Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

お通夜の前のサプライズ!!

12月28日の事・・・。     


父が25日に亡くなったので、姉夫婦と私達夫婦で昨日は、

施設で暮らしていた時の父の荷物整理に行きました。


父は、昨年の東日本大震災が起きるまでは茨城で生活していました。地震の爪痕は

茨城県結城市でも軒並に瓦が落ちていて、長い事ブルーシートで覆われていました。


高齢の父でしたから、姉や私達の住む神奈川へ移り住んでもらったのは、

地震が発生した年の3月28日ですから、およそ1年と9か月になります。


施設では一部屋を借り切って、普通の生活所帯になっていたので、

急な荷物を引き上げた事で、姉や私の家の中が滅茶苦茶状態になってしまいました。


その上、我が家はクリスマスグッズを片付けてなかったので、足の踏み場が

無い状態でした(>_<)


「今日は絶対にクリスマスグッズを片付けて、今夜のおじいちゃんの、お通夜に行こうね」


朝はそう意気込んでいたのですが、疲れが溜まってきたのでしょうか、

目覚めが悪くなってしまって、結局は散乱状態の中で昼食をとる事になりました。


ところが、昼食は次女からの思いがけないプレゼントがありました。

「かあさん、お昼はピザを御馳走するから、何も作らなくていいよ」ですって!!


最近は何を作ったか覚えがないほど手抜きばかりでしたから、

私は久しぶりに美味しい物にありつける!!そう思って喜んでしまいました。


その上に、娘からのサプライズは他にもあったのです(@_@)


次女はピザが届くまで、台所でバタバタしていました。

「かあさんは、クリスマスの飾りを片付けていて~」などと言って(>_<)


そして昼食の時間になりました・・・。


               言葉の花びら


12月24日は次女の誕生日でしたが、父の事で何もお祝いをしてあげなかったのに、

次女は私へ,一日遅れの誕生日(27日)お祝いの御馳走してくれたのですo(^▽^)o


「買い物へ行く時間がないので、サラダは無いけれど」と言って、

ラム酒たっぷりのお手製のマロンケーキが出てきました!!


そして、私が用意してあげる事が出来なかったのに、

次女は私に、クリスマスカードにメッセージを寄せてくれたのです。


「かあさんは、いつも、このようなカードを受け取る事がないでしょう」と言って。


               言葉の花びら


それは、思いがけない次女からの贈り物でした音譜音譜


ラム酒入りのケーキは、私は”いつだって大好物”を娘は知っているので、

クリスマスグッズの片づけをかあさんに押し付けて(笑)作っていてくれたのですね。


この夜は、父のお通夜へ行く事になっていました。


少し遠方でしたから、3時半に家を出なくてはなりませんが、時間をぎりぎりまで使って

娘の気持ちを大切に、そして感謝して、しみじみと味わう事ができました。


娘も仕事でヘトヘトになっていたのにね(+_+)

多忙な中でお母さんに気遣いしてくれて、ありがとうね。


☆★☆★☆


お通夜の日時=平成24年・12月28日(金曜日)午後6時から。

      場所=川崎南部斎苑


父のお通夜の会場へ向かう時刻に雨模様になってしまいました。


この10日間ぐらいは、とても綺麗なお月夜でしたが、この時間に雨になるなんて・・・。


雨・・・それは父が悲しくて涙にくれているのでしょうか?


それとも、私の心の中の雨だったのでしょうか・・・。

                                             ☆★☆★☆


                   



        


2 Comments

汐音  

1. すてきなサプライズ


さくらさん

すてきな娘さんをお持ちでうらやましいです。
時が時だけに、おめでとうございます、とはいえませんが、
娘さんの心のこもった気配りに
さくらさんもどんなにか慰められたでしょう。

お父さんは泣いてなんかいませんよ。
笑って皆さんを見守っています。
さくらさんも笑顔で、
「父さん、行ってらっしゃい」
そう言ってあげて下さい。

来年がよい年になりますように
祈っています。

2012/12/30 (Sun) 11:18 | EDIT | REPLY |   

さくら  

2. Re:汐音さん、心配して下さってありがとう!

>汐音さん
いつも、心配して下さって、
そして、心に寄り添って下さって
私は本当に心から感謝しています。

今年は、私は次女に何もしてあげる事が
出来ませんでしたが、それゆえに
この時期になると、この数日間の事を
とても深く思い出す事になりそうです。

次女からの気持ちは本当に思いがけない事でしたから、嬉しかったです。

告別式が終わった今、父が今までよりも
身近に感じるようになりました。

今までは施設に通って父と過ごしていたのですからね。

「父さん、いってらっしゃい」
そうですね。私も泣かないで
そう言って上げるようにしますね。

汐音さん、私の事を心配して下さって
ありがとう!!
私は汐音さんに心から感謝しています。
先日の、さくらのお写真も、本当に
嬉しかったです。

汐音さん、お身体を大切にして下さいね。

来年も宜しくお願いします。

2012/12/31 (Mon) 02:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment