Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

・上野駅へ降り立つと

6月2日、日曜日に私は上野の西洋美術館へ行って来ました。

私は美術館や都心の駅に向かうと、3年前の春に上野駅構内で
偶然にも横田めぐみさんのお母様と出合った日を思い出します。

それは東京で開催された「国宝阿修羅展」を見に行った日の事です。

めぐみさんのお母様と私は、駅の構内の曲がり角で遭遇(鉢合せ)
したので、思わず「あっ、横田さん!」と声を掛けてしまいそうに
なりました。

けれども、私はお母様のお顔が寂しげに見えたので、掛ける言葉を
見い出せなかったので、会釈をして通り過ぎて来てしまいました。

その時の出合った瞬間を思いだすたびに、お互いが何かを
言い淀んできたのではないか・・・?

その思いが今でも私の脳裏をよぎります。

めぐみさんは、新潟で北朝鮮の工作員に拉致されて40時間もの間
舟の中に閉じ込められている間中、舟の入り口や壁などを引っ掻き
続けていたので、北朝鮮に着いた時は手の爪は血だらけで、
剥がれそうになっていたそうです。

=めぐみさんが拉致された=と、ご両親が知ったのは行方不明に
なってから20年も経ってからのことで、それまでは警察では、
事故?事件?自殺?なども考えながら、ご両親と共に、くる日も
くる日も、めぐみさんの名前を呼びながら捜索を続けてこられて
いたそうです。

めぐみさんが拉致されたのは、未だ中学生の時・・・・。

めぐみさんご両親の我が子を思うお気持ちを慮ると、お年を重ねて
いらっしゃるのですから、一分でも一秒でも早く、救出=帰国
できる日を、と願うばかりです。

拉致された方は他の国の方もいらっしゃるのですが、日本でも
多数いらっしゃって帰国への願いが叶わないままに、月日が
流れていってしまうもどかしさ・・・・。  ここは自由だよ~~~~
="border:0;" class="emoji">

めぐみさんのお母様は、めぐみさんが帰って来たら大自然の中に
連れて行ってあげたい

北朝鮮では盗聴器や隠しカメラを恐れながら、間違いをしないように
一生懸命に頑張っていると思うので、北海道の牧場のような所で
大の字に寝っころがって『自由だよ~~~~~~』
そう、言わせてあげたいと思っていらっしゃるそうです。

先日の内閣官房参与の北朝鮮への訪問・・・。そして、
北朝鮮に拉致された方の息子さんと名乗る方が脱北して
強制送還されたと言うニュースは何だったのでしょうか?

私は、都心、わけても上野の駅へ降り立つと、3年前に出合った
時の横田めぐみさんのお母様のお顔が思い浮かんでくるのです。

今、めぐみさんのお父様は80歳になられて、
お母様は77歳でいらっしゃるのですね。

北朝鮮という国は近くにありながら、私にはどこの国よりも
遠い国であるようなような気がします。

こちらに参加しています。
“ありがとうございます”
にほんブログ村
<こころの風景>は、私の大好きな居場所です。
皆様との出会いを心から大切にしていきたいと思っています。
どうぞよろしくお願い致します。





11 Comments

ふりかけ  

さくらさん
こんばんは~
ラファエロ展に行かれていたのですか?
最終日だったから凄く混んでいたのではないでしょうか?
楽しんでこられたらいいなと思います。

横田さん
そして拉致にあわれた方
きっと想像しがたい思いの歳月だったと思います。
ましてや子どもが突然いなくなる
どれほど辛い日々を過ごされたかと思うと
本当に1分1秒でも早くと願います。

そういうことがもう二度とないように祈ります。

上野は私はバイトをしていた場所
とても懐かしいです。

ラファエロ展
私も行きたかったな~

2013/06/05 (Wed) 21:40 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/06/05 (Wed) 22:04 | EDIT | REPLY |   

風鈴  

おはようございます。
ブログの再開から、おつきあい下さり感謝します。

介護がテーマではありませんが、長年の疲れはすぐにはとれないようです。
どの方向に行くのか不明ですが、気楽に書きます。

家内との生活再構築のきっかけに小旅行にでも行こうと思っています。
若い頃に登った富士山が見えるのも素敵ですね。(笑

2013/06/06 (Thu) 07:59 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: タイトルなし

〇 風鈴さん、おはようございます。

悔悟はやがて、みな行く道ですよね。
私は風鈴さんがブログに、優しさと穏やかなお気持ちで
綴っていらっしゃるので、心が惹かれます。

奥様との生活再構築のきっかけに小旅行へいかれるのですね。
富士山が見えるところへの旅・・・。

富士山は、いつも黙って、皆を見守っていてくれる~。
私はそんな偉大な富士山が大好きです!!
一日に一度は仰ぎ見たいです。

風鈴さん、コメントを寄せて下さってありがとうございました。
とても嬉しく、拝受いたしました。

風鈴さん、お身体を大切にしてお過ごしくださいね

2013/06/06 (Thu) 08:26 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: タイトルなし

〇 ふりかけさん、今日は

昨日はコメントを下さってありがとうございました。

ラファエロ展は最終日の午後でしたから、覚悟して行きました。
けれども、阿修羅展の時は、外で延々と2時間半。
中に入ってからも、まるで大蛇がとぐろを巻いているような・・・!?
全く人が動けないような混雑ぶりでしたから(倒れたら圧死するようでした)
今回は、楽に観る事ができた方かも知れません。

ラファエロ展は良かったですよ!!

横田めぐみさんのお母様との出合いは、本当に突然でしたから言葉が出てきませんでした。
或る日、突然に我が子を引き裂かれてしまった、拉致被害者の御家族の皆様の事を思うと
堪りませんよね。

失われてしまった、この長い年月をどのように埋め尽くしていくことができるのでしょうか。
平凡の中に浸っている自分とのかけ離れた違いに、心が痛くなることがあります。

ふりかけさん、いつもコメントを寄せて下さって、私はとても嬉しく思っています。
昨晩、返信しましたが、
ふりかけさんが~上野でバイトをされていた懐かしい場所~を
私は十分理解して、コメント返しをしたつもりでしたが、どこか変コメ??
そう思ったので、もう一度コメント返しをさせていただきましたm(__)m

ふりかけさん、私はいつもそそっかしくてごめんなさいね(^^ゞ
「寛大なふりかけさ~ん、懲りずに又、来てくださいね~」

2013/06/06 (Thu) 16:27 | EDIT | REPLY |   

ふりかけ  

さくらさん
こんばんは~
お心遣いしていただいてありがとうございます。
でも全然変コメなんかではありませんでしたよ~
むしろ覚えていてくださってとっても嬉しかったですv-238

上野もかなり変わりましたね~
アメ横の周辺は安売りのスポーツの衣料の店がたくさんで
昔からの飲食店がなくなってしまっていますね。
久しぶりに歩いたとき、町並みは変わっていないけれど
その中のお店が変わってしまっていて
月日の流れを思いました。

横田さんや他の拉致された方々が一日でも早く解決されますように祈ります。

阿修羅展の時の大蛇がとぐろを巻いているには笑ってしまいました。
本当にそうですね~

さくらさん
私もかなりそそっかしいです。
さくらさんに全然負けていないです。
「寛大なさくらさ~ん、懲りずに又、つきあってくださいね~」
です(笑)

さくらさん
私もいつも感謝しています。
ありがとうございます。
では
ゆっくりお休みになってくださいね☆

2013/06/06 (Thu) 21:42 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: タイトルなし

〇 ふりかけさん、ありがとう~~~ヽ(^o^)丿

いつも寛大なふりかけさんに感謝しています。

大蛇がとぐろを巻いて~は、
これ以上の表現が思い浮かばない!?
それも、大蛇が何重にもなって、でした(笑)

ふりかけさん、ご丁寧に又、コメントを下さって恐縮しています。
ほんとうに、ほんとうに、ありがとうございました。

それでは、ふりかけさん、おやすみなさい☆☆☆

2013/06/06 (Thu) 23:14 | EDIT | REPLY |   

Taloon  

拉致、あってはならないです。
無頼国家が起こしたこととは言え、まだ解決できていないことに怒りをどこにぶつければいいのでしょうか。
北朝鮮に強く出ることが望まれていますが、そうすれば、北朝鮮は更に頑なになって話し合いも拒否するでしょう。
もちろん無頼国家に優しくすることもできません。
どの政権も拉致解決を急ぐと入ってきましたが、いまだに解決されておらず、拉致家族が高齢化するだけの結果となっています。
本当にどうすればいいのでしょうかね。

2013/06/08 (Sat) 20:33 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: Re: タイトルなし

〇 Taloonさん、今晩は☆
Taloonさん、コメントを寄せて下さってありがとうございます。
私はとても嬉しく拝受いたしました。

横田めぐみさんが拉致されたのは、中学生の時ですから、
あまりにも長すぎますよね。
めぐみさんや、拉致されて帰国できない方々のお気持ちを思うと、
私も本当に辛くなってきます。

めぐみさんのお母様は、行方が分からくなって探し続けていらっしゃった時は
ご自分の育て方が間違っていたのでは?などと考えた時もあったそうです。

北朝鮮という国はこんなにも近くでありながら、どこよりも遠く感じてしまいますね。

ところで、Taloonaさんのお姿が・・・!!
よいもの、うつくしいもの、感動するものを求めて旅をされる中に
とても素敵に写っていらっしやいますね。

Taloonさん、お身体を大切にしてお過ごし下さいね。
それでは、おやすみなさい☆☆☆

2013/06/09 (Sun) 00:29 | EDIT | REPLY |   

ゆかピン  

横田めぐみさんの拉致の件が漫画になっている本を読んだことがあります。
確か中学の部活の帰りに拉致され,船の中に閉じ込められて連れて行かれて
しまったのですよね。
ご本人のお気持ちも計りしれませんが,突然我が子がいなくなる悲しみは同じ
親として耐えがたい辛さだと思います。本当に1日でも,1分でも,1秒でも早く
帰国できる日が来るといいなと思います。

2013/06/10 (Mon) 09:30 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: タイトルなし

〇 ゆかピンさん、おはようございます。

コメントを寄せて下さってありがとうございます。
私はとても嬉しく思いました。

横田めぐみさんの事は、あまりにも長すぎますよね。
難しい北朝鮮・・・。
こんなにも近くにありながら、なす術がない~~??
悔しいですよね。悲しいですよね。辛いですよね。

ゆかピンさんも、私も子を持つ親の気持ちで、胸が張り裂けそうになってしまいますね。

いつでしたか、めぐみさんのお父様が、
もう、自分は年をとってしまったのだから、死ぬ前にひと目でもいいから
めぐみに会いたい」そう、おっしゃっていました。

私、泣いてしまいました。

自分たちに何もできないのですね。
めぐみさんのお母様と遭遇した時、言葉が出てきませんでした。

ゆかピンさん、今日も楽しいブログを宜しくお願いします。
クスリ!と笑いをもらいに行きますね~ヽ(^o^)丿

2013/06/10 (Mon) 11:15 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment