Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

航平君の笑顔ヽ(^o^)丿

         体操個人総合で金メダル受賞の内村航平さん良かったですね。

         おめでとうございます!!


体操でオリンピック出場の内村航平選手は、前評判が高かったのに現地では

絶不調になってしまって誰もが固唾をのんで見守っていたのではないでしょうか。


そして山室光史選手は,左足指の骨折という本当に痛手を負ってしまって、4年に一度の

大舞台の息が詰まるような緊迫感が、テレビから伝わってくるような気がしました。


金メダル最有力候補と呼ばれていた内村選手から、あの静かなニッコリスマイルが

消えてしまって、団体戦では後味の悪い?銀メダルになってしまいました。


内村航平選手は北京五輪で銀メダル、世界選手権大会で三連覇。


そのままオリンピックの,団体戦、個人総合共に金メダルへの栄光の道を駆け上がると

日本中の方たちが期待を寄せていたのではないでしょうか。


世界のトップに立つ体操選手達も=金メダルは内村選手=と思っていたそうです。


                 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

内村 金 !!体操個人総合  


8月2日の夕刊に、鞍馬を終えた内村選手の姿が大きく紹介されていました。


=楽しんで、見ている人を魅了する=

そんな体操道を貫いてきた内村選手が、初めて勝ちにこだわって得た金メダルだそうです。


軽やかに、そして本当に美しく。


練習の時には内村選手自身も楽しんでいるように見えていたのですから

団体戦での、まさかの落下はほんの一瞬の気のゆるみ?

多くの人々はそう思って観ていたのではないでしょうか・・・。


4年に一度のオリンピックに向かって怪我にも見舞われながら、血の滲むような

努力を積み重ねて夢の舞台へ立った時には、勝つか負けるしかないのだと思います。


負けて本人の涙、そして応援してきた方々も涙。

涙する沢山の方々の中で、私には選手のお母さんの涙が痛く心に伝わってくるので

思わず私も、落涙してしまいます。


骨折してしまった山室選手に代わって、急きょ出場が決まった田中和仁選手。

途中までは本当に綺麗でした!!


でも、緊張や疲労の限界に負けてしまったのでしょうか惜しくもメダルには

届かなかったけれど”6位入賞”を心から祝福したいと思います。


「ごめんなさいね」ご自身は納得できない事だと思いますが、世界で6番目に輝いた

演技ですから称賛に値する、そう思ってほしいです。


内村航平選手の最後の床の演技の時、応援で一番前の席にいらっしゃった

内村選手のお母さんが、骨折するのではないか?転んでしまうのでは?

そう思って観ていられなかったそうです。


応援幕で顔を覆っていらっしゃったお母さんの姿がテレビに映し出されていました。

大きな歓声と拍手に包まれて、最後の演目の成功を知ったようです。


見事、金メダルに輝いた内村選手にマイクが向けられると

真っ先に、自分を応援して下さった方々への感謝の言葉がありました。


「お家の方々へは?」そう言ってマイクを向けられてから

「お母さんには勿論の事、長い間支えてくれた家族には本当に感謝してます」

静かに、そう答えていました。


表彰式では日の丸を仰ぎ見る目がかすかに潤んでいたそうです。


「なんか夢のよう。本当かな。最高だなと思って見ていた。

メダルは重たいし、一番輝いていた」


そして、破顔一笑、いつもの穏やかな航平君スマイルが見えました。


重たい金メダル!!=をほんの少し掲げて観客席のお母さんに、あの愛くるしい

笑顔を向けていた航平君の姿が印象的でしたね。


畏れ多くも、世界一に輝いた内村航平選手に「航平君」だなんて言ったら

罰が当たりそうですが、静かで穏やかな航平君スマイルも多くの人々が

待ち望んでいたのではないでしょうか。


金メダル受賞、おめでとうございます!! 航平君スマイルが戻ってよかったです。


                                         *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆









0 Comments

Leave a comment