Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

遅まきながら。そして父のこと。

      7月5日の夜、「お父さん、明日出かけるからね」と次女が声掛けました。

      「そうか、父の日のことか~ 」(*^▽^*)とニッコリした父親。


父の日は、6月の第三日曜日。その日は、何事もなく過ぎてしまいました。


娘は気になっているようでしたが「お父さんには何も言わなくていいから」

私はそう念を押されていました。


そして昨日の夜の事、娘の「明日、お父さん食べに行こう」の一声に

「父の日だから食べに行くのか?」 


えっ? 一言も、父の日とは言ってないけどね、 (*_*)そうか・・・心の中は

父の日がこない~、そう思って絶望していたのかも知れませんね!?


今日は私も父の日=父母の日として娘からピザのビュッフェで二食分かと思うほど

御馳走になりました。


そろそろ就寝時間が迫ってきたのに未だく、く、苦しいです。

「お母さんまで、ご馳走様でした。又、来年も宜しくお願いしますね」


                                       (=⌒▽⌒=)


今日は夕方、施設でお世話になっている私の父の所へ行きました。

このところ、体調が悪いようで施設の方を困らせているようです。


この不快なムシムシ陽気が続いているからでしょうか、一昨日

行った時にも元気が無かったので色々心配が尽きません。


今日、行った時は眠っていたので声を掛けずに私は帰って来ることにしました。


「お爺ちゃん、明後日の日曜日はお昼ご飯を家に食べに来てね。迎えに行くね。

そしたら、お爺ちゃんの思い出がいっぱい詰まった多摩川べりを車で回るからね」 


近頃は大好きな新聞を読むことが困難に成るほど視力が衰えてしまって、

その上、耳もほとんど聞こえなくてなって私も辛いです~。


最近は「多摩川べりを車で回りたい」その思いばかりになりましたね。

明後日は家で、お昼ご飯を食べたら多摩川へ車で行くので待っててね。


そしたら、お爺ちゃんの体と心で多摩川の風を沢山たくさん受け留めてほしいです


そして以前、勤めていた所へどうしても行ってみたいのだったら

その時に回ってみるから、明後日まで待っててねお爺ちゃん。


今日も蒸し暑いけれど熟睡できますように、そう祈っています。


「お爺ちゃん、おやすみなさい・・・」


                                    *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

                                    *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆                                 






0 Comments

Leave a comment