FC2ブログ

Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

新元号・霜月の終わるとき

11月30日・ 令和の霜月 終わる日は 雲一つない 青空が広がっていました!!

青空を 仰ぎ見るように めいっぱい咲いていた 菊の花と


菊


公園に 咲く山茶花の花は 誰からも手入れされることもなく
 
手の届かないところに枝を伸ばして ひっそりと咲いていました


山茶花


そして さくらの木の葉も 


さくら


紅葉の葉も 色づいたまま 


モミジ


振り落とされないよう カサカサと 音たてて 揺れ動いていました

日31
             ~ この日 見た夕月 ~

新元号「令和」の由来は 「万葉集」の梅花の歌から 出典されたそうで
この歌の美しさに魅かれて 私は幾度も読み返して過ごしました 

     初春の佳き月 空気は清く澄みわたり、風はやわらかくそよいで ~

澄んだ空に浮かぶ 当時の春の月の美しさも
四季を通して 光り輝く 月の美しさも どれほどであったことかと…
 
月を 飽きずに写すたびに いにしえへ 想いを馳せてしまいます

 







~ 訪ねて来て下さり 有難うございます。 いつも 心から感謝しています ~