fc2ブログ

Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

~猛暑が終わる頃~

  • CATEGORY風のうた
  • PUBLISHED ON2023/ 08/ 14/ 02:23
  • COMMENT2
連日 猛暑が続く中 数日前に<カナカナ蝉=ヒグラシ>が鳴く声が聞こえてきました!!

 ~カナカナカナカナ~ ~カナカナカナカナ~ 

家の近くでは 何故か夏を迎える頃の 夜明け前に カナカナ蝉が まるで鶴のひと声のように

澄んだ声で一声鳴いた後は 夏が終わる頃まで 鳴く声を聞かなくなります


その直後から アブラゼミや ミンミン蝉が鳴き始めるけれど 今年は蝉時雨につつまれる

ことがなかったので とても寂しかったです

 
IMG_1819 (6)



蝉の声が 今年は極端に少なかったのは 家の前に75棟の家が建てられることになって

それまであった公園の木々は 全て根こそぎ無くなってしまっただけでなく そこにも家を

建てるために 道路の舗装も含めて ローラー掛けが半年以上も 続いていたので 地中の

蝉の幼虫は 生まれてくることができなかったのだと…とても辛くて悲しかったです


IMG_1909 (2)


ここへきて 木々の葉っぱが 色づき始めてきて 風に誘われて舞い落ちる中で

2匹ぐらいの ヒグラシが澄んだ声で 響きわたるように鳴きました

そして… 遠くの方から 夏の終わりを告げるように つくつく法師が鳴く声も 聞こえて
くるようになりました

オーシーツクツク~ オーシーツクツク~・・・ オーシーツクツク~ オーシーツクツク~

猛暑はきついけれど 遠ざかってゆく蝉の声に とても寂しさを覚えてしまいます









訪ねて来て下さってありがとうございます☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ

2 Comments

reimi  

さくらさん こんばんは

自然を破壊していくと必ずしっぺ返しがくると思います。
地球温暖化が一番の出来事ですものね。

当地でも高い山の上や空き地には配電盤が連なっていて
その景色は異様に感じます。

生き物達が住めなくなると
人間だって生きていけなくなりますね。
一度壊したものは二度と戻らない。

未来ある子供達の為にこれ以上開発は止めて欲しいです。

立秋がすぎてもまだ暑さは続きますね。

転んだ後遺症もある事と思いますが
お身体大切にお過ごし下さいね。

2023/08/15 (Tue) 18:56 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: タイトルなし

reimiさ~ん、今晩はー\(^_^)/

嬉しいコメントを頂いていましたのに 返信が遅くなって
ご免なさいね<(_ _)>

今は人々が より快適な暮らしを求めてしまいがちですよね。
私は神奈川に住んでいるけれど、川を渡れば東京なので
何かと東京へ出て行く機会が多いです。

そこで いつも思うのは 絶えず駅周辺や構内・商業施設などなどが
新しくなったような気がしても 直ぐに?また建て替えられていく~?
そう思ってみています。

よく利用する駅は 片方に塞ぎながら もう一方を工事しているので
私は通行出来る矢印に沿って歩いて行っても 出口が分からなくなって
しまうことがあります。

いつの日にか 東京も他府県も 巨大地震が発生するようですから
いざと言うときは 逃げ場が見えないまま 押し潰されてしまうのだと
自分に言い聞かせています(=_=)

reimiさんが 仰るように これ以上の開発などと思わずに
いかにして 今を大切にして守っていくかが とても大切なのだと
私も思っています。

最近の猛暑や 毎年 繰り返される豪雨による河川の氾濫
崖崩れなどが 繰り返されないような工事をきめ細かくやって
ほしいですよね。

家の直ぐ前にある 持ち主が分からないという 山には大きな木が
何本も そのままになっていて ひと月ぐらい前にあった
豪雨と強風で 一本が根元から折れてしまったけれど そのままに
なっています。

reimiさん 私はreimiさんのもとへ参りますので
宜しくお願いしますね。

骨折のリアビリは 今も通っています(=_=)

reimiさん お身体を大切になさってくださいね\(^_^)/

2023/08/17 (Thu) 18:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment