fc2ブログ

Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

飛騨高山白川郷の思い出(1)

娘達が開いているフレンチのお店は この12月13日で5年目を迎えることになりますが
その間 コロナの感染の困難があったけれど 来店して下さるお客様と 店内で仲良く働いて
くださる(アルバイトさん達の)お陰で 今日までこれたのだと 私はいつも感謝しています☆

そんな中で 今年の10月に長女が体長面で少しの間 休まなければいけないことになったので
その間の三日間はお店を休みにしたので(初めてのことですが)一度は行ってみたいと思っていた
飛騨高山白川郷へ 二女と2人で行って来ました

横浜から新幹線で名古屋で乗り変えた頃から大粒の雨が降ってきたけれど 高山駅に着いた頃に
雨は上がって それからは家に帰り着くまで良く晴れていたので デジカメの充電器を持参して
写した写真は520枚以上になってしまったので 今ごろ整理し始めるようになりました(*^_^*)


IMG_3849.jpg



旅行は急に決めたことなので 宿泊先の予約は海外からの観光客でいっぱいで 困難だった
けれど 高級な宿なら一部屋空いていると聞いて そこで1泊の予約を取り 翌日は飛騨
高山白川郷の合掌造りの家で泊りたかったのですが そこもいっぱいだったのです(>_<) 



花と。。。



けれども~
最終的には高山駅から白川郷行きのシャトルバスに乗って下車した所から一番遠くに離れている
民家園で「素泊まりでよければ」と言って宿泊させて頂けたので心底うれしかったです



IMG_3781.jpg



夕飯はお店で買ったお握りなどを買って来て宿で済ませていると「冷えこんできたので・・」と 
囲炉裏がある部屋で炭をおこして下さって「ずっとここで寛いでいてもいですよ♪」と 言って
下さって 泊まる部屋に置いてある貴重品が入ってる鞄を持って来て下さったのです!!

この日は 私達の他は宿泊客がいらっしゃらなかった宿でしたが 囲炉裏の炭がいつまでも
赤々と燃えていて温かったです

今回の旅行で 私は二女に溢れるほどの感謝の気持を伝えました☆☆

=私が2月に坂道で転んで左肩を強打し 骨折してしまってからは 左腕は重い物を持てなく
なってしまったので 今も通院している私に「お母さんは軽くて小さいショルダーだけを肩に
掛けるように。」と言ってくれて…
行く先々で お土産が増えてくるのをリュックサックに・ショルダーに・キャリーバッグにも
いっぱい詰め込んで 家まで持ち歩いてくれたのです








訪ねて来て下さってありがとうございます☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村



















2 Comments

reimi  

さくらさん おはようございます。

トコちゃんとの楽しい旅は最高でしたね。

フレンチのお店ももうじき5周年。
本当に月日の流れは速い!って感じています。
コロナにも負けないでお店が続くのも娘さんたちのお料理は勿論
お人柄もお客さん達を魅了されているのだと思います。

お姉さんのお陰でお二人で思い出に残るたびが出来て
本当に良かったですね。

茅葺の屋根、炭火の庵は日本の原点を見るようです。



今週末からは
気温が下がる様ですのでお身体に気を付けてお過ごしくださいね。

2023/11/22 (Wed) 09:56 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: タイトルなし

reimiさん、今晩は☆

嬉しいコメントを寄せて下さってありがとうございます♪♪

飛騨高山白川郷は、いつかきっと行ってみたいと思っていた所でした。

長い歴史がある白川郷へ私達が行った時は 気候がよい季節だったので 
世界中から観光客が訪れていたので 私達は高山も白川郷も どちらも一室しか
空いていなかったのですが行くことができたので 幸運だったのだと思いました!!

写真を無意識に!?撮り続けて(充電を繰り返しながら)撮り続けて
取り込んだ写真を整理しようと思ったら、500枚以上もあったので
驚いてしまいました。

とても大切な思い出なので 簡潔に?まとめる積もりなので あと2つ
続けてしまいそうです(*^_^*)






2023/11/23 (Thu) 22:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment