Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

☆希望の星☆が住む街

      昨日は千葉県に住む息子夫婦の家に遊びに行って来ました。


息子たちが住む家の周辺は高層ビルが無く、新しい住宅が建ち並ぶ新興住宅街。


すぐ側には”道の駅”があり、見渡す限り平地ですから、四季を通して

美しい夜空を仰ぎ見ることができる街で、息子たちは安らぎを覚えているようです。


今、息子夫婦の家の前には、来春幼稚園へ上がる男の子がいます。


その男の子は本当に可愛いくて、私はその子が外へ出て来た気配を感じると、

直ぐに、外へ出て行きたくなりますラブラブ


「どう可愛いの?」と聞かれたら。(≡^∇^≡)


物語に出てくる金太郎さんのようにお腹がポンポコリンでo(^-^)o私を見ると自分の腰に

手をあてて、お腹を突き出して話をしてくれます。それも、少しはにかみながら~です。


それでいて、どこまでも、私の相手をしてくれるのです。(笑)


ご両親と買い物に行ってしまう時に私にバイバイされると,

「私にお子さんを預からせて下さい」と言いたくなります。


息子に「前の家の男の子、可愛いわね~」と私が言うと「そうなんだよ。あの子は俺達にとっても、

☆希望の星手賀沼の宝なんだよ」と言う答えが返ってきました。


息子も、私も大の子供好き。

その息子が前の家の男の子を、そんな風に言って可愛がっているなんて~!!

何だか私が嬉しくなってしまいます。


或る日、息子の電話の中で「前の家の男の子の家族が引っ越しするみたいだよ・・・。
このところ、段ボールに詰めた物を次々に運び出しているよ」そのような話がありました。


それは、尖閣諸島の問題で中国に暴動が起きた直後の事でした。


前の家の奥さんが中国から嫁いでこられた方と聞いていたので、

心配性の私はあらぬ心配をし続けていました。


昨日、息子達の家に行くと前の家の方は住んでいらっしゃいました!!


私は嬉しくて、息子の言う希望の星ちゃんに会いたくて、庭木の手入れをしながら、

男の子が出て来てくれるのを期待していたのですが、寒くなったからからでしょうか、

会うことができませんでした。


◆◇

この11月23日に文部科学省から、いじめの調査結果が公表されました。

それは、今年の4月から半年間と言う短い期間でありながら、小中高等が把握した

いじめ件数は14万4054件で、前年度の一年分の二倍を超えたそうです。


大幅に件数が増えたのは、いじめの僅かな兆候でも見逃さないとの意識が

高まったこともあるそうですが、その多さに私は愕然としてしまいました。


<全ての子供たちは未来の宝もの!!>


いじめに耐えきれなくて尊い命を絶ってしまうのを、どうしたら防ぐことができるのでしょうか?

そして又、心の中にどんな軌跡があっていじめる子になっていくのでしょうか・・・◆◇


金太郎ちゃんのように、と言ったら本人はどう思うか知れませんが、

希望の星手賀沼の宝と言って息子たちが可愛がっている男の子が、

そして全ての子供たちが、命を尊び、真っ直ぐに育っていってくれることを

私は心から願っています。

                                 

                                               


                                                                      

























3 Comments

SABRINA  

1. こんにちは♪

昨日は息子さんたちと過ごされたのですね!
金太郎ちゃん♡可愛いんでしょうね(´∀`*)
男の子のご家族も、さくらさんの息子さんご夫婦が近所で良かったと思われてると思います(´∀`*)

子供をもつと、テレビで流れる悲しいニュースに敏感になり、涙が出てしまうことも多くなりました。
そして我が子を思う気持ちを考えると、すべての子供たちが、本当にかけがえのない宝物なんだなぁ。と思うようになりました。
本当に、どうすれば、いじめが無くなるのか・・・。

私は息子を、思いやりを持てる子にしっかりそだてたいです!

2012/11/27 (Tue) 12:01 | EDIT | REPLY |   

さくら  

2. Re:

>SABRINAさん

2012/11/27 (Tue) 15:51 | EDIT | REPLY |   

さくら  

3. Re:全ての子供たちは未来の宝ものですよね。

>SABRINAさん
コメントを寄せて下さってありがとうございました。
私も、子どもの事になると敏感になってしまいます。どうして子どもが子供をいじめる事になってしまうのでしょうか・・・。
そして、何故、いじめを受けている子は周囲の大人に救いを求めてはくれないのでしょうか・・・。
いじめを受けて自殺してしまった子供の事を思うと、胸が張り裂けそうになります。
私達、周囲の大人は、どんなに忙しくても子どもの心に寄り添っているからね。そう言う姿が見えるようにしていてあげたいですね。
金太郎ちゃん!!本当に可愛いですよ~。
私に相手してくれるので「ありがとう!」
いつも、そう思っています。
そして、私も、金太郎ちゃんの心に寄り添っていたいです。
SABRINAさんのように、お子さんを思う気持ちが溢れているお家のお子さんは、大切な子どもさんは真っ直ぐに育っていくと思いますよ!

そそっかしい、さくらのすること、コメントが(>_<)いつもゴメンナサイネ。

2012/11/27 (Tue) 16:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment