Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

久しぶりに次女とランチへ行った日に。

~ 当日の第一目的は、上野の東京美術館・ボストンの至宝展を観に行くことでしたが、多忙な
  次女から久しぶりに ランチを御馳走してもらいました♪ ~

早めに着いてゆっくり観て回った後は、お寿司屋さんで一時間待つことも厭わない(*^_^*)

「お母さん、たくさん食べてね!」と言って、次々に注文してくれるのは嬉しいけれど~
これ以上太ってはいけないので、我慢しなくてはいけません(=_=)

みどり

母と子と(娘と)・・・美術館へ行ったり、ランチすることができる幸せを覚えながら、この日も私の心の中にある横田早紀江さんのお顔が、浮かんできました☆
横田早紀江さんには、何年か前に上野の美術館へ行った時に出合ったことがあったからです☆

1サラダ

中学1年生・13歳だった横田めぐみさんが1977年11月に拉致されてから、来月で40年になるそうで、待ち焦がれていらっしゃる早紀江さんは、毎年ケーキを買ってめぐみさんのお誕生日を祝ってこられたそうです☆
けれども、解決への希望が見えないので今年はケーキを買う気がしない」と仰った早紀江さんのお傍に、私はおばあちゃんですけれど、ついていて差し上げたいと、思いました☆

2みどり
     

待ち焦がれていらっしゃる横田滋さんは84歳に・早紀江さんは81最になられて

「めぐみちゃんの姿は13歳で止まったまま。
今を思い描くことができないのが本当につらい。
めぐみが誰だか分かる状態で、一目で良いから会いたい」と

日常の中の、めぐみさんの“痕跡”を探すことが多くなられたそうです。

~ めぐみさんが大好きだった花々や歌 ~ こどもの日に一緒に飾ったおひな様 ~
~ 浴衣を着せた夏祭り ~

富士山と夕日と

拉致被害者救出活動に携わっこられた方々の最前線で闘い続けてこられた横田滋さんは、
足腰が弱くなられたそうで、早紀江さんも持病を抱えつつ滋さんのサポートなどに追われて
いらっしゃるというお2人の姿が、思い浮かんできました。






= こちらへ訪ねて来て下さって有難うございます☆ 私はいつも心から感謝しています☆ =

4 Comments

reimi01  

さくらさん こんばんは~^^

とこちゃんとのランチ
とっても美味しそうですね

いつも
さくらさんの事を気にかけてくれて幸せですね^^



「めぐみちゃんの姿は13歳で止まったまま」
なんて、本当に胸がつぶれる思いでいるのでしょうね
深く、胸に刺さります
この様な悲しい出来事を
どうして、もっと早くに解決できないのでしょうか
お二人の姿をテレビで見る度に無念さが伝わって来て
涙がこぼれてしまいます


2017/10/08 (Sun) 20:53 | EDIT | REPLY |   

ふりかけ  

おはようございます
お嬢様との素敵な時間良かったです!
美術館やランチ!!
素敵ですね!

拉致被害者の方々の日々は本当に辛い日々だと感じています。一刻も早い解決を望みますがなかなか進展しないですね。

素敵な夕焼けのお写真 ありがとうございました。
綺麗ですね☆

2017/10/09 (Mon) 08:56 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: タイトルなし

reimi01さん、今晩は☆

いつも嬉しいコメントを寄せて下さって有難うございます☆
私は心から感謝しています☆

とこちゃんと美術館へいったのは、お互いが忙しくしているので
久しぶりでしたから、ランチも行くことになりました♪

数年前に上野の美術館へ行った時に、私たちは横田めぐみさんの
お母様と出会いましたが、その瞬間に私はなんと声を掛けたらよいか
分からなくて、素通りしてしまったのです。

「めぐみちゃんの姿は13歳で止まったまま
 お二人の姿をテレビで見る度に無念さが伝わって来て
 涙がこぼれてしまいます」

横田めぐみさんの、お父様お母様のもとへ・・
そして、救出を待ち望んでいらっしゃるご家族の皆様の
もとへ、今・今・今でなければならないような気がしますね☆

reimiさん、急速に秋が深まってきましたから
体調が崩れないようになさって下さいね。
私はreimiさんご家族の皆様のご健勝をいつも心から
お祈りしています☆




2017/10/09 (Mon) 21:17 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: タイトルなし

ふりかけさんはご多忙でいらっしゃるのに
いつも、同時に二つの記事にコメントを寄せて下さって
有り難うございます☆ 私は心から感謝しています☆

次女と美術館へ・そしてランチは、二人とも忙しくしているので
久しぶりだったので、楽しかったですe-343

母と子と・・☆
子ども達は成長していくと、母親と出かける機会が減ってしまうのだと
思いますが、次女は何かと気遣ってくれるので
私はよろこんでついて行きます♪

拉致被害者の方々のお辛さが、折に触れて思い浮かんできます。

偶然に美しい夕焼け空に出合った時は、私は消えてしまうまで
そこに祈りの気持を抱きながら、佇んでいます☆☆☆








拉致被害者の方々の日々は本当に辛い日々だと感じています。

2017/10/10 (Tue) 18:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment