Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

「がんサバイバー」仲間ですって!!

     素晴らしきかな「ザ・ワイルドワンズ」 我ら”がんサバイバー”仲間ですって!!



「思い出の渚」などのヒット曲で知られる「ザ・ワイルドワンズ」の四人のメンバーが

皆、癌に罹ったそうですね。


最初にリーダーの加瀬邦彦さんが1994年に食道がんを手術を受けた時、ご自身は

「きっと治る」と前向きだったそうですが、知らされた3人がショックを受けたそうです。


それから鳥塚さんが2002年に胃癌に、植田さんが2007年に大腸癌に。


そして、今年の2月に島さんにも早期の胃癌が見つかったそうです。


島さんは「それほどショックはなかった。早期だし、3人が元気だから

自分も大丈夫だ」と思ったそうです。


加瀬さんは「今後はワイルドガンズだ」と冗談めかして、島さんを励ましたそうです。


生命のあした=医療ルネサンス20年


今は、二人に一人が癌になる時代だそうで、日本で一年間に新たに癌になる人は70万人。

それは、20年前の倍近くになるそうです。


けれども、治療中の人や癌を克服した「癌サバイバー」

300万~500万人にのぼるそうです。


ワイルドワンズの植田さんは、20年後、80歳代半ばとなったご自分を

思い描いて「ステージに立っていたら幸せだな。再び癌になり、助からなくても

前向きに生き、最期は仲間に囲まれて・・・・」とコメントを寄せていらっしゃいました。


ワイルドワンズの4人のメンバーが、我ら「がんサバイバー」こんな見出しで

読売新聞で取り上げられていたのは、数日前でした。


「前向きな最期へ」支えあう・・・。


4人の笑顔~素晴らしき仲間たちですね~音譜


どこからそんなに素晴らしい笑顔がこぼれてくるのでしょうか!!



「この20年で癌の医療の質は着実に進歩し、患者が生への希望を持てるようになった」

ご自分も、腎臓と、大腸癌の経験された国立がんセンター名誉総長、垣添さんの

コメントも添えてありました。



そして、我が家でも夫が「前従隔癌」と言う聞きなれない部位の癌の手術を受けました。


この10月で手術を受けてから5年になります。


一昨日、かかりつけの先生から「10月になったら、この手術での通院は卒業だね」

そう言われたそうです。


夫の顏もワイルドワンズの4人の笑顔のように、晴れ晴れとしているように見えました。



                                       *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


0 Comments

Leave a comment