いに関する調査 〇
人はどれくらいの頻度で話をするかを調べている。

電話も含め、毎日する人が圧倒的

一方で、2週間に一回しか話をしない人も全体の2%いて、65歳
以上の独居の男性に限ると17%もの人が殆ど人に接していない。
同じ年齢層の独居女性は4%だそうです。

この調査を担当した方の一般論と断ったうえで、男性は人間関係を
職場に頼りがちなので、退職後に新たな人間関係をつくりにくい~。
そこが地域に密着しつつ生涯を送る女性との違いではないか…。

団塊世代の意識を探った内閣府の調査も似た傾向を示している。
~どんな時に生きがいを感じるか~
男性が女性よりハッキリ多いのは仕事
お酒 パチンコなどだそうです…。

女性の方が断然多かったのは、友人、知人と過ごしている時

個人差はあれ、人付き合いへの考えがやはり男女で違うのであろう。

徒然にいわく<ただ一人有るのみこそ良けれ>
縁を離れ、事にあらず、と。
そんな兼好も友を求めた。同じ心の人としみじみ話ができればいいのに、
と書いている。

= 天声人語は、このように結んでありました。 =

男性は結婚すると定年退職するまでを、家族のためにと一生懸命に
働いてきてくれる
『ありがとう。お疲れ様でした
世の女性は、夫の労をねぎらう気持ちを誰もが抱くのだと思います。

そこから新たな生活を始める時に、お互いが心のありようを
模索しながら“夫源病” <婦源病>にならないための気配りが
とても大切になってくる!と、私は思いました。

友人が「さくらさん、連れ合いのどちらかが病弱だったり、自営業で
最初から夫婦が一緒の家だと仲がいいそうですよ」と話していました。

ああ~~、私は病弱じゃないわね~と嘆息しました


こちらに参加しています。
“ありがとうございます”
にほんブログ村
<こころの風景>は、私の大好きな居場所です。
皆様との出会いを心から大切にしていきたいと、
思っています。どうぞよろしくお願いいたします。




11 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/07/28 (Sun) 22:45 | EDIT | REPLY |   

とらっく屋 店長 さちこ  

知らなかったわ

こんにちわ
ご主人が定年退職となるとそれまで、のびのびと過ごしていた
奥様は、これからはご主人の昼ごはんも作らなくてはならないし
負担増し。
お互い顔を合わさないようにひとりが1階でいたら、二階へ行く。
二人できるだけ顔を合わさないようにする
そうしないとけんかばかりするとか
、面白おかしく先輩が話ししてくれました
本能的に、男性は外で働き戦い獲物の持って帰る
女性は子育てだから周りと平和に仲良く暮らした方が良い
だから男性は出会う者を本能的に、敵とみなすとか
それで孤独なのかも
女性は友達的な感覚で見てしまうから、どこでも友達出来安い。
とかそんな話を聞きました
女であって良かった
さくらさん元気でよかったですが、玉には病気になったら
優しさに気がつくかも
元気な時は、空気なようなものですから

2013/07/29 (Mon) 14:06 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: 知らなかったわ

〇 トラック屋店長 さちこさん、今晩は☆

ふげん病・・・。さちこさんも知らなかったですか?
私も初めて聞いたのですが、そんな空気…、分かるような気がします。

友人が話したのは
“夫原病”でしたが、きっとその反対の<婦原病>もあるのでしょうね。

私が思うには、どちらかが歩み寄るのではなく、
どちらも、一歩ひいたらよいのではないでしょうか!?

私は病弱だったら大事にしてもらえたのかしら???と思いました。
でも~、今更そんなふりは出来ないですね(>_<)

丈夫が一番ですね!!

さちこさんも普段は、丈夫でいらっしゃるのですか?

このところ、蒸し暑い日が続いています。
夏負けしないようにしてくださいね。

さちこさん、コメントを下さってありがとうございました。
いつも、とても嬉しく思っています。

それでは、お休みなさい☆☆☆

2013/07/29 (Mon) 21:48 | EDIT | REPLY |   

ふりかけ  

No title

夫源病
私も知っていました。
でも今は女性の方が強くなっていっているから
さくらさんの仰るように
婦源病にかかる夫の方が多くなるかもしれませんね。

思いやりと感謝の気持ちをもつことはやはり大切だって感じます。

私は丈夫なので全然ダメだなって思います(苦笑)

2013/07/29 (Mon) 22:57 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: No title

〇 ふりかけさん、幾つものコメントを
寄せて下さってありがとうございます。
疲れていらっしゃる時に・・・。
私はとても恐縮しています。

ところで、ふりかけさんは「ふげん病」を
知っていらっしゃったのですね。

ふげん病の・げん・は、原因の原ではなくて、
・みなもと・になる源なのですね。

私は友人と話していた時に「源になっているのね」
そう話したのですが、ブログに向かった時に
原因で・・・、そう解釈してしまいました。

私も、病弱だったら幸せになれたのでしょうか~(*^_^*)
太いし、強いし、無理な話ですね・・・(笑)

でも、私は思うのですよ。
ふげん病は、お互いが抱くのでしょうね。
その解決策は、双方が歩み寄るのではなくて、
お互いが、一歩でも二歩でも!?あるいは
とことん引いていたなら(笑)良いのかも知れない・・・と。

ふりかけさんも丈夫ですか?
お互いに元気が取柄で頑張りましょうね~ヽ(^o^)丿

それでは、お休みなさい☆☆☆

2013/07/30 (Tue) 02:02 | EDIT | REPLY |   

汐音  

No title

久しぶりにお邪魔したら、なんと素敵な背景でしょう。

夫婦でなくても、不仲になると相手のあらばかりが見えて、
批判し合ってしまいます。
個人と個人、国と国もそうですよね。

このとき、後ろ指をさす、なんていいますけど、
あの指をさすとき、人指し指は批判の相手に向いていますが、
中指と薬指と小指は自分をさしています。
そして、親指は天をさしています。

つまり、相手を悪く言ったり思ったりするときは、
同時に、自分と天に対して、
その4倍の憎しみを向けることになるそうです。

介護疲れで、夫、あるいは妻を殺害、
なんて事件もありますから、
お互いに元気で、そして仲良く暮らす。
それが理想ですね。
譲り合って。

さくらさんも、
夏ばてしないようにお元気でいて下さいね。
寡黙な夫君さまといつまでも仲良く仲良く(^-^)

2013/07/30 (Tue) 16:22 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: No title

〇 汐音さん、お元気ですか?

お久しぶりですね~。
コメントを寄せて下さってありがとうございます。
私はとても嬉しいです。
汐音さんが懐かしくて、私は日に幾度となく思い浮かんできます。

そちらは猛暑の連続ですか?
私が住んでいるところは朝晩は涼しくて、今年は蝉もあまり鳴きませんよ。

汐音さん、夫婦でなくても不仲になると相手のあらばかりがみえて、
批判し合ってしまう~。

個人と個人、国と国も~。
ほんとうにそうですね。
最近は哀しいことが多いです。
日本の国が、縮こまっているような気がします。

人に指さす・・・・。
汐音さん、今、指差してみました!自分を(^^ゞ

つまり、相手を悪く言ったり思ったりするときは
天に対して
その4倍の憎しみを向ける事になる・・・・。

汐音さんは、私の寡黙な夫君さまと仲良くを、御所望されるのですね(笑)

「ふげん病」が流行っていると聞きましたが、これはきっと
同時に相手も抱く感情のような気がします。

私は歩み寄るのではなくて、
一歩も二歩も下がっていこうかな~~と思っています(^o^)

汐音さん、お義母様、ひろさん、熊吉ちゃんたちもお変わりありませんか?
とても懐かしいです~。

汐音さん、お身体を大切にして下さいね。
私も又、連絡を・・・ヽ(^o^)丿

2013/07/30 (Tue) 18:11 | EDIT | REPLY |   

miyako  

こんにちわ

暑中お見舞い申し上げます。

さくらさん、素敵なデザインに変更ですね!
この前、お嫁ちゃんにFC2のこと聞いてみたら・・移動は難しいっていってましたわ!
アメブロは不都合が多いしピグはやらないし、私も移りたいくらいです・・・


ふげん病・・私も主人が仕事を辞めて家に居るようになったら、なるんじゃないかと思ったくらいですけど・・・どういう訳か今は仲良くしています♪ うふふ^m^

私達は二人とも身内が少ないから最後に残るのは夫婦です!

さくらさん!いつもコメントありがとう♡

2013/08/04 (Sun) 16:54 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: こんにちわ

〇 美夜子さん、コメントを寄せて下さってありがとう!!

先ず、お身体の具合は如何ですか?
余りにも暑いと、身体を持て余して!?とんでもない寝方をしてしまいますよね。
私も・・・・物凄い、ひどい目にあったことがあります。
美夜子さん、きちんと直して元気になってくださいね。

ところで~、私のデザインは長女がいつも、見つけてくれるのです。
この前の<うさぎと、お月さん><さくらの花吹雪>
この<さくらと満月>は長女からの贈り物!??です(^^♪
どれも、みんな気に入っているので、ブログによって使い分けしようと思って
いたのですが、それは出来ない?ようですね?
ブログに合わせてアップすると、過去の分も全部、変わってしまいます(>_<)

私も以前は、アメーバ―にいました。
FC2への引っ越しも、長女がしてくれました。
とても面倒だったそうですが、私はその作業を全く知らないお母さんです。
家では、お母さんが子供達に依存しています(笑)

美夜子さんは、とても豊かな心をもっていらっしゃるので、
きっと、周りにいらっしゃる方々も幸せな気持ちになれるような気がします。

私は、いつも美夜子さんの心豊かなブログを読ませて頂くたびに
私の心までも、温かくなるのですから、
旦那様との時間も、素敵に広がっていらっしゃる様子が
私の心にも、目にも広がっています。

婦原(源)病・・・・。
夫原病など全く無縁のご夫婦でいらっしゃるご様子ですから、
そんなお二人に、私は乾杯させて頂きますね。
☆☆お二人の心豊かな日々に!!心豊かな美夜子さんに!!乾杯~☆☆☆

返信が遅くなってゴメンナサイネ。
私は夜な夜な、美夜子さんに会いに行きますね~ヽ(^o^)丿

2013/08/05 (Mon) 08:56 | EDIT | REPLY |   

akanagawa  

ふげん病って、なあに?と思いつつ

ふげん病ですか。なかなか含蓄ある言葉ですね。
ふりかけさんのリンクから、
散歩させていただきました。
不言/夫原/婦原/普賢…と、お互い様かな。
間合いが難しいですね。
10年後とか想像すると、他人事ではない言葉です。


2013/08/07 (Wed) 00:13 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: ふげん病って、なあに?と思いつつ

〇 akanagawaさん、コメントを寄せて下さってありがとうございました。

ふりかけさんのリンクからお越し下さって、大変うれしく思いました!!

<ふげん病>とは?
中々意味深な言葉ですよね。
私の友人の話では、奥さんが病んでしまうそうで、
この言葉も流行しているそうですよ。
でも~、そんな時は相手も同じような思いを抱いているのでしょうね。

そんなわけで!??
私は少し離れて、否、いっぱい離れて過ごすのが良いのかな(^^ゞ
そう思って過ごしています。

akanagawaさんは10年後とかを心配されるのですか?
ほんとうに仲良しご夫婦でいらっしゃたなら、何も心配はいらないのですからね。
きっと、仲良しご夫婦でいらっしゃる~!私はそう確信しています。

毎日を楽しくお過ごしくださいね。
今度、私も訪ねて行きますね。

それでは、お休みなさい☆☆☆

2013/08/07 (Wed) 01:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment