Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

チョコレートパフェだって!!

私が百人一首をいつ頃から覚え始めたかは思い出すことはできません。


けれども、父が遊びに来ている日は父と私が分かれて、幼い三人の子供達も

父につくか、私について季節を問わずカルタ取りをしていました。


絵札を読む人は日本人ではないような夫!?

「それまで手にした事がないから」と言って、出だしからつっかえるので

「もう、取ったのよ~」と、その都度声を掛けなければ成りませんでした。


子ども達の成長と共に百人一首へ向かう時間がなくなってきたので、

それはお正月だけの行事になってしまいました。


でも、いつも新鮮で又、皆がそれぞれに闘志を燃やしていたので、

楽しい思い出の一こまとして今でも当時の事が懐かしく蘇ってきます。


                 言葉の花びら


長女が結婚した翌年のお正月に百人一首大会を自宅で行いました。


「お母さん、Kちゃん(お婿さん)は家でもやっていたのだって」と長女が一言。

長女夫婦対、我が家(母、息子、次女)。読み手は一向に成長しない夫です!


大人しいと思っていたKちゃんは、そこで本性を現しましたあせるあせる


情け容赦なく我が陣地に手を伸ばし、畳をむしり取るほどの速さで

奪い取ってしまいます。アルコールが回っていて睡魔に見舞われていても

なんのその、そこには私の知るKちゃんとは別人の姿がありました!!


そんな姿を見たので私は孫が小学校へ上がる頃に百人一首を

プレゼントしましたが、小学五年生と三年生になった孫は今だに闘志が

見えないので、「二人が組んでおばあちゃんに勝ったら、

大好きなチョコレートパフェを御馳走してあげるわよ」と言ってみました。


「美味しいお店のチョコレートパフェ!?やる!」二人は直ぐに反応しました。


帰り際だったけれど、私はチョチョイのチョイだと思って並べました。

読み手は少し上手になってきた夫です(*^.^*)


始めると、この日まで?さほど関心を示さなかった二人が、

チョコレートパフェで何かが覚醒したのでしょうか、お互いが手分けをして

私の陣地にも手が伸ばしてきたのです。


「わ~い。我が子ども達よ頑張って~。おばあちゃんが負けたら

ママも御馳走になるんだも~ん」と娘は二人にエールを送っていました。


私は年を取ったからでしょうか、並べた所に即座に反応できなくなりましたあせる


孫の後ろで見ていた次女が心配して?私に目くばせをして札のありかを

知らせてくれたのですが、私が二枚差で辛勝汗汗


すると二人が「もう一度して、おばあちゃん」ですって(→o←)ゞ

私は構えて勝負に挑みましたが、結果は二枚負けになってしまいました。

                                     

                                        雪雪雪


この数日は寒くて成人式の日に降った雪が氷ついたままになっているので

暖かな春になったら美味しいお店のチョコレートパフェを

食べに行く約束になっています。


そして、今度は二人が組んでママに勝ったら二人が大好物の”みどり寿司”へ

ママが連れて行く約束をしていました。(美味し過ぎるお寿司屋さんです!!)


その時は「わ~い、おばあちゃんも御馳走になるもんね~」ですよ音譜

「早くママに勝ってね~。おばあちゃんはお家から応援しているからね~」


                   


               





4 Comments

SABRINA  

1. 無題

こんにちは♪
『かるた』はよくやったのですが、百人一首は、さっぱり分からない私です(^_^;)
子供たちの本気は凄いですよね!これをキッカケに、百人一首に目覚めてしまうかも!(´∀`*)
明るいひとときの様子が目に浮かんで、ほんわかしてきました(#^.^#)

お正月に美しい日本語を味わいながら、家族の恒例大会にするのは素敵で憧れます(^^♪

2013/01/22 (Tue) 12:24 | EDIT | REPLY |   

写写love  

2. 一家団欒

素晴らしい家族でさくらさん幸せですね。

 一家団欒の風景が写写の目に浮かび、

 その瞬間をカメラで写したいです。
 
 

2013/01/22 (Tue) 18:17 | EDIT | REPLY |   

さくら  

3. Re:一家団欒

>写写loveさん、今晩は☆☆

何という嬉しいコメントでしょうか!!

私は大好きな写写さんから、このようなコメントを頂いて、どんなに嬉しく思ったかしれません。
私の家の温もりは、亡き父が残していってくれた大切な宝物です。

そして私は、写写loveさんの、ブログに
出会えたことも、大切な宝物です。

写写さんに心から「ありがとう」と言わせてくださいね。

これからも、宜しくお願い致します。

2013/01/22 (Tue) 20:35 | EDIT | REPLY |   

さくら  

4. Re:無題

>SABRINAさん

今晩は☆☆
とても多忙でいらっしゃるのにコメントを
寄せて下さって、本当に嬉しく思っています。

私は、いつごろから百人一首を始めたのか記憶がありません。

けれども、父が遊びに来た時は、我が子と
よく遊んでいました。
子ども達の成長はとても早い、早い・・・・・。

皆で遊ぶ百人一首は本当に楽しかったですよ。

ですから、孫にもこの楽しさを・・・と思って
買って上げていたのですが、いつまでも関心を示さなかったのに、=チョコレートパフェ=で
(それまでに覚えてき始めていたのだと思いますが)闘志に火がついたようです(@_@)

百人一首はいつやっても本当に楽しい、と言うより闘志に火がついてしまいますよ。
きっと、大勢の方が楽しいかもしれません。

私は長女のお婿さんと対戦すると一番真剣に
なるかも知れません。
長女が言う様に血を見る!?様な激しさですよ(笑)

2013/01/22 (Tue) 21:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment