FC2ブログ

Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

異母姉弟と、私と<3>

~ 「あんたなんか… あんたなんか…」と、折に触れて継母が私に言い放っていた言葉 ~

姉と名古屋に住んでいる兄が、私とは異母きょうだいであることを知ったのは、継母が来てからで
「あんたはお姉えちゃん、お兄ちゃんって呼んでいるけど、あんただけがお母さんが違うのだから
ね」と言われた時の、ショックと・悲しさと・寂しさが、今でも鮮明に蘇ってきます☆

父はどこへ引っ越して行こうとも、昔からの写真をとても大切にしてきたので、継母はそれを見て
父が末っ子の私を可愛がることに嫉妬して、言い放ったのだと思います☆

継母が二人の子供を連れて来るまでは、ほぼ毎日 姉は私を誘って童謡や歌曲集を全曲うたい切る
まで体をくっつけて歌って、父が仕事に出ている間の時間を過ごしていたような気がします。
その側で、兄はいつもコツコツ勉強していた姿がありました!!!!

藤の花

        = 藤の花の写真は、栃木県の足利フラワーパークへ行った時に
         たくさん写した中から選んで、載せました=

けれども、兄と私は喧嘩もよくしていて、或る日 二人で激しく喧嘩して私が大泣きしているのを
見ていた姉が激しい口調で「どうして二人は喧嘩ばかりするのよー(-_-メ) 私は二人が喧嘩ばかり
する家に居たくないから出て行く!」と言って、飛び出して行ってしまったのです!!

お姉ちゃんが出て行ってしまったー ((+_+))

私は裸足で飛び出して、お姉ちゃんを追いかけて行ったけれど、お姉ちゃんの姿が見えなくて・・
今度は「お姉ちゃーん!! お姉ちゃーん!!」と、泣きながら姉の姿を探して回りました!!

お墓の前の道を通りを過ぎて、八幡様の階段を上ってみると・・遠くの方を見て立ちすくしている
姉の後ろ姿が見えました!!

「お姉ちゃん・・お姉ちゃんは、ここにいたのね!」と言って姉の顔を見ると、姉は大粒の涙をぽろ
ぽろ零して泣いていたのです☆

藤色

       = 足利フラワーパークの藤の花は350本以上あるそうで、アメリカの
         CNN<世界の夢の旅行先・10カ所>に、日本から雄一選ばれたそ
         うです☆ 
 
お姉ちゃんは、もう私のことを嫌いになってしまったのだ・・・と・・・☆

もう、家に戻って来てくれないような気がして、私は姉の腕に縋り付いていましたが、姉はその
手を振りほどこうともずに、暫くの間 泣き続けていました☆

「私だって、辛くて泣きたいことがいっぱいある!! でも・・もう、家に帰る!!」そう言って・・
私の手を振りほどき、足早に帰っていく姉の後ろから「お姉ちゃん、ごめんね!ごめんね!
もうお兄ちゃんと喧嘩しないから~☆
だから、どこへも行かないでね」と泣きながら追いかけて行った日が、今も・昨日のことのように思い浮かんできます☆

姉は私よりも、もっともっと辛いことがたくさんあったのだと思いますが、私が姉の泣いた顔を見たのは、この日限りだったような気がします☆

その後・・兄と喧嘩をしなくなったのか そこの記憶は朧になってしまいました(^_-)-☆






~ 訪ねて来て下さる皆様に、私はいつも心から感謝しています☆ 有り難うございます☆ ~








6 Comments

ふりかけ  

さくらさん
おはようございます
お姉様大変でしたね
お会いするときの心の葛藤が伝わってくるようです。
大変強い精神力ですね。
どうかお大事になさってください。
早く良くなりますように。

幼少期の辛い時期 をよく頑張られましたね。
子供は家の他に逃げるところがないから家庭内での問題は大きな闇を作ると思います。
お姉様の存在は大きいですね。
でも喧嘩が出来るっていい関係だったことと思います。
幼少期喧嘩も出来ないような状態だったら、かなり悪化した関係だったと思いますから良かったと思います。

まだ四月なのに真夏のような感じですね。
一か月くらい季節が早まっているようにも感じます。
寒暖差が激しいので、ご自愛なさってくださいね☆

2018/04/22 (Sun) 08:43 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: タイトルなし

ふりかけさん、おはようございます(*^_^*)
いつも、コメントを寄せてくださってありがとうございます!!
私は心から感謝の気持ちでいっぱいです☆

私がブログを立ち上げたころからの長いお付き合いをして頂いている
ふりかけさんは、こんなにも長い間にわたって読み続けてくださって、
その上にコメントを、その都度寄せて頂いていましたから、
過去記事の中と重なる内容がたくさんあるのに~そう思い、
感謝しきれない思いがあります☆

人は、いつか人生を振り返る時がある(くる)

私のブログは、父と過ごしてきた日々の思い出ばかりなので
同じような内容が繰り返しでてくるのに、ふりかけさんはコメントを
くださるので
本当に恐縮しています。

この記事はあと一回続くので、最後にコメント欄を開けるつもりでいましたが、
一つ一つがあまりにも長いので開けてしまいました<(_ _)>

ふりかけさん、本当にありがとうございます☆

まだ四月なのに、一か月くらい季節が早まっているようにも感じますね☆
ご多忙でいらっしゃる ふりかけさんのご健勝を、
私はいつも心から祈念しています☆☆☆

2018/04/22 (Sun) 18:01 | EDIT | REPLY |   

reimi01  

さくらさん こんばんは~^^

今回で3回目のお姉さんと弟さんの事
胸が詰まる思いで読ませて頂きました

特に
↓のお姉さんの事
火傷しても骨が折れても自分はさておいて家族を思う気持ち
読ませて頂いてその壮絶さに絶句してしまいました
そこまで頑張る事が出来る力は
いったいどこからくるのでしょうか
強いお人なのですね


さくらさんが
義母さんから
「あんたなんか あんたなんか」と言われた心情を思うと
涙が止まりません
母恋しい思いを胸に秘めて成長なさって辛かったでしょうね
それゆえにお父様への愛も深かったのでと思えます

今は
お子さんたちに、溢れるほどの愛情を注げるのは幸せな事ですね
さくらさん
いつまでもお幸せをお祈りしています


藤のお花も素晴らしいですね
こんなに豪華に咲く姿に感動しました
見せてくださって嬉しいです♪

2018/04/22 (Sun) 21:19 | EDIT | REPLY |   

さくら  

reimi01さん、おはようございます(^_^)/

いつもコメントを寄せてくださるreimiさんに、私は感謝の気持ちで
いっぱいです☆
今、載せている=異母姉弟と私と=は、長文であるだけでなく、あと一つぐらい
続けてしまうかも知れないので、とても申し訳なくなります。
(実に暗い話ですからね)

長女に勧められて始めたブログですが、そのすべてが
父と暮らしてきた思い出の中にあって、紡いでいってるのだと思っています。

とても長い間の交流を続けてくださるreimiさんに、私は心からお礼を
申し上げます☆ ~ありがとうございます☆☆☆~

2018/04/23 (Mon) 12:51 | EDIT | REPLY |   

りりた  

さくらさん

凄いお姉さんですね。
その強靭な精神力と身体は、持って生まれたものと生い立ちと責任感と守るべき愛しい人たちの存在と、全てが合わさったのでしょうね。

私にも、異母兄がいます。
小さい頃に何回か会ったのですが、とても優しかったことだけ覚えてます。

国ちゃんは、どんな暮らしをしたのか、してるのか、全く知りません。
母と兄と私が、国ちゃんのお父さんを奪ったと思ってるのではないか、そう思うと辛いです。


2018/04/24 (Tue) 15:02 | EDIT | REPLY |   

さくら  

りりたさん、こんにちは(^_^)/

こんなにも長く…そして暗い話になってしまったのに
コメントを寄せて頂いて、私は恐縮しています<(_ _)>
~ ありがとうございます ~

姉は本当に凄い<お姉さん>ですよね!!
私は今でも何一つとして姉を真似ることなどできないです☆

りりたさんが仰るように、
姉の強靭な精神力と身体は、持って生まれたものと 生い立ちと
責任感と守るべき愛しい人たちの存在と、全てが合わさっていたのですね(*^_^*)

りりたさんも、ご苦労があったのですね!!
異母兄がいらっしゃって…小さい頃の、とても優しかった
お兄さんとの思い出が刻まれていて…☆

「母と兄と私が、国ちゃんのお父さんを奪ったと思ってるのではないか、
 そう思うと辛いです。」
りりたさんは、そのように思ってはいけないのです☆
その時は、お互いが最善の道を選ばれたのでしょうからね☆

私は、りりたさんが幸せな日々を過ごしていってほしい~と
いつも、そう祈る気持ちでいっぱいです☆



2018/04/25 (Wed) 11:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment