fc2ブログ

Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

ワンちゃんを見上げながら歩いていたら~<1>

今住んでいる家から近くのお店へ買い出しに行くには 二通りの坂道のどちらかかを選んで下って
行かなければならないので 雪が積もったなら誰もが慎重に歩いて行くけれど それでも転んで
しまう方がいらっしゃる所に私は住んでいます☆

~ 坂道は両手で荷物を持っているなら 常に用心して歩く ~

普段からそう肝に命じているのですが この日は坂道を下って行く途中の高台の家のフェンスから
顔を出して尻尾を振りながら ワンワンと呼んでいた?トイプードル見上げながら下って行った時 
私は何かに躓いた覚えは無かったけれど~バッタっと倒れて(転んで)しまったのです(>_<)

狭いこの道も車が通るので 私は左手で持っていたバッグを急いで拾い上げようとしたけれど腕は
だらりと下がったままで全く機能しなかったので 右手を使って何とか頑張って立ち上がらなけれ
ばと焦っていた時 坂道を上がって来られた2人の女性が側に来て下さって「大丈夫ですか
お手伝いしますよ」と言ってくださったのですが・・・

棒のように倒れていた私を立たせて下さろうとしても 私はコロナ禍で?体重が増えてきたのと?
左腕が力なく垂れ下がっていたので 1人の方は私の背中に回って下り もう1人の方は右肩に
手を添えて何とか立ち上がらせて下さったのです(>_<)
 
「急いで行かなければいけない所があるので…」と仰っていた女性が 心配しながらこの場を離れ
ようとしていた時に 若い姉妹が「どうしたのですか?あとは私達がお世話しますから~大丈夫で
すよ☆」と側に来て下さって「大丈夫ですよ救急車を呼びましょうね」と言って直ぐに要請
して下さった姉妹の電話番号を教えて頂いて「治ったらお礼に伺いたい☆」と伝えて 救急車で
病院へ運ばれて行きました

~搬送されている間中 仕事が多忙で…いつも深夜帰りの二女に負担が掛ってしまう(>_<)
 この思いばかりが 脳裏を埋め尽くしていました~

搬送された日は日曜日だったので 整形外科で休日診療がある病院へ搬送されたけれど ここは
家を出てバスに乗り~電車に乗って行った先に在る総合病院でした

レントゲン検査をして頂くと 左肩の付け根が3本ぐらい折れていたそうで この日は応急措置
だけで 三角布を掛けて下さっただけで「明日 家の近くの整形外科へ行くように~」と言われて 
翌日までの痛み止めと化膿止めを出して貰っただけで帰って来ることになりました(=_=)











訪ねて来て下さってありがとうございます☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

4 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2023/02/19 (Sun) 09:58 | EDIT | REPLY |   

たけ  

No title

さくらさん、災難でしたね。
痛みもさることながら、
突然左肩が上がらなくなって、さぞや驚かれたことと思います。
その後、お加減はいかがですか?

でも、お二人の姉妹に助けてもらえてホントによかったです。
こういう時、親切な人に出会えるのは、きっとさくらさんの人徳ですね。
機転を効かせて救急車を呼んでくださるなんて、なかなかできることではないと思います。
手に汗を握りながら?読んでいましたが、お二人の親切な心と迅速な行動にホッとしました。
阪神淡路大震災以来、自然災害が毎年起き、最近ではコロナの流行。
不幸続きの日本で、みんなお互いに助け合う気持ちを育んできたのかもしれないな、と思いました。

実は、ここだけの話ですが、私も年末に実家ですってんころりんしました。
雪が溶けてそれが再び凍った、間違いなく転ぶような場所です。
割と近くに雪かきに来た人は何人かいたのですが、
誰一人、私が転んだことに気づく人はおらず、誰にも助けてもらえませんでした。(とほほ)
当分打ったところが痛かったですが、幸い打撲ですみました。
転倒するのって、怖いですね。

雪が降ったら外出しないのが1番ですが、
お店のお手伝いも大事なことでしょうから、
気をつけてお過ごしくださいね。
(もうこの冬は雪はないかな?)


・・・1日も早く全快されますように・・・たけ

2023/02/19 (Sun) 20:30 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: タイトルなし

~2月19日にコメントを寄せて下さった方へ~

私は迂闊にも 少し高台の所に在る家のフェンスから トイプードルが
顔を出して…尻尾振りながら鳴いている姿に気を取られて 坂下に向かって
棒のように倒れてしまったのですから とても悲惨な姿になっていたのだと
思います(>_<)

坂道を上がって来られた2人の女性に助けられて立ち上がったこと。。。
直ぐ側に住んでいらっしゃるという 2人の姉妹がメモ用紙を持って
私にあれこれ聞いて下さった後に 救急車を呼んで下さった時は
激痛が感じられなかったような気がしていました^^;

痛みは腕だけでは無かったようで 歯も欠けてしまうほどの
転びようになってしまったけれど 歯医者に通える日は遠いので
一度は受診したけれど 少し先になりそうなので 今も口にできるものは
限られています(=_=)

指先まで痛んでいたけれど 数日前から少しだけ触れる~支えることが
出来る感覚が戻ってきているのだと思えるようになりました☆


色々と心配して下さり…そして 温かな思いを寄せて下さって
有り難うございました<(_ _)>

~私は感謝の気持でいっぱいです☆☆☆~

2023/02/24 (Fri) 17:36 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: No title

~たけさ~ん、今晩は(*_*)~

私は 自分の不注意で ほんとうに悲惨な状況になってしまった結果
二女に 思い切り…負担を掛けてしまったことが とても辛かったです(=_=)

肩の辺りを骨折しても 粉々になってしまったときはギブスで固定するようですが
私は(詳しく説明できないけれど)肩の付け根が離れてしまったように見える?
骨折だったので だらりと下がってしまったのでしょうか…
固定されて帰ってきました(>_<)

それからの日々は 他の所も打撲がいっぱいあったので 家にいても
痛み止めを服用するだけでしたから 左手の指先に感覚が戻るまでに
とても長く時間が掛った(2~3日前なので)ような気がしました^^;


たけさん 心配して下さって有り難うございました(^_^)/

たけさんは 雪かきの時に転んでしまったことがあったそですから
気をつけて 雪かきをして下さいね(*_*)

2023/02/24 (Fri) 18:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment