FC2ブログ

Welcome to my blog

言葉の花びら

ARCHIVE PAGE

archive: 2021年04月  1/1

明日は今日よりも☆☆☆

4月27日 19時38分に 写した満月です!!世界中にコロナの感染が拡大し続けているので コロナの収束は とても遠いような気がしますが  明日は今日よりも よい日が来ることを信じて 新たな月日を 迎えます☆☆☆~ 訪ねて来て下さる皆様に 心から感謝しています☆ ありがとうございます☆ ~にほんブログ村...

今 なに思う?

いつになく 長く咲き続けていた さくらの花を写しに出ていた頃は 私は決まったように 一度はここに立っていたような気がします!!さくらの枝先と 落葉樹が向かいあっている間から遠い空を見ると 様々な思いが溢れてきて堪え切れなくなってしまう日もありました☆☆☆この春は いつもより 長く咲き続けていたように思えた  さくらの花が散るのを待たずに 木々の若葉が芽吹いてきて… 積み重なっていく雲から 夏が近づいてき...

<4>☆令和三年の・春☆

楽しみにしていた<ソメイヨシノのさくら>の花咲く春は今年は いつもより早く訪れて 開花しいつもよりも長く 咲いていたような気がしました!!!!~ 一日いち日が とても大切な日々 ~コロナの感染が一気に拡大し始めてから さくらの花咲く2度目の春は 霞んでしまいそうなのでここに大切にして 綴じました☆☆☆ ~ 訪ねて来て下さる皆様に 心から感謝しています☆ ありがとうございます☆ ~にほんブログ村...

<3>さくらの花づくし

           = お月さまと・ソメイヨシノのさくらの花と =もしも 家の裏山の てっぺんに ソメイヨシノのさくらの木がなかったなら?もしも お月さまを見上げる心がなかったなら?心の中が 耐えがたい寂しさに埋め尽くされて 時が流れてゆくのでしょうか?                    = 夕陽に照らされている ソメイヨシノのさくらの花と・お月さまです!! =春3月の 空は とても淡い色して...

<2>さくらの花づくし

No image

                = ソメイヨシノの花の下で =雨の日が少なかった 3月は日に何回も 大好きな さくらの花を写しに行きました♪♪小山のてっぺんで しだれ桜のように 枝を落として咲いていた さくらの花を写したくて… 枝の真下に 近づいてみたり~少し離れてカメラを構えていた時(3月)が もう焦がれるほどに 懐かしくなります~ 訪ねて来て下さる皆様に 心から感謝しています☆ ありがとうございます☆...

<1>さくらの花づくし

          和和三年・3月 = 過ぎた日々の思い出 = 家の裏通りにある <ソメイヨシノのさくら>の花の古木☆さくらの木が植わっている辺りの地主さんは 今はもう 分からなくなっているそうですが今年も 高い所から枝を伸ばして いつもよりも早くから 咲き始めて 3月が終わる頃まで咲き続けてくれました+゚。*(*´∀`*)*。゚+今年は 梅の花と重なる頃に(梅の花の種類は多いけれど…)ソメイヨシノのさくらの花が...

やわらかな心でありたいです☆☆

家の裏山に咲いていた<ソメイヨシノ>のさくらの花!!!! 最後に散ってゆく時は 私が坂道を上って行く後ろから勢いよく追いかけてきて 舞い上がりながら 遙か遠くへ行ってしまったような気がします!!今は 右手に連なる落葉樹に こんなにもやわらかな色した 若葉が生い茂るようになりました!!  やわらかな 若葉の色に… 空の色に… ゆったりと流れる雲に… 心を寄せて 歩いているといつもと 何も変わらないのかもしれな...

 <若山牧水さんの短歌>と共に・一本の山桜

家からバス停までの 通り道から逸れた所に いつの間にか植えられていた山桜の木!!!年々大きくなってきていたけれど 花が咲くまで何の木なのか分からなかった 山桜の木は 数年前から花が咲き始めて 今年は<ソメイヨシノのさくらの花>が散る頃まで 咲き続けていたような気がします☆        ~ うすべにに 葉はいちはやく萠えいでて 咲かむとすなり山櫻花 ~=山桜の写真に添えてある歌は 私が若い頃に愛読し...

明日は今日よりも~

目覚めても… 眠りにつく時も頭の中は コロナの事ばかりで 埋め尽くされてしまいます 懸命になって この困難に 立ち向かって下さってる方々を 思うと胸が塞がってしまい夜空を見上げて お月さまを見ることを 忘れていたようで 昨晩は 久しぶりに お月さまを 見たような気がしました!!!!見たのは 「お母さん 綺麗なお月さまが見えるよ!!」と 二女が教えてくれたから見上げたのだと思います!!!!私は 心の中に 明か...

☆☆ こころに浮かぶ☆ソメイヨシノのさくらの花 ☆☆

             ~ ☆さくらの花咲く☆思い出の道☆ ~      さくらの 花咲く 思い出の道      行き交う人の あたたかく      こころに 浮かぶ 花かごに      そっと 摘んで いきましょか       さくらの 花咲く 遙かな道      どこへ 続いて ゆくのでしょ      あした 咲く花 うすいろ...

「誰か友達来ないかな~(*_*)」

家の周辺で 最近 見かけるようになった鳥さん!!!!警戒心を いだかずに 私の傍に寄ってきたけれど~「友達じゃないし!!」と 言って…直ぐに 背を向けて 歩いて行ってしまいました(;゜0゜)ここでもね 小鳥さんが 首をかしげて 誰かさんが来るのを 待っているように見えるでしょそして… 公園にいたワンちゃんは 私が行くと 直ぐに 傍に来てくれたけれど「違うな~(=_=)」と 言って そっぽ向いて(向かれて)しまい...

とこちゃんが買ってくれた・お花です♪♪

先週の水曜日・とこちゃんが仕事休みだった日に 家で燻っている私を 買い出しに連れだしてくれました!!!!私にはとこちゃんと一緒に行きたいところがあったので その近くの駐車場へ車を入れて 小さな町の通りへ出た時 車道の脇道で お花屋さんが所狭しと たくさんのお花を並べているところに出合いました(@_@)「わ~☆ 綺麗ね~~♪」と 思わず声を上げてしまった私に とこちゃんが「お母さんに 買ってあげた~い」ですっ...

☆★ 花かげ<2> ★☆

父と私の母の生家は九州に在りました!!どちらも親戚が多かったこともあって 私の母が亡くなってからは 母の生家や親戚の家で 姉たちも一緒に 可愛がってもらっていたそうです☆けれども 父はなんとしても新しい生活を築きたいと思う気持ちに駆られて 東京で暮らして行こうと決心した時は 私が小学一年生の入学式を九州で迎えて直ぐのことでした!!東京での生活が始まって 父が仕事に出ている日中は 三人が寂しくないように...

☆★ 花かげ<1> ★☆

父とは大恋愛で結ばれたという 姉と兄のお母さん☆お母さんは 二人目(兄)の子を出産する時に 産褥熱の高熱に冒されて 意識が戻ることなく 逝ってしまったそうです☆父の手元には あまりにも幼い一歳半の子と 新生児が 残されてしまったけれど…泣くことも 絶望に打ちひしがれていることもできない 苦悶の日々が始まって仕事もしなければ 食べていけない今日を・明日を・どうやって生きていくことができるのか…と目の前の...