Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

兄夫婦の家の二泊三日

2月8日は九州で父親の四十九日の法要を営んで頂いて、
その日のうちに、私達姉兄妹は新幹線に乗車して、夜7時頃に 
兄夫婦の住む街、名古屋駅に到着しました。

名古屋駅に着くと「美味しいお店へ行くよ」と言って、
兄は私達を“ひつまぶし”のお店へ案内してくれました。

目の前に配膳された“ひつまぶし”それを見た瞬間、あまりの量の
多さに驚いて、「私は全部は食べられない」と言ってしまいました。

配膳された方が私に「正しい食べ方」を説明して下さったけれど、
絶対に無理…、そう思っていたのですが、何といっても大食漢の
私ですから、「正しい食べ方」どおりに頂くと、お米を一粒も残さず
完食をしてしまいました!!

兄は、私や姉に「父さんの事では世話になった」この言葉を
いつまでも言い続けていて、この高級な“ひつまぶし”は、
兄の私達へ対する感謝の気持ちの御馳走だったそうです。

でも~、お兄さん~、私達こそですよ。
お兄さんは何かと「世話になってるね」と言い続けているけれど、
父親を思う気持ちや、義姉の私達に対する優しい気配りは、
余りあるほどですから、この日は皆で「ご苦労様!!」と言って
割り勘にしたかったです。

その日の夜。
私達は、義姉が九州へ行く直前に、いつになくひどい
風邪をひいていたので“自分は九州へ行けないかも知れない…。
でも、どうしても行きたかったので、行く途中で駄目になったら
一人で引き返す”そこまで体調が悪かった事を知りました。

私は強引に泊めて頂いた事への後悔で、とても切なかったです。
けれども義姉は、おしゃべりな私達(私)と一緒になって、
また、食べる事が趣味のような私達?私を(@_@)見ているうちに
「少しずつ元気になってきた」と言って下さったので本当に
嬉しかったです!!

翌日、姉と私達は近場で観光地巡りをする事になりました。
兄夫婦は、もちろん「お疲れ様でした!」でお留守番です。

私達は兄の家から電車で30分ぐらいの所に在る“明治村”と、
そこから20分バスに乗って”犬山城”へ行きました。

夕方には戻って来て、義姉の手料理を頂く事になっていたので、
早く出掛けて早く帰宅と考えていましたが、朝から話が止まらなくて
家を出たのは11時過ぎになってしまいました。

私達は“明治村”の案内図を手にして、駆け足してでも全部見て
回りたかったけれど、犬山城とのセット券を買っていたので、
そちらの閉門時間が気がかりだったために、明治村へ沢山の
未練を残しつつ、犬山城へ向かう事になりました。

犬山城で天守閣を上る!!
我が短足でどれだけ苦労した事か(>_<)

遅い出だしだったので、帰宅は大幅に遅れてしまいました。
帰り着くと、飛び切り美味しい“煮込みうどん”と、
“名古屋名物 味噌煮込みうどん”が用意されていました。

冷え切った体に沁み渡るおいしい煮込みうどんを、もしかしたら?
私が最初から、最後までお箸を動かし続けていたかも知れません。

義姉の体調は、食いしん坊の私達のたべっぷりを見ているうちに…。
話しが泉のごとく湧いてくる中に居て…「本当に元気になってきた!」
そう言って下さったので私は真に受けて!?嬉しくなりました。

2泊3日は、兄夫婦に沢山の負担を掛けてしまったような気が
しましたが、いつも穏やかで、いつも優しい!!そんな姿を私達は
心いっぱい受け止めて、この旅を終える事が出来ました。

木曽川から望む夕日

~ 木曽川から望む夕日~                 






0 Comments

Leave a comment