Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

小さな<箱>の中で

                  父達と外食の日に・・・・・。


もみじ 昨日は穏やかな秋晴れでした。


数日前に、近くに住む姉から電話があって、昨日は施設の父達を伴って  

外食することになっていました


ほんの数日前、父は私の両手を握りしめて「あ・リ・が・と・う・」と、今生のお別れのような

言葉を私に投げかけていましたが~。


昨日は施設へ迎えに行くと、室内で穏やかに過ごしていました。


もみじ 夫の運転する車で行くのですが、車いすから巨体の父が乗用車へ乗り移るのは、

足が完全に萎えてしまったので~乗る~という動作に何分も、掛かってしまいます。


昨日は施設から20分ぐらいの所にあるお店へ行く事になっていました。


お店・・・・。それは高齢の父なれど、大好物のトンカツ屋さんです(@_@)


デパートの5階にある食堂へ行くために私達はエレベーターを待ちました。


エレベーターの扉が開くと、その小さな<箱>の中に、父と継母の車いすが二台、

そして二人のママが押すベビーカーが二台、一緒になりました。


それぞれが窮屈なエレベーターという<箱>の中で、僅かな人々と体を触れ合って。


12345


それは5階までという、ほんの一瞬の乗り合わせでしかありませんでしたが、

私はそこに、人生の縮図を見たような気がしました。


この日、施設を出る前に姉と私と二人して、父と継母の着替えをしましたが、

自分の意志ではどうにも動くことが出来ないもどかしさから

「何でこんなふうになっちゃたのだろう~。もうお呼びが来てほしいよ~」と嘆いていた父。


一方では、若いママに手を添えられた、ベビーカーの赤ちゃんが二人。


明日への希望が完全に閉ざされてしまった父達と、

同じ<箱>に乗り合わせた純真無垢な可愛らしい赤ちゃん達。


これから手塩にかけて育てられていく赤ちゃんには、夢や希望が

遠い彼方まで繰り広げられていくことでしょう~。


偶然にも乗り合わせたエレベーターという小さな<箱>

私はその<箱>の中で人生の縮図を見たような気がしました。


そして・・・。


そこでは輪廻の歯車が静かに回っている~。そのような思いも、私は抱いてしまいました。            


                                             もみじもみじもみじ



                               








3 Comments

koh  

1. さくらさん♪

こんばんは~^^

お父様たちと楽しく美味しいお食事タイムを過ごされたんですね^^

私・・・思うのですけどね・・・
お父様も夢や希望いっぱいありますよ~
赤ちゃんに負けないくらい
さくらさんたちとお散歩したり お食事したり・・・
きっと ささやかな日常こそが明日への夢や希望につながるのではないかなと・・・
それは決して簡単なことではなく
さくらさんやご主人の助けがなくてはならないことだけど
お会いしたことありませんが・・・
お父様とお継母様のほころんだ笑顔が目に浮かぶんです*:..。o
生意気言っちゃいました^^;ごめんなさーい

2012/11/09 (Fri) 20:49 | EDIT | REPLY |   

さくら  

2. Re:

>kohさん

2012/11/09 (Fri) 22:00 | EDIT | REPLY |   

さくら  

3. Re:優しいコメントをありがとう!!

>kohさん

本当に優しいコメントを寄せて下さって
ありがとう。

父達は、父達なりに精一杯に生きているのですよね。

ですから、私たちも出来る事を?そう思って
日々、父達と向き合っています。

kohさんの優しい思いが、私にとても良く伝わってきましたよ(*^_^*)
kohさん、ありがとう!!

2012/11/09 (Fri) 23:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment