Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

小学校二年生、息子の答えはバツになりましたが・・・・

   

   春爛漫になりました桜桜桜


   満開だったソメイヨシノの桜の花びらが風もないのに はらはらと散っていきます。

   私はこの春を、さくらの開花を、ひたすら待ちわびていたのに・・・・です。。


   私の家は小さな小さな家ですから どんなに花をたくさん植えたくても

   プランターの中で育てることしかできません。それでも私は疲れている時でも

   花の植え替えが気分転換になって、僅かばかりの

   プランターでも向き合うと 花の時期は2時間位、外に出たまま戻りません。

   家に入ると「疲れた~。ご飯、手抜きしていい?」な~んて言ってしまいます。


   子ども達は「どんなに自分たちが大きくなってもぜ~ったいに、お母さんみたいに

   花いじりはしない。」

   そう言っていたのに 結婚した娘は直ぐに自分でレイアウトして庭作りから草花の

   手入れに没頭・・・・・。5、,6年で買い換えてしまった家は益々とどまる気配がありません。

  

   そして息子は(=⌒▽⌒=)ただ、ただ、チューリップ赤チューリップ赤の花がすき。

   それは幼い頃から、結婚した今も変わらずに・・・。昨年の暮れには「新しい家にチューリップオレンジチューリップオレンジの球根を

   100個買って植えました!!」とお嫁さんからメールがきました。 

   

   そんな息子の小学校二年生の頃のエピソードが、今でも懐かしく蘇ってきます。


   理科(今は生活科でしょうか?)=次の問題を読んで答えなさい=

   春になってチューリップ赤チューリップピンクの球根から芽が出てきました。あなたなら どうしますか?

               

                (1)毎日、見に行く。

                (2)毎日、水やりに行く。

                (3)そのまま ほっておく。


   息子の答えはもちろん(1)でした。小さいころ頃からだ~い好きでしたから見るだけねo(^-^)o

   で、もちろん答えはバツでした。

   正解は(2)でなくてはいけないのだそうです。


   小学校に上っても、幼稚園生のように成長していないかも?しれないけれども 

   私には その時の息子の気持ちが目に見えるように浮かんできて私が花丸を

   つけて上げたかったです。


   理科の問題の中にある可愛いチューリップ黄チューリップ黄チューリップ黄 の写真を見ながら わくわくしている息子の様子は

   今の新しい家でも もしかしたら変わってなかったりして・・・・・音譜音譜


   



0 Comments

Leave a comment