Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

立秋の風わたる!!

                ヒマワリ 昨日は"立秋"


こんなにも暑い日差しが照りつけているけれど、この日は秋に入る日だそうですね


連日、うだるような暑さの中を過ごしてきました。


それに加えてロンドンで繰り広げられているオリンピックの熱戦は、私達の心も

熱き血潮がたぎる!!

そんな思いを抱いて連日、アスリート達の活躍に一喜一憂しています。

                                          


ヒマワリ 昨日は施設でお世話になっている父が「レストランでお茶の時間を過ごしたい」と言うので

夫に車で連れて行ってもらうことにしました。


父と、継母。そして、近くに住む姉も同行して5人で出掛ける事になりました。


大柄な父は100歳ですが骨格が全く変わっていませんから、私や姉がどんなに頑張ってみても

足腰が完全に効かなくなった父を車椅子から車への移動は、困難を極めます。


唯一、力持ちの夫に頼る事になってしまいます。

「いつも、有難う・・・」本当に感謝しています。普段はドンッこんな衝突ばかりですがね(^-^)/


「お礼は?」

そうね~。口では言っていますが形でしたら、そのうちにですね。

言葉だけで「ごめんね」今はそう思っています。ちょこちょこ出掛けているので・・・。


昨日も暑かったです。けれども父達の乗った車の窓を全開して

自然の風を体いっぱいに受けてもらうようにしました。


「おじいちゃん、おばあちゃん今日は立秋ですって。

少しは風がいつもと違うように感じる?」私はそう聞いてみました。


そう・・・昨日は本当に=秋に入る立秋の風=を私は感じていました。


父も車の窓から風を受けながら「ああ~、いい風だね~。なんて気持ちいい風なんだろうか」

そう呟いていました。


いつもより長くレストランで、憩いの時間を過ごしました。


施設に戻る頃にはお日様が傾きかけていました。


私は月夜、星空☆★を見上げるのは大好きですが、太陽が大空を真っ赤に染めながら

沈んでいくその瞬間を見るのも大好きです。


昨日、父達に沈みゆく夕日の様子を話してみましたが

「自分には見えないから、もうつまらないよ~」と寂しそうでした。


けれども、お日様が陰ってから吹く風は余程、心地よかったのでしょうか

「今日の風は気持ちいいね~」と父は何度も呟いていました。


施設へ二人を送って帰る途中で、いきなり”ツクツクボウシ”の鳴く声を耳にしました。


”立秋~~”


自然のふところに抱かれている全ての生きもの=人間と共存している仲間達=は

誰に教えられなくても季節のほんの小さな移ろいを感じ取ることが出来るのでしょうか。


私はツクツクボウシの声を聞いて何だか心が潤んでしまいました。


ツクツクボウシはどんなに暑い日が続いていても、夏の終わりを告げるように

炎天の舞台であっても、その出番を知って鳴き始める・・・。

昨日の鳴き声は、まさに自分の出番を知っていたかのようでした!!


家に近づくと、カナカナ蝉やミンミンが、そしてクマ蝉も、ゆく夏を惜しむように鳴いていました。


 

星空 その夜、日本時間の今日、サッカー男子の試合を観ました。


決勝戦に勝ち進んでほしい。

日本中の方たちが固唾をのんで観戦していたことでしょう・・・。


けれども、力を尽くしたけれど負けてしまって、今度は3位決定戦に臨むのですね。

私も心からのエールを送り届けたいです。


今年は、日本の全ての競技に於いて歴史的快挙と言う文字が躍っているように

見えます。


勝っても、負けても本当に全ての競技に感動があります。

毎日、熱戦を展開して下さってありがとう!!そして、お疲れ様です。


皆、素敵な笑顔で帰って来て下さいね。


                                     *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆




2 Comments

koh  

1. さくらさん♪

こんにちは~さくらさん^^

さくらさんのお話し読ませて頂いて・・・
映像が浮かびます
ゆったりと穏やかな皆さんの笑顔と心地よい風・・・
そしてお父様の幸せそうなお顔が
私の頭の中のスクリーンに映し出され
私も幸せな気持ちになりました

さくらさんのお父様 100歳ですか!!すごい!!
レストランでティータイムなんておしゃれですよね(^_-)☆

お世話をする方 見守る方・・・
ご苦労が絶えないと思います・・・
無理なさらず さくらさんもお父様とご一緒に楽しく過ごしてくださいね!!

ご主人の優しさに甘えちゃっていいと私は思いますよ~(*^.^*)

2012/08/09 (Thu) 17:09 | EDIT | REPLY |   

さくら  

2. 嬉しいです。心温まるコメントを下さって。

>kohさん
父たちの事、実際はもっと大変なんです。
当然ですが本人が気づかない事がたくさんあっつて・・・。
でも、全ては自分も行く道ですから前向きに
捉えています。それに、本人が気づかない、
それは辛い事ですよね。
父は本当は施設を出て、私の家に来たいのです。でも、受け入れてあげるには家が狭すぎる
し、色々な問題もありますから、せめて「外へ行きたい」そう言った時には夫を頼りにして出かけるようにしています。
今は本当に連日、夫に感謝しています。
言葉だけですが(*^_^*)
いつの日にか形で、そう思っています。

夏休みがどんどん終わってしまいますね。
とても、良い日々を送っていらっしゃる様子が
目に浮かびます。身体を大切にして下さいね。

2012/08/09 (Thu) 17:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment