Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

お留守番「一人ぼっちじゃないからね」<4>

長女の孫娘は今年小学校6年生になりました。

その孫が5年生の12月頃から、いじめを受けていると、私が
娘から聞いたのは冬休みに入る頃だったと思います。

長女は我が子が受けている苦痛に対して積極的に動き、学校の
担任とも話し合いを続けてきたそうですが、結局は先生の目の
届かないところで「それが小学生の言う言葉??」と思う程の
おぞましい言葉を浴びせ続けてきて又、嫌がらせもし続けて
いたという相手の子供達。

娘は頻繁に学校へ出向き、我が子が受けている言葉の暴力や
嫌がらせの仕打ちを訴え続けていたそうですが、学年末の最後の
終業式の日まで続いていたなんて・・・(-"-)

それでも、孫は自宅へ帰ると母親や、私に笑顔でいてくれたのは、
5年生はもう、終わる!!
6年生になったらクラス編成の中で新しい気持ちでいく~!
娘も私も、孫にそんな気持を抱かせていたからかも知れません。

6年生になるにあたって、いじめている男子はクラス編成の時に
外して下さったそうですけれど、小さな悪に群れていた子供たちの
何人かが、又一緒になってしまったので、その子たちが又、新学期
早々から始めていたと、娘は話していました。

新しい先生は「何でも言って下さいね。」そう言って下さったそう
ですから期待を寄せていたのですが目が行き届かないのでしょうか。

孫が週一回、プールへ行く時に私は付き添っているのですが、
先週は休みだったので随分、長いこと孫に会っていないような
気がして昨日、電話してみました。

「元気でいるのヽ(^o^)丿」

「あんまり元気じゃない・・・。」

「学校でまた、嫌のことを言われているの…?」

「そうなの~。」

「そうだったの~。おばあちゃんは、いつも心配しているのよ。
本当は毎日会いに行きたいけれど、もう6年生になったら学校の
事で忙しくなってきているでしょ?
それに、毎日おばあちゃんが行ったらパパが疲れてしまうからね。」

私がそう言うと「パパはおばあちゃんが来ても疲れないよ。」と
孫からそんな答えが返ってきたので、孫は私に会いたいと思って
いるのかしら!??と、勝手にそんな考えに至ってしまい(笑)、
居ても立ってもいられない気持になってしまったので、夕飯の
支度をする前に孫に会いに行ってしまいました。

下の子は外で元気に遊んでいました。直ぐに玄関へ駈け込んで
「おばあちゃん達が来たよ~。」と報告していました。

娘は二階から降りて来ていましたが、孫は階段の上から私を
見ていました。

「おばあちゃんはね、心配だから会いに来たのよ。お話をしようね。
どこか具合が悪いの?」と聞いたらゆっくりと降りてきて
「眩暈がするの。」と応えていました。

「そう~、クラスが変わったのに、またいじめる子がいるって
ママから聞いたのよ。
新しい先生が、『どんなことでも言って下さいね。』そう言って
くれるのだから学校でいじめられたらママに話して、先生に伝えて
もらうのよ。それとも、自分で言ってみてね。」
「おばあちゃんは、Yちゃんや、Aちゃんのこと本当に大事!大切!
いつもいつも、そう思っているの分かるでしょ。
Yちゃんには両方のおじいちゃん、おばあちゃんがいて、
叔父ちゃんも、叔母ちゃんも居て、み~んなYちゃんとAちゃんの事
だ~~~~いすきなのよ。
Yちゃんは、一人ぼっちじゃないのよね。分かるでしょ?」

私はそう言って孫を抱きしめたら涙が溢れてきてしまいました。
Yちゃん、ママに話したくないことがあったら、おばあちゃんに
話してくれる?」と聞いたら孫はかぶりを振っていました。

「そう・・・、それならどんなことでもママには話してね。
おばあちゃんに話さなくてもいいからね。」と言うと
「おばあちゃんは心配性だから、話すのは嫌なの。」そんな
こたえが返ってきてしまいました。(>_<)

私は孫にそんな風に言われてしまったので言葉に詰まって
しまいましたが、私なりの思いを孫に語って来ました。

孫は静かに頷いていましたが今、この困難をどうしてあげたら
乗り越える事ができるのでしょうか~?

娘夫婦は明日からの連休を使って、友人の家族と一緒に長野へ
行く事になっているそうです。
とても沈んでいた孫ですが、長野へ行くのを「楽しみにしている。」
そう話していました。

5年生の終わりに言葉では言い表せない苦痛を味わっていた孫と
私達で、春休み中に行った<さくら並木>の下で遊んだ時にも
「ここは最高!!また、ここへ来たい!!」そう言って、笑顔が
はじけていた大切な孫。

今、孫は眩暈がしたり、過呼吸になったりしています。
でも~、今なら未だ間に合う!!
私は、そう思いたいです。
娘は今日、クラスの先生宛ての手紙を子供に持たせたそうです。

                

私は問いたいです。

純真無垢でこの世に生を受けた子供たちが一体~、いつ?どこで
他人を死に追いやるような言葉を平然と浴びせる心に変化して
いくようになってしまうのでしょうか・・・?

一番身近にいるお父さん、お母さんでしょうか~?

それとも、今の大人社会が悪いのでしょうか~?

                

こちらに参加しています。
“ありがとうございます”
にほんブログ村
<こころの風景>は、私の大好きな居場所です。
皆様との出会いを心から大切にしていきたいと思っています。
どうぞよろしくお願い致します。



6 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/05/02 (Thu) 22:16 | EDIT | REPLY |   

ふりかけ  

さくらさん
ご心配ですね。
何の影響なんでしょうか?
平気で人をきずつけるような言葉を浴びせたり暴力をふるったりしていることが
多々ある時代だと思います。
その程度が小さい大きいは人によって違いますが・・・

お孫さんもお嬢さんも辛い状況ですね。
私も二女がそのような状況になったことがあります。
先生はほとんど見てみぬふりでした。
あまりヤル気のない先生でしたから
仕方なかったのですが・・・
その時はかなり心配でした。

難しい問題で
解決法はなかなか出せないと思いますが
見守っているご両親、さくらさんがいることは
お孫さんにとってなによりも幸せなことだと思います。

何が悪いのでしょうね?
ますます複雑になっていくように感じます。
大人が本当は手本を見せなくてはならないのに
大人はなかなか手本になってないですね。
この国はどうなってしまうのかな ?と思います。

いい子と大人の評価を受ける子でも
裏の顔があっていじめる子もいますね。
見抜きにくいし
たちも悪いと思います。

そして自分の子が被害者にも加害者にもなりうる今の子育て
なかなか大変な世の中だと思います。

さくらさん
さくらさんの心配が早く
あんなことあったね~と笑える日になってほしいと願っています。








2013/05/02 (Thu) 22:30 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: タイトルなし

〇 今晩は☆☆

ふりかけさん、いつもコメントを寄せて下さってありがとうございます。
私はふりかけさんに慰めて頂いたり、励まして頂いて本当に感謝の気持ちでいっぱいです!!

昨日の夕方、気になっていたので電話してみると元気がない声でしたから、
夕飯の支度を放り投げて!?会いに行ってきました。
いじめられている、その内容を孫は私には言いませんでしたが「眩暈がしている」と聞いて
私は胸がしめ付けられる思いでした。

娘に「先生にこの事を伝えたの?」と聞いたら「今は家庭訪問で忙しそうだから~。」
こんなことを言ったので「何を言うのよ。今だから相手の子供たちの様子を先生に伝えるべきでしょ。
先生には、それを踏まえて相手のお家の様子を見て頂くのでしょ。
朝、先生に手紙を渡して。」と話しました。

そして、今日も私は下校時刻に合わせて娘の家に行ってみました。
先生は手紙を読んで下さって、孫達の事に気付かなかったそうです。
直ぐに、相手の子供達を呼んで話を聞いてみると、素直に自分たちが言ってる言葉を
認めてくれたそうです。
その後で、孫がそこに呼ばれて行くと「ごめんなさい。もう言わないね。」と、先生の前で
約束をしてくれたそうですが・・・・・。
一人の女の子が、「Yちゃんは大人しいんだもの・・・。」と言ったそうです。
きっと、反応が鈍いと何かしたくなる雰囲気があるのかもしれませんね(>_<)

でも、孫は先生に自分から「先生、お話をしてくれてありがとうございました。」と言ったそうです。
私はそこまでの話を聞いて「Yちゃん、良かったね~。相手の女の子はYちゃんが
おとなしいけれど、一緒に遊びたいと思っているのかも知れないのよ。
今度から、一緒に遊んでみたら。
それと、『先生にありがとうございました。』と言って偉かったわね。」と話してきました。

小さな事でも見逃さない、少しでも早い対応!!それがとても大事と、私は思っています。

ふりかけさんのお嬢様も辛い時があったのですね。
一番の支えは親かも知れませんね。
子供達を取り巻く環境がとても難しくなってしまったような気がします。

ふりかけさん、ほんとうに、ほんとうにありがとうございました!!

2013/05/02 (Thu) 23:16 | EDIT | REPLY |   

ふりかけ  

さくらさん
受けたいじめを跳ね返せるだけの力があればいいのですが、
あまりにもひどい場合もありますね。
眩暈や過呼吸は身体も悲鳴をあげていることと思います。
いじめていた子がお話をしてわかってくれたらいいのですが・・・
もっとひどい状態にならなければいいな と思います。
守るのは最後は家族になりますから
いろいろ意見はあると思いますが
環境を変えるのも選択肢にはいると思います。
みんな幸せに暮らせることがどうしてできないのか・・・
科学が進歩しても反比例してしまうような心の貧しさを悲しく思います。
お孫さんのいじめ
なくなりますように祈っています

2013/05/03 (Fri) 06:35 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: タイトルなし

〇 ふりかけさ~ん、ありがとうございま~す!

孫は未だ小さいでしょうか?
それとも、もう6年生でしょうか?
眩暈も、過呼吸も確かに身体が悲鳴をあげた(あげてくれた)のでしょうね。
昨日の朝、娘は先生宛てに手紙を持たせたそうです。

先生は気づいていなかったと・・・・。
娘の話では、学校で先生と子供達とキチンと向き合って話し合って、
帰宅時にお手紙を頂いた上に、夕方は先生から電話を頂いたそうです。

今日、娘家族は4時に起床して長野旅行です。

朝一番にメールがきました。
「やっぱり先生、いい先生だったよ。あの後電話もらって、
だいぶすっきりしてゴールデンウイークだよ~」ヽ(^o^)丿

ふりかけさん、私も娘の言葉を信じて
今をきっと乗り越える事ができるよう
見守り、支えていってあげたいと思っています。

おっとりとして優しい子ですが、
殻を破って、もっと強くなってほしいです。

ふりかけさん、ほんとうにありがとうございました。
私はいつも、心から感謝しています!!

2013/05/03 (Fri) 15:57 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/05/03 (Fri) 16:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment