Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

同じときに同じ思いを抱いて…<1>

この数日、私は長い間会っていなかった懐かしい友人の姿が頻りに
思い浮かんできていました。
私の父が昨年の暮れに亡くなりましたが、友人のお母様も
私の父と同じぐらいの高齢でいらっしゃったことも心にかかって
いましたから、私はその友人に昨日、メールしてみました!

すると、驚いた事に友人はその前日に、私の家に電話を下さった
けれど、誰も出なかったという返信がきました
私はお互いの思いが重なっていたこの偶然に驚いて、直ぐに返信
メールを打ちました。「今晩、電話しますね。」と(*^_^*)

昨晩は久しぶりに懐かしい友人と長電話しました。
過ぎ去った遠い昔のように~

友人は、私が若い頃に同じ職場(保育園)で出会った方でした。
心が清らかで、優しくて、そして…凛とした美しさをそなえて
いらっしゃって、私の先輩にあたる方でもありました。

私より3歳年下でしたけれど、言葉では言い表すことができないほど
素敵な方でしたから、私は憧れの念をいだいていました。

私はその友人と、当時の園長先生との出会いがなかったなら、
今の自分は随分、違っていたのではないかと?と思うほど、
その友人に傾倒し続けていました。
そして、自分の社会人としての原点は園長先生との出会いの中で
培われてきたのではないかと思っています。

当時、私は東京の町はずれで一人暮らしをしながら、職場へ
通っていました。

或る日、私は大好きな仕事にのめり込んでいるうちに体調を
崩してしまい、二週間ほど入院してしまいました。けれども、
そこでは特にこれといった原因がみつからないから、と言われて
私は体調が快復しないまま退院させられてしまいました。

退院後も、微熱が下がらなくて布団から起き上がることが
できないでいると、その友人は自分の布団を持参して、泊まり
込みで食事の支度などをしてくださって、朝は私の住む町から
職場へ通ってくださっていました!!

友人には翌日の仕事が控えていたにも関わらず、狭い一室で
私達は、どれぐらい語り合ってきたことでしょうか
生きてきたこと、生きるということ、子ども達のこと、恋愛
書物などにもふれて・・・・・・

暫くして、友人はご自分のお父様が急病で倒れてしまったという
連絡を受けて、今度はお母様を支えるために仕事も退職して静岡へ
帰る事になりました。(おばあちゃまもいらっしゃったので…。)
園長先生や、保育士さん達、栄養士さん、皆に惜しまれながら~

           ・・・・・・・・・・・・・・・

私も友人とのお別れの日がきました。

外へ見送りに出た私は、友人の乗った車が走り去ってしまうと、
もう二度と会うことができないのでは?と思う寂しさから、
止めどもなく涙がこぼれ落ちてくる中で、しばらくの間その場を
離れることができませんでした。

生涯を通して、もう二度と出会えないかも知れない……。
そう思っていた友人との別れ……。

明るくて優しかった友人が去ってしまった後の室内・・・。
私は虚無感からしばらくの間、立ち直ることができませんでした



こちらへ参加しています。
“ありがとうございます”
にほんブログ村
<こころの風景>は、私の大好きな居場所です。
皆様との出会いを心から大切にしていきたいと思っています。
どうぞよろしくお願い致します。









2 Comments

ふりかけ  

さくらさん
おはようございます
そうですか
保育士さんでしたか~
さくらさんにぴったりのような気がします。
従姉妹が保育士しています。
私も子供を保育園に預けていましたが
園長先生によってその雰囲気も変わるのだなと思っていました。
いい園長先生
わかりますよね~

いい方との出会いもよかったです!
でも別れてしまうときは悲しいですね。
体調を崩したときも看病してくれて凄いですね。
なかなか出来ないことだと思います。

離れていても心が通じあっているのですね~
お話できて良かったなと思います。
次のブログでもコメントさせてくださいね☆


2013/04/25 (Thu) 05:41 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: タイトルなし

〇 ふりかけさん、おはようございます。

いつも、丁寧なコメントを寄せて下さって、私は感謝の念でいっぱいです!!

仕事、人との出会いは自分の生き方に大きな影響を及ぼしますよね。
私の友人は、布団持参で看病しに来て下さったのですから、
天使さんが舞い降りてきたようではありませんか!?

私は以前は、とても病弱でした。絶えず熱を出して寝込んでいました。
長女がお腹にいる時も、熱を出して寝込んでいましたから、
父がひっきりなしに見舞いに来てくれて心配そうに私を覗き込んで
「もう、嫌だよ・・・。そんな姿を見るのは・・・。頼むからおろしてくれないか・・・。」(>_<)
そう父が言うほど、心配かけていました。

その頃の私は痩せていました。けれども…とにかく子供が好きでしたから
一人産まれるごとに丈夫になっていき、私の体重もスクスク成長していきました(笑)
今はどうでしょう~。横綱のようになってしまいました。

ふりかけさん、<2>へ続きますねヽ(^o^)丿

2013/04/25 (Thu) 08:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment