Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

ド~ンとなった花火!!

        キラキラキラキラ 今日は多摩川の花火大会でした。


今日は施設の父に会ってから、少しでも多摩川の花火を見たくて行ってきました。


父は「昨日、転んだ」と言って額に青あざが出来ていました(>_<)

いつも、私たちが着くと「車でお茶飲みに出かけたい」と懇願されます。


けれども、今日は大きな雨雲が覆いかぶさっていたので、夕食の時間になる迄

父の側で過ごしてから、夫と多摩川へ向かいました。


河原も土手も人、人、人で埋め尽くされていました。


私の子供達が小さい頃はいつも連れて行ってた花火大会でしたが

大きくなってからは、友人と見に行くようになってしまったので

この時期には遠い昔の残像がいつも懐かしく蘇ってきていました。


久しぶりに間近で見た花火・・・。


次々に打ち上げられる美しい花火、そして夜空に響き渡る大きな音を聞いた瞬間に

「ああ~、私は少しの時間でも来てよかった!!」と思いました。


私が幼い頃に見た花火は、大きく開いた時には赤や緑、青などの色を

散りばめながら音の中に消えていくだけ?だったような気がしました。


今日、久しぶりに見た花火は真っ直ぐに打ち上げられたその先で星形になってキラキラキラキラ

煌めいて、それは、あたかも宇宙の星をかき集めて作った金メダルが

散りばめられているようで美しかったです。


又、打ち上げられた先でハートの形を作って散っていくものもありました。

その都度、湧き上がる拍手や歓声・・・・。


私は久しぶりの花火大会に出向いて、束の間の感動に酔いしれてきました。


けれども、父の元気だった頃の姿が思い浮かんでしまって、ふと花火の

音に、そして残像に胸が塞がるような切なさも込み上げてきてしまいました。


この日のために花火師さんたちが思いを込めて作って下さった事にも

心が動かされます。


東日本大震災で亡くなられた方々へも沢山の花火が打ち上げられました。


花火は本当に美しくて感動します。


けれども花火は何故か儚く、そして切なく感じられてしまうのは

私だけなのでしょうか・・・。


                                       ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆







4 Comments

パピちゃん  

1. 無題

うちも多摩川の花火大会行こうかなと思ったんですが、雨も心配だったし、梨を送ったところから電話もかかりそうだったので止めました。きれいだったでしょう。。。
昨日は主人の父をお昼ご飯に連れて行く予定でした。最初は行く気満々だったんですよ。せっせと上着やシャツを着替えたりしてたのですが、肝心のトイレとズボンの着替えになったらイヤだと言い出して中止になってしまいました。。。
なかなか難しいですね。

2012/08/19 (Sun) 19:47 | EDIT | REPLY |   

ichinichiduki  

2. 一瞬のために・・・

花火は、打ち上げて開く一瞬のために
花火師さんが色々な工夫や苦労を
しているのですよね。
(以前、テレビで見ました)

季節を感じる特別なもののせいか、
そこに毎年の思い出が詰まりますね。
さくらさんと子供たちの成長の過程や、
色々な出来事が見えてきそうなお話でした。

私も、色々と花火にまつわる思い出を
思い起こしました・・・。

2012/08/19 (Sun) 20:29 | EDIT | REPLY |   

さくら  

3. Re:本当に綺麗でした。新しい花火ね。

>パピちゃん、コメントをありがとう。
私は随分、長い事行かなかったです。
でも、花火の日に遠くからの音が聞こえてくると、何故か寂しくなってしまうので、昨日は
何が何でも行く、そう決めていました。
本当は、一人で行きなよ。そう言ってました。
去年は、二子多摩川へ一人で行ったの・・・。
でも、着いた時間が遅くて河原に辿り着く事が出来ないほど混雑していたので、直ぐに帰って来てしまいました。
そんなわけで、昨日はどうしても、そう思って行ったので良かったです。
花火も新しくなっているような気がしました。
星を散りばめたような花火には歓声が
上がっていましたよ。
本当に綺麗・・・。でも、何故か花火は
寂しくないですか?

2012/08/19 (Sun) 21:09 | EDIT | REPLY |   

さくら  

4. Re:一瞬にして消えてしまう美しさですね。

>ichinichidukiさん
昨日は夫を花火に誘いました。
けれども、面倒だったみたいでしたよ。
私が「行って、心に感動を」と言って行く事に
なりました。
多摩川に着いたら、ずーっと携帯に収めていましたから、もしかしたら心の中に感動もあったのではないでしょうか・・・。
今から「私は来年んも行く」そう決めています。
鬼が大笑いしそうね(*^_^*)

2012/08/19 (Sun) 21:22 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment