Welcome to my blog

言葉の花びら

ARTICLE PAGE

<希望>という言葉が泣いているような気がして

~ 何十回となく迎えた10月の空だけれども ~ 

衆院選を前にして、私は毎日新聞のインタビューに答えられた細川元首相の記事が目に留まり
ました。

「小池百合子東京都知事が代表を務める希望の党について=安倍政権を倒す=倒幕が始まるの
かと思っていたら、応仁の乱みたいにぐちゃぐちゃになってきた。
希望の党の公認を巡っては、リベラル勢力や首相経験者を選別することに排除の論理を振り回
して公認するのに踏み絵を踏ませるというのは、なんともこざかしいやり方では『寛容な保守』
の看板が泣く。


山


日本新党出身の前原誠司民進党代表については「名を捨て実を取ると言ったが、状況をみていると
名も実も魂も取られてしまうのではないかと心配になる。 」と、かつての門下生への思いやりをにじませていらっしゃるようでした。

真っ直ぐに


民主党員は全員<希望の党>へと、前原さんは望んでいらっしゃったけれど~。

枝野幸男さんや管直人元首相を排除されただけでなく、刺客を差し向けられた小池百合子さんが
掲げられた、俄か仕立ての<希望の党>の★希望★の文字が涙で歪んでいる様な気がしました。


いずみ中央


自民党の防衛大臣でいらっしゃった小野寺五典さんが、今 希望の党や立憲民主党の結成など
で野党再編が進んでいることについて「この時点に於いて、自分が出る政党がまだ確定されない
同志を思うと、同じ選挙に出る立場の一人として見るに忍びない」と仰った思いやる心のあたた
かさを、ここに記しました。


秋


家の裏の細い通りにも、時折選挙カーが走ります。 
投票する時は、党よりも人なのか?それとも・・人よりも党なのかと?考えてしまいます。







= こちらへ訪ねて来て下さって有難うございます。 私は心から感謝しています。=











 

2 Comments

ふりかけ  

おはようございます
最近の政治は憂うことが多いと思っています。
国や国民のことそして世界の関わりにきちんと考えられていないと感じています。

開かれたパンドラの箱
最後に残ったのは「希望」でしたが、そのような社会になってほしいと強く願います。

2017/10/09 (Mon) 08:49 | EDIT | REPLY |   

さくら  

Re: タイトルなし

ふりかけさん、こんにちは❀

いつもコメントを寄せて下さる、ふりかけさんに
私は心から感謝しています<(_ _)>
本当に有り難うございます☆

今日から各党首の演説が始まりましたね。
ふりかけさんが仰るように、最近の政治は憂うことが多過ぎて、
国や国民のことそして世界の関わりにきちんと考えられていないと、
私も強く感じています。

開かれたパンドラの箱☆

最後に残ったのは
最後に残るのは・・
本当の<希望>を抱くことができる社会であってほしいと、
私も強くそう思います☆

2017/10/10 (Tue) 16:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment