Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

同じときに同じ思いを抱いて…<2>

私の大切な友人が静岡の実家へ戻って行かれた後は、空疎感が
漂っていました。
けれども、それはほんの一時であったかもしれません。

やがて私達は、まるで遠距離恋愛のように手紙のやり取りや、
長距離電話で、心の回線が復旧したようになりました(*^_^*)

その後、友人は、保育園時代からお付き合いされていた
男性と素敵な結婚式を挙げることになりました。
私は既に二児の母になっていましたが、子供達を預けて御主人の
実家がある神戸での挙式に参列させて頂いた懐かしい思い出

それから、私達は3人の子持ちになりました。子供達が未だ、
小学生だった頃はお互いの家に泊まりに行ったりもしていました。
その頃は、友人は御主人のお仕事の都合で千葉で家を購入されて、
私は、神奈川で生活していました。

やがて、子供たちの成長と共に私達も多忙になっていき、時折
電話で近況報告をするぐらいになってしまいました。

 時は矢のような勢いで流れていきました

友人は、静岡に住んでいらっしゃったお父様が亡くなられてから、
お母様を千葉のご自宅に迎えられて、一緒に生活されるように
なりました。
私は何回か、千葉の友人の家へ招かれてお母様と一緒に食事を
頂いた日がありました

お母様は、いつ、どんな時でも「ありがとうね~。」と仰る方でした。
私はその都度、お母様の笑顔と、優しい「ありがとうね~。」と、
仰る言葉が心に響いてくるのでした。

私は家に帰ってからも、友人のお母様の笑顔と、涼やかな優しい
感謝の言葉が響いていたので、家族に何度も自分の受けた感動を
話していましたが・・・・。

私はふと、昨年の12月に亡くなった私の父も、友人の
お母様のように、いつ、どんな時でも「ありがとう~。」
そう言って頭を深々と下げていた時の姿が懐かしく思い浮かんで
きたのです

昨年の12月に友人のお母様が先に亡くなられて、暮れに私の
父が亡くなりました。

友人のお母さまの最期は、御自宅で友人とそのお姉さまと二人で
ず~っと歌い続けてさしあげている中で、息を引き取られたそうです。 友人はお母様を見送られた後で、私と父の姿が思い浮かんできたと
話して下さいました。(友人も私の父とよく会っていましたから。)

そして、私も暮れに父を見送った後で、友人とお母様の姿が頻りに
思い浮かんできていたのです

こちらへ参加しています。
“ありがとうございます”
にほんブログ村
<こころの風景>は、私の大好きな居場所です。
皆様との出会いを心から大切にしていきたいと思っています。
どうぞよろしくお願い致します。




2 Comments

ふりかけ  

さくらさんのお父様も
ご友人の方のお母様もいい方だったのですね。
素直に「ありがとう」という言葉がでてくるのはとてもいいことだと思います。
感謝していても言葉にしなければ
伝わらないこともありますよね
お二人ともそれぞれ愛する人に見守られて旅立たれて
幸せな人生だったのではないでしょうか
歌って送ってあげて
きっと幸せだったと思います。
歌声は天国に届いていますね。 きっと

さくらさん
いいご友人に出会ってよかったですね
なにものにも変えられない宝物ですね☆

2013/04/25 (Thu) 05:48 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: Re: Re: タイトルなし

〇 ふりかけさん、良い方との出会いは宝ものですよね!!

私は、ブログをとおして出合えた方達にも、心から感謝して、そして大切な方々(宝)と思っています。
ふりかけさんにも私は自分の心を二つに割って見て頂きたいほど
感謝だらけで(笑)いっぱいです(*^_^*)

友人は学生時代に聖歌隊だった!?(又は、合唱部)と仰っていたかも知れません。
いつも、美しい澄んだ声で歌っていらっしゃった方でした。
お母様が亡くなられる時に、お姉さまと二人で、ずっと歌っていらっしゃったと伺って
私は感動のあまり、絶句してしまいました。
お母様はきっと、安らかに天国へ旅立たれたような気がします。

ふりかけさん、人の生き方は、星の数ほどあるそうですね。
私は無数の星の中から、その友人に出会えたことに、そしてこのブログを通して
出合えた、ふりかけさんや、皆様に心から「ありがとう。」その言葉を捧げたいと思っていま

2013/04/29 (Mon) 11:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment