Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

下弦の月の夜に・・・

               綺麗な下弦の月の夜でした!!


一昨日は、娘の迎えが午前0時近くでした。

私はお月様に会いたくていつも夫の運転する車の助手席に乗って行きます。


いつも無反応の夫へ、制御の利かなくなったラジオのように

一方的に私の話しかける内容と言えば『お月様』の事ばかりです。


このところ夜になると厚い雲に覆われてしまうのですが、一昨日は

雲一つない大空に綺麗な下弦の月がくっきりと浮かんでいました。


オレンジがかった下弦の月は本当に綺麗で感動しました!!


駅前に到着した娘が車に乗り込む時に「見て、綺麗な月が出ているわよ」と言ったら

「(-_-メ見~たよ・・・」疲れた娘はそんな感じの反応でした(>_<)


                

               綺麗・・・。本当に綺麗でした。


                                 

私がそう言い続けるからでしょうか、いつもなら残酷にもハイスピードで走り去って

しまうのですが、その日は瞬間でも車を止めてくれたので、深夜でなければ

見る事が出来ない下弦の月の美しさを堪能することができました。


娘がこの日は勤め先を出た時に、輝くビル群の上にある月を見たそうです。


私の町は高層ビルはなく、又、人も車も途絶えてしまうような時刻ですから

月の美しさはひときわ鮮明に輝きを増していました。


いつもお疲れの娘は?普段はさほど反応しないのですが

「やっぱ、こっちの方が綺麗に見えるね」と言って私を喜ばせて?くれました(*^.^*)


ほんの数秒でしょうか三人三様の思いを抱いて下弦の月を見ました。


あっ、夫は多分無反応だと思います o(^-^)o 

それどころか(もういいだろ、年中見ているじゃないか)そう思って居たかも知れません。


沈黙の中で娘は「いいから早く家に帰り着いてお風呂へ入りたい」そう思っていたでしょうか?


そして夫は、私がこんなにも月夜に焦がれるように自分の事を

思ってくれた事があっただろうか?。な~んて絶対に思いもしない事を

私が勝手に思ったりしてね・・・。


                                    *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


今日は、父がお世話になっている施設で一日を過ごしました。


今、壊れそうになっていく父。


その父の発する言葉は、私や上の二人の姉兄の胸に悲しいまでに深く突き刺さってきます。


              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「おじいちゃんは、あんた達を必死になって育てて来たんだよ。

でもね、おじいちゃんは、あんたたちの育て方が何処か間違っていたんだよね


              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


父は今、私たち三人の子供たちの何処かへ身を寄せたいのではないかと思っています。


けれども父は今、私達にとって義理の母親になる方と一緒に施設で共に暮らしているので

皆の納得が得られるような解決策を見出すことが出来ないでいます。


それぞれの子供達が「家に行こうね」そう言わない寂しさや、無念さが

「自分の子育てが間違っていたんだね」と言う言葉になるのでしょうね。


父が真っ直ぐに私を見つめて言う言葉に、私は返事が出来なくて

胸が張り裂けそうになってしまします。


子供達が受け入れてくれない・・・・。それゆえにでしょうか、父は今

「自分の生まれ故郷の部屋の廊下でいいから、受け入れてくれないだろうか

『あんた、聞いてみてちょうだい』 」そう言って私たちに懇願し、困らせています。


父の思考が完全に止まってしまって、何もかも自分が分からなくなったら

(寝たきりになったら)私の家で最期を看取りたい、私は夫に直訴しました。


「無理さ、やれないよ」そう言う夫の答えは当然だと思います。

でも、せめて最期は父と共に過ごしたい、そう思うばかりです。


今、父がお世話になっている施設では「体の状態が悪くなってしまったら

受け入れてもらえる病院があるので心配しなくても大丈夫ですよ」


そう言って下さるのですが、壊れていく父と向き合うことは本当に切なくて

私は一人になると涙が溢れてきてしまいます。


壊れゆく父と向き合う日々の中で見たお月様は、思いっきり綺麗でしたが

私の心のように深く沈んでいるように見えました

おじいちゃん、おやすみなさい・・・。


お月様、おやすみなさい。


私は美しい下弦の月に祈りをささげました。


苦しんでいる父の心に安らぎを。


そして東日本大震災の被災地で行方不明になっていらっしゃる方を一日も早く

探し求めていらっしゃる方々の前にお導き下さるようにとお願いしました。



                                    *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



                                 

                                                                                     





2 Comments

パピちゃん  

1. 無題

たまには月見ますね。なにしろ朝方人間なのでお日様にしか挨拶してません。
あとお父さんのこと心が痛みます。私の方も田舎に帰りたいとか言われるけど、そうだね、そうだねと返すだけ・・・ある程度の距離感も必要だと
思うので。

2012/07/14 (Sat) 09:39 | EDIT | REPLY |   

さくら  

2. Reコメントをありがとう。

>パピちゃん
我が家は深夜型人間ですから、下弦の月を
独り占め?しています。
お月様を見る。その日の心の在り様で、
お月様も沈んだ色に見えたりするのですね。
でも、本当に癒されます。
父との日々は、一日一日・・・それだけです。

2012/07/14 (Sat) 13:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment