fc2ブログ

Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

お婿さんは猪突猛進型(@_@)<2>

長女が Yさんと話している時は賑やかな家族の話題が多かったと聞いて 私はとても嬉しかっ
たです♪
そして…Yさんが 長女の家族の一員になりたいと思っていることを 一生懸命に伝えて下さった
日が 今も懐かしく思い浮かんできます☆☆☆ 



父が孫達用にと 友人に頼んで造って貰った学習机が二階にあるのに 殆ど使わなかっただけで
無く…下の和室で犇めきあって~テーブルの場所取りして勉強している子がいれば~音楽を聴いて
いる子がいれば~父が来ている時はテレビも付いている中で話が飛び交っていた=雑音家族=
♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪


一日でも早く式を上げたかったYさんだったけれど 先方のお父さんが「その前に二人で生活して
みたら?」」と言われたそうで 6月頃に長女は賑やかだった家族と離れてアパートに引っ越して
行ってしまいました(>_<)

私も寂しかったけれど~

それよりも もっと早いこの年の4月に 息子が社会人となって入社式へ行く日の朝 高校へ行く
前の二女と二人で見送りに出た時「じゃ…行ってくるね!!」と爽やかに言ったあとで「俺が行っ
たらこの手紙を読んでね☆」と言い残して…一度も振り向かずに息子の姿が見えなくなってしまっ
た時 私は手紙を持っていた手がワナワナと震えてきてしまいました(T_T)

この日は東京の本社で入社式を終えると その足で 賑やかだった神奈川の家族からを離れて
兵庫県の尼崎市へ行くことになっていたからです(=_=)

そこで一年間寮生活をしながら研修期間を送ることになっていた息子

「お母さん…早く お兄ちゃんの手紙を読んでみて~(@_@)」と言った二女に
「とこちゃんが 先に読んでみてよ(T_T)」と促すと 黙って読んでいた二女が
「ふ~ん…私は お兄ちゃんのような手紙は書けないよ!!」と言って「早く お母さんも
読んでみて~☆」と 私に手渡すと 何を思ってか 後ろを向いて黙っていました!!!!

私は 読み始めると直ぐに大粒の涙が零れてきたけれど 途中からは声を上げて泣きながら
読んでいたその側で「お母さん・・・大丈夫? 私は学校へ行ってくるね(*_*)」と言って 
出て行ってしまいました(>_<)

この日は 一日中手紙を読んで・・・そして その都度 涙がポロポロ零れてきました!!

長女の誕生日は9月だったので Yさんは一つでも若いうちに式を挙げたいと言って 誕生日を
迎える直前に 結婚式を挙げた二人☆☆☆ 兵庫にいた息子も休暇を取って 帰ってきて…☆


息子が家を離れる頃から父の足が覚束無くなってきたので 家に来る日が少なくなってしまっ
たけれど 長女の結婚式に来てくれたので この年は格別な思いが蘇ってきます☆☆☆








~ 訪ねて来て下さって有り難うございます☆ ~

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村









0 Comments

Leave a comment