fc2ブログ

Welcome to my blog

言葉の花びら

ARCHIVE PAGE

archive: 2021年12月  1/1

今年も ありがとうございました

No image

年度末になると 一年経つ早さに 驚くばかりですが それは 自分の年を重ねていくごとにより 一層 その思が深くなります!!!!いつも 痛切に思うことは私は 人々の心の優しさに 支えられて 今日まで くることが出来たのだと 深く感じいっています☆☆~ 皆様 ありがとうございました ~来年も どうぞ宜しくお願い申し上げます私は 皆様方の ご健勝と ご多幸を いつも 祈念しています☆☆☆にほんブログ村...

娘たちがお店を開いてから3周年を迎えて☆☆

長女と二女が立ち上げた・カフェ・のお店は この十二月で 3周年を迎えることができました!!飲食のお店を持ちたいと…長い間 夢を抱き続けていた二女の夢に いつの間にか長女も 思いを重ねていたようで 二人でお店の物件を一緒に探し回って 漸くオープンすることが出来た その翌年早々に 新型コロナが日本国内で・世界中に拡散していき 今も収まりが見えません(=_=)そうした中で 今日まで持ちこたえることができたのは ...

明日の景色が変わる時<3>

       ~ 春三月の ソメイヨシノのさくらの花が 咲いていた頃 ~今年の春は コロナの感染が世界中に拡大し続けていたので 私は 家のすぐ側の裏山に聳え立っている ソメイヨシノのさくらの花に想いを寄せて過ごしました☆ソメイヨシノのさくらの花咲けば 私は堪えきれないほどに 西行法師様が思い浮かんできてしまいます☆                 ☆  ☆  ☆  ☆  ☆                 ...

明日の景色が変わるとき<2>

= 公営住宅の跡地に生い茂っていた雑草と 長い年月をかけて どこまでも成長し続けてきた 樫の木などが年内に伐採されると聞いて 私は・この一年 青空と共に写していた写真を ここに残しておくことにしました = 昨日の朝 私は青空を写しに出て行くと 枯れ葉が散乱しているところを写していらっしゃる方と出合いました!!女性は 普段はこの辺りを通らないそうですが 何もかもが更地になると知って カメラ持参されて ...

明日の景色が変わるとき<1>

幼かった子供二人を連れて 私たち家族がN町に越して来た当時は 通りを隔てた真向かいに 平屋の戸建ての公営住宅が 坂道に添うように4列で たくさん建ち並んでいました☆住宅には子育て世代の方々が住んでいらっしゃったので 当時はとても賑わっていたけれど 時は流れて 住宅の老朽化により移転されてからは 広大とも言える跡地を所有する県が 年度末に一度だけ草刈りしてくれるだけなので 年が明けて 春が過ぎる頃にな...