Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

見つめてもらいました!!

       昨日は、ヨハネス・フェルメール「真珠の耳飾りの少女」に会いたくて

       東京都美術館へ行って来ました。


別名は「青いターバンの少女」だそうですね。

朝日新聞にはターバンの青が純度高く鮮やかに、と紹介されていました。


けれども私は、少女がまとっている着物に似た抜き襟の

上着の色に、とても心が惹かれました。


鮮やかな青いターバンの色と対照的な上着の色は、日本古来にある

侘びとか、さびを表すような深い色を成していたので、見入ってしまいました。


この少女の瞳は、何処から観ても自分が見つめられているように感じるのだそうですね。


私も、そんな期待をしてワクワクして行きました。


そう・・・本当に色々な所から静かに、そして何かを問いかけるように

私も見つめられているように見えました。


肖像画・トローニーは、写実的な肖像画とは異なる新しい人物像だそうですね。


「真珠の首飾りの少女」他の作品を

”表情を見つめて人生を活写”・・・そのように紹介されていました。


             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


マウリッツハイス美術館展へ行く時は、暑い最中でしたから汗だくになってしまいました。


会場は思いの他、混雑していなかったので暑さを忘れて沢山の名画をじっくり

鑑賞する事が出来て良かったです。


その一つひとつを堪能しているうちに”心の洗濯”を得る事ができました!!


家路に着く頃には夕風にも誘われて、深い充足感が心に満ち溢れてきました。


                                         *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆






0 Comments

Leave a comment